BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/02/19(金)   CATEGORY: 観劇いろいろ
(1/19昼の部)二月大歌舞伎で「通し狂言 新書太閤記」見て来ました。
二月大歌舞伎で新書太閤記見て来ました。

ずっと秀吉様のターン。
平成28年2月2日(火)~26日(金)
昼の部 午前11時~
新書太閤記 序幕・二幕目 11:00-11:50 幕間 15分
新書太閤記 三幕目 12:05-12:43 幕間 35分
新書太閤記 四幕目 1:18-1:47 幕間 15分
新書太閤記 五幕目・大詰 2:02-3:17

ずっと秀吉様のターンで一貫していて、非常に気持ちの良いお話しでした。
面白かったー!

太閤記の絶対的安心感。

まずはツイログ。

<2/19>
新書太閤記見て来た。日吉丸時代から清洲会議までだったので悉く通快爽快な物語で普段ハッピーエンドに慣れてないとここで終わって良いのまだ第一幕では?!と思うくらいだったけど面白かったよ 本当秀吉様は魅力的だわあ。
2/19 16:57[ Twitter for iPhone ]

竹中閑居の場面めちゃくちゃ良かったです。雪の邸宅も綺麗だったし飄々としてる半兵衛さんも良かったし半兵衛殿の心を得られなかったしぬしかないってのを竹中兄妹が止めに来る展開も熱かったし、策略が通じない相手には誠意を見せるとかもうさあ…そう言うの大好きなんだよ分かるだろ。
2/19 17:05[ Twitter for iPhone ]

で、信長公の前に晴れて半兵衛殿を連れて来られたものの、主従の盃の場で信長様ではなく藤吉郎様にお仕えしますとか半兵衛さんが初めて告白して、狼狽する藤吉郎様と激昂する信長の前で濃姫が仲人になって秀半が祝言あげてたから大変おめでとうって感じ(腐ィルター
2/19 17:07[ Twitter for iPhone ]

太閤記は余りにもサクセスストーリー過ぎるから人生こんなうまくいくものかって思うけど皇紀2676年をもってしても秀吉様みたいな人秀吉様しかいないから数千年に一度のただ一代の奇跡だったんだろうな 二代目のことは言わないで欲しい。
2/19 17:14[ Twitter for iPhone ]

ねね様と結婚する件は日吉丸様と利家のコントみたいなやりとりや日吉丸とねねのやり取りが可愛くて、当時珍しい恋愛結婚って本当にこんな感じだったのかなあって思いながら見ていた。五座一枚の地味な婚礼でなく結構豪華な感じだったけど。
2/19 17:15[ Twitter for iPhone ]

そういや歌舞伎座って回転盆があったのね!レミゼではお馴染みだったけれど昨今そう言うの見てなかったから無駄に懐かしくなった。かなり大規模な回転盆で、次の場面ががらりと変わるあの演出大好き。やはり回転盆は良いな。大好きだよお!
2/19 17:17[ Twitter for iPhone ]

舞台写真が売ってるの初めて知って、ふおお1月ゥゥ;;;;って思ったら前月のは5階の売店で売ってるの嬉し過ぎたからァァァ;;;;前月までならギリギリ売ってるとのことたったから2月中に来て良かった。二条城の清正のお写真お迎え出来たの嬉し過ぎた 大切に飾ります!!
2/19 17:23[ Twitter for iPhone ]

清頼最高だった…ブロマイド嬉しい…ウッグス清頼大好き。
2/19 17:24[ Twitter for iPhone ]

11時開幕で休憩あるからとは言え終わるの15時過ぎだから4時間超拘束かーとか少し二の足踏んでたけど本当に来て良かった ストーリーも面白くてあっという間だったし生の舞台は素晴らしかったし清頼の写真買えたの嬉し過ぎた。これは豊国大明神の与え給うたご縁だ…感謝するしかない。
2/19 17:32[ Twitter for iPhone ]

今回だって秀吉様の演目じゃなかったらまず歌舞伎座来ようと思わなかったし、売店で舞台写真が売ってるのすら知らなかったし、先月のなら買えるってのも知らなかったから全てが偶然だったのよ 歌舞伎ど素人だったからさあああ 間に合って良かったな…って何度噛み締めてるんだ 何度でも噛み締める。
2/19 17:34[ Twitter for iPhone ]

虎と市松がいたのも嬉しかったな!先月の清正は末期だったけど今月はまだ虎之助時代だし若武者ぽくて良かったよう。信長の側には森蘭丸力丸坊丸もいたけど蘭丸の人凄い美人だった。
2/19 17:37[ Twitter for iPhone ]

秀頼様のお陰で日本の伝統芸能にまで興味の幅が広がって良かったなと思います。良かったのかどうか分からないけど?
2/19 17:44[ Twitter for iPhone ]



物語は、長短槍試合、三日普請、竹中閑居、叡山焼討、本能寺、中国大返し、清洲会議。
どれもお馴染みのエピソードだから安心して見られた。

序盤の米饅頭や古着屋が並ぶ場面、秀吉様が出世払いとして
(今後、服はずっとこの店で買う、と言って)陣羽織をかなり安価で購入成功するシーンが
あったのだけれど、明らかに桐紋が入っていて、白地に金の装飾の付いたものだったから
ああこれが後半出世した秀吉様が着て登場するんだろうなと思っていたら
そのまま再登場しなかったのは拍子抜けした。
買ってすぐ、大事に家に持ち帰ったくらいだから絶対伏線だと思ったのに。

三日普請で利家との友情を描いたところは良かったな。
秀吉様と利家の友情描写好き。二代目には続かなかったけど;;

誰もが秀吉様の御言葉に心を揺すぶられたり苦笑いしつつも許したりして、
秀吉様の人たらしが存分に発揮される構成でした。
豊臣鬱が持病の私はいつも豊臣大坂城燃やしてばかりで申し訳ない…。


来月の「鎌倉三代記」は大坂夏の陣をモチーフににした作品なので
これも行かないといけないやつ。

二条城の清正を見に行くまでは歌舞伎なんてテレビですら見たことなくて、
ましては本物を見に行くなんて想像もしていなかったのに、
まさか三か月連続で歌舞伎座訪問することになるとは夢にも思わなんだ。
三月も楽しみですーーーー。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.