BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
まーたピンキリ大坂の陣本を読んでしまった。
時間を作って数冊読書したんですが、これまた良い本とそうでない本の差が
大きいのを同時期に読んだので、感想をどう書いて良いものやらと思いました。
真田丸の5話はまだ見られていないので明日見ます。


①「実伝 真田幸村」
これ本当ひどかった。詳細は後述だけどいやびっくりした色んな意味で。


②「長宗我部 復活篇 」
苦笑い、って感じかな。分かった上で読んでいたので問題ないですが
鵜呑みにはしない方が良いですよと言ったところ。


③「戦旗 大坂の陣」
勝永が予想以上にいっぱい出ていて実質主役でも良いくらいだった。
実際は群像劇なんだろうけれども私には勝永本だたよ。
中身の充実度といてはそこまでかな、と言う感じだし
改行(小説の基本的なところ)が多くてケータイ小説みたいだったのは勿体なかった。


ツイログ。


<2/5>
真田宝物館の戦国の絆プロローグ、展示一覧出てた。弁丸ちゃんの書状楽しみだな。 http://www.sanadahoumotsukan.com/upimg/event/54eve836603.pdf
2/5 2:08[ Twitter for iPhone ]

http://www.geocities.jp/kurodazensi/361.html 又兵衛の逸話あれこれ後で読む。
2/5 21:44[ Twitter for iPhone ]

http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/sg04405.pdf?file_id=7022 森豊前守を調べてたらヒットしたけど何処に森豊前のこと書いてあるか分からないのでこれも後ほど。
2/5 21:47[ Twitter for iPhone ]

http://kijidasu.com/?p=30927&page=2 定期的にこの勝永の記事を見て心を休めている。ううっ、勝永好き;;;;;;
2/5 22:07[ Twitter for iPhone ]

「そして炎上する城内に戻り、最後は山里曲輪で豊臣秀頼の介錯をした後に、嫡男の勝家(享年14歳)、実弟の山内勘解由吉近と共に蘆田矢倉で静かに腹を切って自刃したという。安穏と土佐で余生を終えず、豊家に対する義を貫いた末の見事な最期だった。」←ここ読む度に袖濡れる。
2/5 22:10[ Twitter for iPhone ]

父・勝信は西軍を率いていた石田三成と仲が良かったため西軍に加わることを決意し、三成の要請で小倉に(加藤清正および黒田如水説得のため)戻ることになった。このため父に代わり伏見城攻めに加わったのが息子の勝永であった。
2/5 22:23[ Twitter for iPhone ]

http://s.ameblo.jp/terutika/entry-10707880533.html 出典不明だけど時々小ネタあるので興味深い。
2/5 22:23[ Twitter for iPhone ]

勝信は国内にもある問題を抱えていた、それは先の伏見城攻めの際に戦死した重臣の家督相続問題であった。その重臣の本城であった香春嶽城に勝信は自分の末子を入城させようとしていたが、遺臣たちは17歳の嫡子に相続させて欲しいと願い出た。遺臣たちの間に勝信に対する不満が生まれることになった。
2/5 22:24[ Twitter for iPhone ]

一豊の所領である土佐国へやって来ると、勝信は高知城西の丸に、勝永は城外の久万村にそれぞれ住まわせられ、捨扶持として1000石の所領を与えられた。また、毛利家の旧臣たちの多くを山内家が召抱えたりもしたという。
2/5 22:25[ Twitter for iPhone ]

道明寺で殿を引き受けたのが勝永であった。勝永は最も後方で敵を食い止める役目の鉄砲隊にむかって「おまえたちが、今日の貧乏くじよ」と冗談を言って別れた。ちなみに、この銃隊を率いていた雨森伝右衛門はこのあと付近の民家に火を放って敵をあざむくと1兵も失わずに戻ったという。
2/5 22:27[ Twitter for iPhone ]

お前たちが今日の貧乏くじよのエピソード好き過ぎるんだけど何処出典なんだらうな。三池せんせーの秀頼七将の実像にも紹介されてる有名な逸話だけど、伝右衛門が殿を務めたのはあくまで毛利隊のってことかな。道明寺全体だと明石に宥められた、真田の「関東勢百万も候へ、男は一人もいなく候」だよね。
2/5 22:47[ Twitter for iPhone ]

勝永が好き過ぎるから日々勝永の逸話を読まざるを得なくてそれらを読む度に益々好きになって苦しくなるスパイラル何なの?恋なの?
2/5 23:07[ Twitter for iPhone ]


