BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/04/30(土)   CATEGORY: 旅行
九度山、高野山、大阪の話。
九度山、高野山、大阪に行って来ました。
躑躅の様だ。


<4/28>
九度山…真田古墳、真田庵と資料館、九度山真田ミュージアム、道の駅「柿の郷くどやま」、幸村庵(おそば屋さん)
高野山…金剛峯寺、壇上伽藍(根本大塔)、蓮華定院(宿泊。上段の間見学。)

<4/29>
安らかに。
高野山…奥の院(豊臣家墓所、秀頼様と淀殿のお墓他お参り)
大阪…大阪城(大阪城ファミリーフェスティバル、茂本ヒデキチさんライブペインティング)
※大手門~桜門~豊国神社~天守閣~山里丸~極楽橋~市正曲輪~城中焼亡埋骨墳
玉造(玉造神社~三光神社~真田丸顕彰碑~心眼寺~鎌八幡~幸村ロード)


定番の真田&豊臣の聖地巡りして来てめちゃくちゃ楽しかったです!
大阪城ファミリーフェスティバルでは豊臣石垣プロジェクトのブースで
豊臣大坂城の金箔瓦を拝見したり、真田ゆかりの地域のブースでパンフ貰ったり。
続きを読む
今年も夏の陣が始まる。
今年も4/26が来てしまった。

つまり、401年目の大坂夏の陣なのであります。
これから10数日間はカレンダーで日付見るごとに胸が痛むことになるんだ、
ただ、こうした感情は大切なことだとも思うので強く生きたい。
続きを読む
DATE: 2016/04/26(火)   CATEGORY: 真田丸
真田丸 第十六話「表裏」
真田丸 16話見ました。
大坂編入ってから序盤とは何だったのかと言うくらいに毎週遅参丸でも実況してる。

元々リアタイで見られる日のが少ないくらいの心境でいるので
ネタバレとかは全然構わないんですけど、人様のバレと自分の受け止め方の乖離が意外だったこともあったりした。
自分がおめでたい豊臣兵なの全く嫌じゃないよ。
続きを読む
DATE: 2016/04/26(火)   CATEGORY: 美術館・博物館
真田宝物館 戦国の絆 第1期展示&上田市立博物館を見て来ました。
松代の真田宝物館 特別企画展 戦国の絆
「第1期 真田 乱世を生き抜く ─ 戦国武将たちの狭間で ─」
(開催期間:4月6日~6月27日)を見て来ました。

上田市立博はコンパクトで見応えあって好き。
また、上田では上田市立博物館で
特別企画展「上田城築城と第一次上田合戦」を見ました。


真田宝物館の目玉、青江の大太刀も感激したけれど、
それ以上に信之様の萌黄威の鎧が見られたのが嬉しかった…!
続きを読む
DATE: 2016/04/26(火)   CATEGORY: 旅行
松代と上田の話。
絆の力で沼田と上田を結ぶ。
松代と上田に行って来ました。


<4/23>
真田宝物館(第1期企画展)、鐘楼、小山田家住宅(外観のみ)、象山神社、
旧樋口家住宅、文武学校、真田邸、松代城。

<4/24>
上田真田まつり
2、5次元の方々。
大河真田丸キャスト(昌幸公と国衆)の武者行列も見られたよー!

昌幸と国衆の奇襲。
西櫓に奇襲した昌幸公と国衆の勝鬨も聞けました。

今回は勿論上田真田まつりが第一目的だったのだけれども
真田宝物館も良かったしお友達にも会えたしでとても楽しかったです。
上田はいつ行ってもお祭り気分になる。
続きを読む
DATE: 2016/04/22(金)   CATEGORY: 1789
(4/22マチネ)「1789~バスティーユの恋人たち~」見て来ました。
ガチで好きになりました。
1789、二度目の観劇です。

初回見た時は話があまり…でも音楽は良いんじゃない、くらいの温い反応だったのが
二回目を見てこの作品が大変面白いことに気付いてしまった。

ストーリーへの印象は変わらないんだけど、
フレンチロックミュージカルとしての完成度の高さに圧倒された。
耳に残るキャッチ―な音楽、豪華な衣装、大河的な作品ではないからこそ
出来る冒険さを含んだ演出に魅入られました。


