BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
アニむそ4話の話とか。
毎週のアニむそ月間のため今週は4話を見ていたけれども
3年目だし安心のアニむそ関ヶ原で微笑ましい気持ちになった。

メモがてら、最近読んだ本についても。

①「織豊系陣城事典」
(図説日本の城郭シリーズ6) 単行本(ソフトカバー)
高橋成計 (著)
出版社: 戎光祥出版


②「図説 戦う日本の城最新講座 」
西股 総生 (著)
出版社: 学研プラス
続きを読む
DATE: 2018/01/31(水)   CATEGORY: 戦国無双その他
続日本100名城の御本買った。

年末に出ていたみたいだけれども、先日やっと買いました。
4/6~のスタンプラリーに間に合えば良いかと思っていたけれども
元々城好きなのでそりゃあ読み物としてだけでも十分楽しくて
お城巡りしたい気持ちでいっぱいです。

あとは毎週恒例のアニむそとかいつもの雑多な感じ。


あと週刊ビジュアル戦国王全国版(84) 2018年 2/13 号に秀頼様と
又兵衛勝永重成と薄田かねたんと言った親しみやすいメンバーが
出陣するそうなので宣伝しておきます。
続きを読む
アニむそ2話を見たり。
今の時期は毎週アニむそを見る月間なので今週は2話です。

それとは別に、いつも武勇伝で軍議しているお友達と、今回は
趣向を変えて女子会()ぽいお店に変えてみたのだけれども、
結局話す内容は変わらないしアニむその話するのは楽しかったし
アニむそも楽しかったから人生が楽しい。
続きを読む
アニむそ3周年おめでとうございます。
2015/1/11がアニむそ第一話放映日なのでもう3年なんです
おめでとうございます!おめでたいですよ!

フォロワさんに私のアニむそ実況懐かしいとか言われたけど
個人的に今の時期のアニむそは年中行事の認識なので
毎年言っていても全くおかしくない気持ちでいる。
アニむそがなかったら繋がっていなかった人もそれなりにいるので
そう言う意味でも不思議に嬉しい気持ちだなあ。
続きを読む
今年は城に行きたい。
2018/4/6(城の日)から続日本100名城のスタンプラリーが始まると聞いて
今からわくわくしてます。100名城ラリー凄く楽しかったものなあ。


改めて見たら意外と行きたいお城が入っていなかったりもしたので、
続100名城にかこつけてその辺も一緒に周れたら良いなと。
続きを読む
戦国武勇伝で戦国の話をするの最高だった その5。(+いつもの雑記)
武勇伝で軍議をするのが割と恒例行事の様になってたんですが
何気にそのお友達と最後に会ったのが2月とかで一年早過ぎでは???

ついったで繋がっているので全然時の経過を感じないのもあるし、
そもそも大人になると数年会わなくても昨日も会ったくらいの
感覚で話したりするもんな。

IMG_7728_400.jpg
繁忙期(忘年会)シーズンの金曜日だってのに大人気の三成部屋に
配属されたのはその直前に見たヤマコー効果だったのやもしれん。
(舞台メンフィスの話です。)
続きを読む
豊臣の旗印に集いたい。
戦国魂でオーダーメイドグッズを見ては豊臣の旗印の元に
集いたい気持ちが高鳴るばかりの日常です こんにちは。

今年は夏以降大阪城天守閣の展示を拝めていないことを考えては
気が遠くなってた。8月9月は予定を埋めてしまって
秋の特別展が幕末だったからスルーしてしまったのが原因なんですが
もうそんなに長いこと行ってないんだ…。
続きを読む
年中秀頼様を褒め称えていたい。
最早今となっては時間が空いてしまったのですが、
フォロワさんと秀頼様には秋が似合うのではないかと言う話になって、
私もさもありなんとあれこれそれらしい理由を述べたりしていたんですが
春なら春で醍醐の花見に大坂城桜門の話とかするし
夏なら夏の陣、冬なら冬の陣で話題には事欠かないし
年中秀頼様の話をしたいんですよ私は。


久しぶりに本の感想も。
「戦国おもてなし時代 信長・秀吉の接待術」
金子 拓 (著)、淡交社。

続きを読む
勝永展の図録遅参してるぽくてこれは。
10月下旬(末?)発売予定と伺っていた勝永展の図録が
未だに小倉に到着していないと聞いてこれは宜しくない流れかと
静観する他ないんですがどういうことなんです?

先陣が曖昧な情報を真偽を確かめずに流布したのか
印刷所の手前に吉川軍が陣取っていて動けないのか
品は用意出来ているものの道中に霧が出ているのか
単純に情報が錯綜しているのかさっぱり分からないです。
戦は現場で起こっているんだ。
続きを読む
先日の大阪のレビューでも。
ツイログ拾っていたら先週の関西ログみたいになった
と言うのも、ミライザ大阪城と長浜勝平さんの話とかタイムリー過ぎてだな。

ひでよしくん以前からツイフォロしてたこともありお馴染みだったので
正式に声優さんが決定したのは嬉しかったし非常に好ましいことだけれども
ご当地キャラとしては随分豪華キャストでわろた。
続きを読む
Copyright © BAD END. all rights reserved.