<2/6>
三池せんせーの本だと久方(高知市種崎)となってる。勝永自身も茶の湯に明け暮れるなど表面上は平和に暮らしていた、とか茶の湯永の妄想始まるだろ。
2/6 0:37[ Twitter for iPhone ]

治長と従兄関係にあった家臣の宮田甚三郎の話は有名だけど実際に書状とか何か残っていないものかなあ。逸話しか知らないのもどかしくなる。
2/6 0:39[ Twitter for iPhone ]

#ツイートからわかったあなたの良さ ・清正への優しさ ・勝永経験の豊富さ ・秀頼様を上手く活用できている ・ザネに対する考え方が良い ・エンパに対する意見の的確さ http://appli-maker.jp/analytic_apps/31681
2/6 1:24[ Mobile Web ]

名古屋行く予定ないけど行けたら清正見たいすなあ。 名古屋市:名古屋市秀吉清正記念館 特別展示室(暮らしの情報) http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000013749.html
2/6 2:00[ Mobile Web ]

RT 小川新聞店 @chunichi_tarui 2/5
五明稲荷神社、松寿丸(黒田長政公)お手植えのイチョウ、2本の内1本が切断へ…(-_-)
2/5 8:54[ Twitter for iPhone ]

五明稲荷神社の2本のうち1本 松寿丸のイチョウ9日に切断へ 衰弱し倒木の恐れ 根元から若芽期待 黒田官兵衛の嫡男長政 幼名・松寿丸が植えたと伝わる。 岐阜・垂井 2/5中日西濃版より 仕方ないけれども寂しいな。
2/6 8:41[ Twitter for iPhone ]

歴史資料館・帆足萬里記念館 | 日出町 http://www.town.hiji.oita.jp/page/history-museum.html こんな所が出来たのか。行きたいな。
2/6 21:36[ Twitter for iPhone ]

久しぶりにこんな滑稽本読んだ。火坂雅志さんの名前に泥を塗るんじゃないかってくらいにお粗末な内容で出直して来い感が凄い。読んでるこっちが恥ずかしくなって来たくらい。 実伝 真田幸村 (角川文庫) KADOKAWA/角川学芸出版

2/6 22:37[ Twitter for iPhone ]

大坂の陣モンペだからこう言う出鱈目本があるとこんなの読んじゃいけません!って言いたくなるんだよ。ヒストリアとかもだけどあまりにひどい脚色や偏向的なものを何も知らない一般人に対してあたかも事実の様に書くのは如何なものかと…冗談でなく洒落にならない出来だった。
2/6 22:38[ Twitter for iPhone ]

火坂さんは昨年亡くなっているので冒頭のインタビューは中身ないなあと思いながらも少し哀愁を感じながら読んでいたんだけど、その後が何もかもひどかった。突如小説になったのも何これこんな薄い本なのにページ埋め?って思ったし中身はそれ以上に薄っぺらだった。
2/6 22:40[ Twitter for iPhone ]

父子の上田合戦、の章だけは平山せんせーなのでここだけまともだった。でもない本当ここだけ!
2/6 22:41[ Twitter for iPhone ]

岩井護さんの「ドキュメント 幸村と大坂の陣」なんて全くドキュメントでないし信之へのライバル心で大坂入りしたとか何処の劣悪同人だよって話だし講談を鵜呑みにしたままの内容だし「鳴くまで待とうほととぎすと言った家康の根気も過去のもので~」とかwwwww何処まで本気なんだよwwwww
2/6 22:45[ Twitter for iPhone ]

秀頼様が統率力がないとかまだ昭和の価値観引きずってるみたいだし真田丸の活躍で城内諸将は幸村に嫉妬したとかwwwww 幸村が疎まれてただけだからwwwww もう可笑しすぎて笑いが止まらない出来だろこれ。
2/6 22:47[ Twitter for iPhone ]

平山せんせーだけでなく、火坂さんのはまだ読めるんだ。義トリオの話は無双スキー的にも面白いし。でも他がシュールギャグだから本としては全くどうしようもなくて。
2/6 22:50[ Twitter for iPhone ]

小和田哲男の「大坂城内の人間模様」なんか「東軍と西軍の兵力は如何ともしがたく、盟友たちの仇討ちが出来なかったばかりか幸村も勝永も討死し明石全登も行方不明となってしまった。」とか笑止千万腹痛必至!私大坂の陣の本100冊位は読んでるけど勝永を討死って書いてある本初めて読みました!!!
2/6 22:52[ Twitter for iPhone ]

早川知佐の「真田幸村を歩く」も、幸村と署名してある書状があります(^_^)みたく書いてあるけどそれ信繁のものじゃないって証明さらてるからちゃんと調べてから執筆しよう???幸村関連の本読んで此処まで恥ずかしい気分になったの初めてだよ…ひどすぎるでしょ…。
2/6 22:54[ Twitter for iPhone ]