美形ロナン。
加藤ロナンは小池ロナンと正反対で、違いも楽しめました。
続きを読む
DATE: 2016/04/22(金)   CATEGORY: 美術館・博物館
「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」見て来ました。
武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の
「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」を見て来ました。
花の24年組。
カラーイラスト、生原稿、単行本表紙等、200点超のSF原画が大集合、とあって
本当に豪華で素晴らしい展でした。
入場料100円とか明らかに価格崩壊してていて三度見したわ
0が一個抜けてるのかと思った。



画集「萩尾望都 SFアートワークス」がこの企画展の図録になっていて、
こちらも誠に素晴らしかった。
続きを読む
ヒスチャンの「ザ・サムライ・キャッスル」が面白かった。
ヒストリーチャンネルで「ザ・サムライ・キャッスル」と言う
無双武将とコラボった番組やっていたの見た。

無双武将が出てるだけでも面白いのに番組としてもキャッチーな出来で良かった。
昨今ニュースで熊本城見ると胸が痛むけどこの番組で清正の解説聞いてたら
やたら楽しい気分になったから今こそこの番組見るべきだぞ。

あとはいつもの戦国ログ。
続きを読む
恒例の豊臣本を読んだりしていた。

①「秀頼脱出―豊臣秀頼は九州で生存した」
前川 和彦さんの御本。以前読んだことあったけれど感想書いていなかったので再読。
秀頼様生存説は見る度にこれは完全に信仰だし聖域だと思うので
何人たりとも否定してはいけないんだなと言う心境になる。



②「落日の豊臣政権: 秀吉の憂鬱、不穏な京都」 (歴史文化ライブラリー)
河内 将芳さん。
タイトルは豊臣に斜陽感あるんですけど、最初から最後まで光しかない政権なぞ
存在しないし、秀吉様が一世一代でここまでの世界を創ったことを改めて奇跡の様に
思わざるを得なかった。



③「図解 戦国の城がいちばんよくわかる本」
西股 総生さん。初心者でも分かる、通な人にも楽しめるお手頃な一冊。
これを読んだら城攻めがもっと楽しくなる。
どのページを見てもわくわくするし、まだ見ぬお城に行きたくなる。



④「関ヶ原合戦と大坂の陣 (戦争の日本史 17) 」
笠谷和比古さんと言えば二重公儀体制のお人と言うイメージなんですけど
実際に豊臣家の威信があったからこそヤスが豊臣を屈服させなければと思った訳でしょう。
関ヶ原、大坂の陣の戦の動向やその時に出陣した武将等、一般的な内容で
目新しさは特にないけど2007年の御本なのでそれは当然か。



⑤「豊臣秀吉の系図学 近江、鉄、渡来人をめぐって」
宝賀寿男 (著), 蒲池明弘 (著, 編集)さん。
豊臣の系図を辿るとあまりに遠くに広がってしまって
段々分からなくなってしまうんだけど、私が秀吉様周辺しか興味持っていなさげだからかも。
竹中氏系図には反応したけどな。
続きを読む
DATE: 2016/04/19(火)   CATEGORY: 美味しいもの
飫肥 「元祖おび天本舗」の玉子焼き&メロンフラペチーノ
飫肥の殿様の味がする。
久しぶりに飫肥の玉子焼きを買いました。

「厚焼たまご・あらたけ」「おびの茶屋」「間瀬田厚焼本家」に次いで通販4店目。
今でも飫肥市街では見たことない未だレアな食べ物だと思ってるので通販有難いー。
折角なので2箱買ったけど賞味期限短くて、短期間に食べることになるので
もう暫くは良いや、って思えるくらいに堪能するのだ。




メロペ美味し過ぎて神の飲み物。
こちらは4/13~発売開始したカンタロープ メロン & クリーム フラペチーノ。

これ発売翌日に飲んだんですけど美味し過ぎてやばい
今まで一番好きなフラペって桜だったんですけどあれは色が可愛いってのが
一番の理由だったんだけどこのメロンのめちゃくちゃ美味しい。
絶対早期終了すると思われるのであと3回は飲んでおきたいところ。
Copyright © BAD END. all rights reserved.