BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/02/28(日)   CATEGORY: 映画・DVD感想
衛星劇場で ミュージカル「HEADS UP!」を見ました。
衛星劇場の「劇場への扉~素晴らしき演劇の世界~」特集で
「HEADS UP!」がTV初放送だと言うので有料放送登録余裕でしたわ。

中川アッキーさん、りおさん出演のあのミュがTVで見られるなんて、
そんなの契約するしかないでしょうが!
DVDが出るような作品でもないので、劇場で見た時はもう二度と見られないものと
思っていたのでこの様なかたちでこの舞台をまた見られたの本当に嬉しかった。
良かったーーー本当良かったーーーーー。
当時の感想はこちら

ネタバレありで感想書きます。
続きを読む
大坂関連と真田丸8話感想とか。

大坂将星伝を読んで、自分が大坂の陣を始めとする小説全般について
自分が何を求めてor期待して読書しているのかと考える機会を与えられたのが
思わぬ副産物だったなとしみじみ考えた今日この頃であります。

読書中のわくわくも読書の醍醐味ではあるんだけど、それよりも、
読後にそんな気持ちを味わいたいのかってこと。

あとはまあいつものツイログです。

PS4の無双4エンパ買ったりね…まあ必然の流れだったかなって気もする。

続きを読む
DATE: 2016/02/28(日)   CATEGORY: 観劇いろいろ
(2/26 ソワレ)舞台「トーマの心臓」見て来ました。
スタジオライフの舞台「トーマの心臓」見て来ました。
これが僕の椅子。

2014年から二年ぶりの舞台トーマです。
前回の感想はこちら。 →一度目二度目


最初にお断りしないといけないのですが、
今回は辛口なので、2016verが好きな方は今すぐブラウザバックお願いします;;
スタジオライフは好きなんだけど、好きなんだけど…!
あくまで率直な感想で王様はロバ耳と言いたいだけのログです。
あち原作トーマは何百回、何千回読み返しても文学と言いたいだけ。
続きを読む
DATE: 2016/02/25(木)   CATEGORY: 美術館・博物館
大阪城天守閣 「真田幸村をめぐる人々」「『天下統一の時代』を生きた人々―僧侶・公家・侍女など―」見て来ました。
大阪城天守閣の常設展「真田幸村をめぐる人々」、
「『天下統一の時代』を生きた人々―僧侶・公家・侍女など―」を見て来ました。
極楽或は地獄のあった場所。

今年も大阪城天守閣の企画展はフルコンプしたいところです
少なくとも戦国関係なら抑えに行きたいいです。
続きを読む
DATE: 2016/02/25(木)   CATEGORY: 美術館・博物館
北野天満宮 「宝刀展」行って来ました。
北野天満宮の宝物殿の雰囲気大好き。
北野天満宮の梅苑と宝物殿に行って来ました。

梅苑は早咲き遅咲きとあるけれど丁度見頃でした。
実は翌日行った大阪城のが圧巻で驚いたのですがそれはそれとして。

宝物殿は秀頼様奉納の国広や、今回の目玉の鬼切等が展示されており、
今回スマホは撮影可と言うのも太っ腹でした。
秀頼様の筆入りの絵馬や清正の鏡が撮れるのは今だけかも知れない。
有難いことです。
続きを読む
DATE: 2016/02/25(木)   CATEGORY: 旅行
京都と大阪の話。
今月も恒例の京都と大阪でした。
この一枚気に入ってる。

<2/24>
北野天満宮(宝刀展)、等持院、
由岐神社、鞍馬寺、貴船神社
スイパラ無双コラボ(四条河原町)

<2/25>
大阪城天守閣、梅林
茨木城址、茨木神社、妙徳寺
シャノアールケーキ、南海なんば駅(真田丸階段)


今回は多分4年ぶり?のばさらと繋がりのお友達と京都ご一緒して貰って
本当に楽しかったですー。いっぱいお話しして貰ったの幸せ。

写真、北野天満宮、大阪城は別記事で書きたいと思ってます。
とりま速報まで。
続きを読む
アニむそ毎週見返すのノルマ。
アニむそ一周年祭り中なので毎週放映日一周年の日、昨年の日曜夜は
今年の月曜夜になるので毎週月曜深夜に該当の話を再生しているのだけれど
そのままずるずる後半まで再生するので毎週8話以降も見ている気がする。
因みに今日も7~12話まで余裕でした うぐう秀頼様可愛い…。

読書は以下の二冊。


①「信長と秀吉と家康」
池波先生の子供向け三英傑物語。凄く優しい御本だった。
秀頼様感が昭和の秀頼様感で、今日殆ど見なくなったものだったので時の流れを感じたり。


②「淀殿―われ太閤の妻となりて」
福田せんせーの御本は秀頼様本の所為でアレな評価が私の中でついてしまったの
ですけれどもこっちのがヒステリない感じか。
淀殿も好きなので正当に評価して貰える御本は気兼ねなく読める。
続きを読む
「大坂将星伝」の話。

毛利勝永文学の最高峰の一つ、「大坂将星伝」を読みました。

こんなに勝永勝永言っていて何故今迄読んでいなかったって、
敢えて大切に取っておきたい気持ちがあったからなんですけど
5月に文庫版が出る予定で、しかもそこで大幅加筆修正と聞いたので
それ絶対に今の内にオリジナル版読んでおかなきゃいけないじゃないと思って
遂に手に取りました。ずっと待っていてくれて有難う。

最初から最後までずっと勝永のターンと言うだけでも素晴らしかったのに
豊臣諸将の描き方、人物像が今迄読んで来た数多の大坂の陣小説の中でも
指折りの理想的な豊臣諸将で感謝感激感動感涙だった…素晴らしかった。
続きを読む
アニむそでも真田丸7話でも大坂を語るだけ。
本丸を見るために出来るだけ日曜日は寄り道も残業もしない鉄の意思を持ちたいと
思っている今日この頃です。
旅行行く日は無理だけどやっぱ実況楽しいよなーーー
毎週大坂フラグ出してくれるところ好きだよ(感受性

詳しくは別記事参照だけれども大坂将星伝を読んだので今真田丸見ても
大坂将星伝ワイプ再生されているから戦国初期でも楽しい。
アニむそもエンパも時代小説も同じくらい愛しいので人生が楽しい。
続きを読む
DATE: 2016/02/20(土)   CATEGORY: 豊臣雑記
ばさら豊臣の話でもしよう。
このタグまだ生きていたんだってところですけどばさら豊臣は本籍なので
そこは揺るぎない意思はあるんです。

昨年の秋くらいだったか、今年初夏のイベでばさら秀半10周年を祝う企画の話があって、
私がフォロさせて頂いているツイを始めた当時からの歴戦の豊臣恩顧の大名たちが
こぞって参陣されると言うので私もばさら豊臣のことを思い出したりした。

皆今は違うところに住んでいても豊臣の繋いでくれたご縁を感じることが
出来るのが嬉しいものですな…。
続きを読む
Copyright © BAD END. all rights reserved.