火坂さんも岩井護さんも故人だから悪く言いたくはないんだけれど、あまり滑稽だから書かざるを得なかった。しかもこれでもまだ一部でもっともっとひどいから呉々も子供とか大坂初心者には読ませたくない。
2/6 22:57[ Twitter for iPhone ]

次はご都合主義のご子孫本である長宗我部復活編を読むぞー(^_^)あれ読んだ直後だともう何が来ても怖くねーよ。ご子孫本は真田もだけどご先祖ワッショイだからそれを前提にすれば読み物としてはそう言う捉え方なら面白いとは思いますよ。宗教ですよ。

2/6 23:07[ Twitter for iPhone ]

その意味では毛利亮太郎様ももっと色々書いて下すって良いのですよおーーー読み物として何でも受け入れるから有る事無い事書いてくれて良いのに!ここでも控えめな森豊前の血が!!!
2/6 23:08[ Twitter for iPhone ]

長宗我部本、幸村との出会いや幸村の台詞を火坂雅志「真田三代」から引用してるんだけどこれ小説だからwww いや幸村と盛親の握手とか小説内で読むなら良いけど別にここで態々読書感想文書かなくて良いから…。
2/6 23:22[ Twitter for iPhone ]

司馬遼太郎「戦雲の夢」、土橋治重「真田三代記」、近藤龍春「長宗我部 最後の戦い」とか小説の引用多過ぎて読むのしんどくなってきた もうやめよう。
2/6 23:25[ Twitter for iPhone ]

※この後、「真説大坂の陣」を再読していたのですが、長くなったので別記事で。

<2/7>
創作色強めの小説だった。予想以上に勝永いっぱい出てたので明らかに贔屓目だけど、勝永が大助に勝家の姿を重ね見たり秀頼様に終始忠義の心持ってるところなかなか良かったよ。 戦旗 大坂の陣 最後の二日間 朝日新聞出版

2/7 0:06[ Twitter for iPhone ]

最後の二日間と言うサブタイが何か意味する所があるかと思ったら別にそんなでもなく単純に道明寺と天王寺のこと書いてあるだけだった。もっと深読みさせてくれても良かったのだけど。小説なのに一行ずつ改行してるの気になったんだけどケータイ小説とかの影響なのか…?
2/7 0:09[ Twitter for iPhone ]

ここの勝永は大名の気質を持ち続けていて、ふとした時にもう自分は大名ではないのに滑稽だなとか思っちゃうお茶目さんで少し涙脆くて可愛気あるぜよ。勝家ちゃんが討死しててびっくりしたけど最後の秀頼様と勝永と大助と治房の場面私の好きな武将いっぱいだから字面が幸せだった(但し城は落ちる
2/7 0:14[ Twitter for iPhone ]

一応徳川方は松平忠明、豊臣型は勝永が一番メインになるのかな。徳川と豊臣側の双方視点で展開されて行くのでどっちかに絞った方が宜しかったのではないかと思うけどダブルA面みたくしたかったのかしら。真田も活躍してたけど勝永の活躍を食ってる感じが…っていつものことだった。
2/7 0:25[ Twitter for iPhone ]

エピローグの秀頼様の描写も良かったですね 秀頼様は評価されて然るべきですし秀頼様の人物像も終盤の描写も好きだな。
2/7 0:36[ Twitter for iPhone ]

基本的に秀頼様絶対教なので秀頼様の御心のままに事実を受け入れている。
2/7 2:36[ Twitter for iPhone ]

桜門まで出ていらした秀頼様が最期まで出陣されなかったことを淀殿が邪魔をしたから説とか控え目に言っても笑止千万ですわ ここまで切羽詰まった状況で今さら母親関係ないだろ。
2/7 2:37[ Twitter for iPhone ]

ただ前線の状態が分からず秀頼様への出陣の伝達をすべき人(治長だったり治房だったり諸説有り)が豊臣の旗印を持ったまま帰陣したのが豊臣敗北と誤解されたのが不幸な所で、じゃあ大野が旗印持たないで行けば良かったかと言われるとそれも奇妙な気がする。
2/7 2:39[ Twitter for iPhone ]

そして実際に天王寺の真田の前線が壊滅したところで秀頼様が出陣しようとしても実際に時が遅いので、お城に戻る様に進言した守久も間違っていなかったと思うから5/7の戦いは小さなことの積み重ねと掛け違いの全てが遣る瀬無いとしか言いようがない。
2/7 2:41[ Twitter for iPhone ]

私が鍵垢なのは腐っているのは大前提だけどそれ以上に豊臣信者発言が際どいのでTLでは自重してるのです 豊臣に関しては完全に宗教なので豊臣を辱める人の目に触れたくないし議論は求めてないし、全く圏外の人はどうでも良いとして豊臣感違う人のは私も読みたくないし読ませたくもない。
2/7 2:43[ Twitter for iPhone ]

まあその豊臣感の中に、史実ばさら無双とごった煮媒体の豊臣が含まれているのが歴史(派生)ジャンルの面倒臭いところだ。私他人の宗教は否定はしないけどほぼ同意しないし、そういう意味では他人に寛容だけど自分の解釈はクッソ狭いからな。
2/7 2:45[ Twitter for iPhone ]

でも秀頼様界隈で言えば幸頼清頼長頼重頼と雑食だし他の武将でも秀頼様に忠義を持つ者は皆愛情感じるのでその意味では雑食やもしれん 大坂主従おいしいです。
2/7 2:46[ Twitter for iPhone ]

#あなたがつぶやきすぎな人の名前 1位 秀頼 2位 豊臣 3位 勝永 4位 清正 5位 秀吉 6位 毛利 7位 武田 8位 幸村 9位 勝頼 10位 徳川 http://appli-maker.jp/analytic_apps/31610
2/7 2:47[ Twitter for iPhone ]

#あなたがよく呟く言葉各部門ベスト1 名詞…「真田」 動詞…「出る」 形容詞…「凄い」 感動詞…「ほんと」 カタカナ…「フツー」 漢字…「秀頼様」 人名…「秀頼」 http://appli-maker.jp/analytic_apps/8841
2/7 2:52[ Twitter for iPhone ]

RT @toyotomi_ishiga 2/6
大阪城の発掘現場を一般公開しています!6・7日(土・日)10時~16時開催!豊臣期大坂城の石垣上面と徳川期大坂城の砂利舗装をご覧いただけます!大阪城天守閣の南東、金蔵横へぜひ。
2/6 10:46[ Twitter for iPad ]

豊臣石垣のレポ的なやつを色々見たけど本当に素敵だなあ。こうして今迄見られなかった豊臣大坂城の足跡を少しずつ日の目を見せて行って欲しいし、どんどん掘り起こしてそのまま豊臣大坂城の詰ノ丸、中ノ段、下ノ段の三段構造に戻そう?
2/7 3:09[ Twitter for iPhone ]

私も昨年豊臣石垣プロジェクト様に軍資金奉納したら今回の石垣公開に際して大坂入城しませんかって書状が来て、豊臣方からの書状を有難く思う気持ちは並々ではなかったのだけれども江戸蟄居中の身で成す術もないのであった…;;
2/7 3:13[ Twitter for iPhone ]

平山先生はお梅ちゃん乱取りされた説取られているけど実際のところそれっぽいよな。 大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。真田幸村は存在しなかった? - 夕刊アメーバニュース http://yukan-news.ameba.jp/20160207-9/
2/7 8:10[ Twitter for iPhone ]

伊達の所には盛親ちゃんの甥の輪丸とか全登の子の明石内記とかもいた筈だけど、輪丸はその後の人生判明してるとしても明石さんは諸説ありで足取り正直掴めないからなぁ。大坂の陣の豊臣方は主要メンバーもその周辺もそう言うの多過ぎて。
2/7 8:23[ Twitter for iPhone ]

関西の寺社は秀頼様ゆかりの所が多くて羨ましいぜ。 <伊居太神社>秀頼が再興 ロマンの宝庫 : 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/feature/CO005847/20160206-OYTAT50032.html?from=tw
2/7 13:16[ Twitter for iPhone ]


<2/8>
#ツイートからわかる長所と短所 【長所】 ・溢れる真田への情熱 ・歪みないゲーム愛 ・可愛いと評判 【短所】 ・秀頼愛が重すぎる ・自重できないキャラ熱 ・秀頼さへの姿勢がアレ http://appli-maker.jp/analytic_apps/25884
2/8 2:07[ Twitter for iPhone ]

まだ勝永5歳妄想真っ最中ですが勝永にも本当は幼名があった筈なんだよな 知りたいよおー。
2/8 8:43[ Twitter for iPhone ]

秀頼様は幼名も誕生日も知られているけれど勝永は幼名も誕生日も不明なのだ…まあ命日が分かっているだけマシか マシなのかどうか分からないし生存説もあるから本当分からないけど。
2/8 8:44[ Twitter for iPhone ]

公式には秀頼様と勝永は同日同所でご自害されたことになってるって凄くない?秀頼様の生涯の生害の相手が勝永って最後のパートナーに勝永を選んだってことですよ。壮絶でしょう。
2/8 8:46[ Twitter for iPhone ]

秀頼様の本名は羽柴藤吉郎秀頼だから、秀吉様は名前も何もかも秀頼様に後を託して全てを与えたことがよく分かるな。
2/8 8:47[ Twitter for iPhone ]

RTで回って来る丸絵で今週の展開分かった気になってるけど、この勢いで半年後には毎週の様に秀頼様や浪人衆の丸絵が怒涛の勢いで流れて来るの?これが大河と言うやつなの???
2/8 0:39[ Twitter for iPhone ]

大河の近くで文明が発達するのは世の習いなのでこれは豊臣文明が起こる流れだ。
2/8 0:41[ Twitter for iPhone ]

今週(1582)の勝永はまだ5歳なんだなと考えると微笑ましくなるし、長政や嘉明は子供の頃の勝永を知っていると思うとそこ詳しくって突っ込みたくなるし、唐入り時の勝永も大坂の陣の頃の勝家ちゃんと同い年くらいだと思うと勝永の前半生は色々想像の余地がある気がするし妄想するしかない。
2/8 0:50[ Twitter for iPhone ]

何か徳川がいちゃいちゃしてるらしきことだけ分かりました!って別に分かりたくもないですけど?!伊賀怖ェーー!
2/8 0:52[ Twitter for iPhone ]

実のところ真田丸は本編見るのに45分×二周しつつ人様の考察読むのに2時間までが固定で所要時間かかるから深夜から見始めることが出来ないやつ。
2/8 0:54[ Twitter for iPhone ]

はあーーレポ素晴らしいなあーーー。 「大坂夏の陣」の焼け跡が出土 発掘調査現場を一般公開 | THE PAGE 大阪 http://osaka.thepage.jp/detail/20160207-00000002-wordleafv @thepage_jpさんから
2/8 13:22[ Mobile Web ]

平山せんせーの語る言葉の安心感半端ない。 大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。吉田羊演じる小松姫は沼田城にいなかった? - 夕刊アメーバニュース http://yukan-news.ameba.jp/20160207-99/
2/8 22:16[ Mobile Web ]

その7 信繁は人質時代、秀吉に寵愛されたってホント? 【ホント…だけど男色関係はないと思われる】 ↑秀吉様は全っっっくホモじゃねーからな!って思いながら読んでたけどそう言う意味じゃなかったから正直すまんかった。
2/8 22:17[ Twitter for iPhone ]

寵愛されていなけりゃあの時点で豊臣賜姓されてないよな…って思うけど秀吉様は子飼いではなく敢えて繋ぎとめておきたい距離感の間柄の人に豊臣賜姓していたも聞くし割とホイホイあげてる気もするから何ともだけど可愛いがられていたと考えておきたいわね。
2/8 22:21[ Twitter for iPhone ]

有名な逸話も、史実より絵本太閤記出典なモノも多い気がする。でもありそうーと思えるのが人気の理由なんでしょうね。何処の媒体の秀吉様でも有難く受け取ります。
2/8 22:49[ Twitter for iPhone ]

そういや二月の歌舞伎座が新書太閤記だったんだ。昼の部通しだから何時間あるんだよってレベルだけど竹中閑居の場面気になるから見に行こうかしら。
2/8 22:57[ Twitter for iPhone ]

人懐こい藤吉郎様もフレンドリーな秀吉様も崇拝すべき太閤様も等しく敬愛してる。ばさらだと最初からラスボスのオーラあるのに、友垣時代可愛いの本当反則ですね…。
2/8 23:06[ Twitter for iPhone ]

私はばさら秀吉様にとって半兵衛様が主従やら軍師でなくズッ友で生涯のパートナーで表裏一体で一蓮托生なのが最高に最高だと思うんですよ。秀半は最高。
2/8 23:15[ Twitter for iPhone ]

ばさら史(3宴)において実はヤスが謀反してた謎の灰色の土地が小田原で、秀半はほぼ同時に小田原で御隠れになっていたことが判明して時系列ハァァァ????ってなったけどあれ多分秀半は一蓮托生だから同時にアレしなきゃいけなかったんじゃないかって言う 絶対に許せないけど秀半は蓮台半座分説。
2/8 23:18[ Twitter for iPhone ]

ばさらは2が豊臣の原点にして頂点であり、シリーズ何十年続こうが永遠に2を超えることはないと悟ってる豊臣出家僧なのでそれ以降のは全部派生だと思ってるぜよ。
2/8 23:26[ Twitter for iPhone ]

関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.