BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
アニむそ毎週見返すのノルマ。
アニむそ一周年祭り中なので毎週放映日一周年の日、昨年の日曜夜は
今年の月曜夜になるので毎週月曜深夜に該当の話を再生しているのだけれど
そのままずるずる後半まで再生するので毎週8話以降も見ている気がする。
因みに今日も7~12話まで余裕でした うぐう秀頼様可愛い…。

読書は以下の二冊。


①「信長と秀吉と家康」
池波先生の子供向け三英傑物語。凄く優しい御本だった。
秀頼様感が昭和の秀頼様感で、今日殆ど見なくなったものだったので時の流れを感じたり。


②「淀殿―われ太閤の妻となりて」
福田せんせーの御本は秀頼様本の所為でアレな評価が私の中でついてしまったの
ですけれどもこっちのがヒステリない感じか。
淀殿も好きなので正当に評価して貰える御本は気兼ねなく読める。



ツイログ。


<2/22>
『真田丸』第7話をマニアック解説。清洲会議は重役会議ではなかった? http://www.mag2.com/p/news/150033 清洲会議、先日の歌舞伎では遅れて来たのは秀吉様だったけれど本当は勝家なんだよなあ。遅参は良くない、良くないよ…(道明寺を遠目で見ながら
2/22 7:57[ Twitter for iPhone ]

RT 幸田高吉(仙丸) @1000_MARU 2/22
「Q:信長の野望がオワコンになったらどうなりますか?」「A:秀吉の天下になります」という問答を見てサルめやりおるって気分になった。
2/22 0:24[ Twitter Web Client ]

不覚にもわろた。
2/22 8:26[ Twitter for iPhone ]


<2/23>
7話頼様の悠然とした物腰好き過ぎるし脇息に凭れるお姿可愛過ぎるやつ。
2/23 1:11[ Twitter for iPhone ]

7話時点で「つまりこう言うことかな」が秀頼様の口癖かと一瞬思ったら別に全くそんなことなかったけど、だったら素直に言えば良い~とか物事をはっきりさせたいお人だと言うことは分かった。
2/23 1:14[ Twitter for iPhone ]

私の中で大野三兄弟が目立って来たの問題案件なんですけど、色違いで三人セットなだけでも面白いのにモブ顔なのに声が勝永なところとか余計面白いから100回くらいエンパで勝永遊んだ上でアニメ見てこの気持ち共感して欲しい(難易度:難しい)。
2/23 1:18[ Twitter for iPhone ]

アニむそとエンパで荒井さんが声を当てているキャラを全部判別するミッション(難易度:地獄)。
2/23 1:24[ Twitter for iPhone ]

脇腹ツンツンしてるダブル小野のガヤすら分からないってのに…と言うかそもそもダブル小野さんの声も判別出来なかったわ。
2/23 1:26[ Twitter for iPhone ]

8話EDよく見たら豊臣家臣A,Bと盗賊A,Bで別クレジットだったからなーんだいつもの治房かって自己解決した。
2/23 2:28[ Twitter for iPhone ]

秀頼様一貫して主戦派じゃねーですか 愛してる。
2/23 2:30[ Twitter for iPhone ]

アニむそでショタ頼様実装されなかったの返す返す勿体無いと思うんだけど、大戦でも関ヶ原ショタ頼様を見た後に大坂青年頼様を見ると、何と立派に成長なされて…と言う感慨に浸ると共に豊臣御曹司の気品仁徳凛々しさ美しさに絶対こいつころさないとやばいってなるヤスの気持ち分かる。
2/23 2:34[ Twitter for iPhone ]

あっさりした三英傑の人生のあらすじ。一応秀吉様と大坂の陣目当てで読んだ。有名なエピソードだなあと言うくらいの感想。内容もあっさりして文体も読みやすい。池波先生こんな易しい本あったんだと意外。 信長と秀吉と家康 (PHP文庫) PHP研究所

2/23 6:19[ Twitter for iPhone ]

秀頼様が母親に甘やかされて育っていて気が弱いと言うのはいかにも昭和の秀頼様感って気がする。あと池波作品久しぶりに読んだら、さらに…。とか、ところで…。とか、池波節懐かしくなったわ 別に全然好きじゃないんだけど真田太平記の記憶が思い出されて。
2/23 6:23[ Twitter for iPhone ]

信長。りこうかばかか、清洲城攻め、桶狭間の戦い、岐阜の城、一夜城のはかりごと、足利将軍、信長京へ、てんかびはの野望、背後の敵、姉川の合戦、比叡山焼きうち、秀吉と家康、長篠の戦い、安土の城、武田家ほろぶ、家康父子、本能寺の変、明智光秀信長死す。
2/23 6:26[ Twitter for iPhone ]

秀吉様。高松城の水攻め、山崎の決戦、秀吉のおいたち、清洲の会議、長浜城攻め、賎ヶ岳の戦い、秀吉出陣、大阪の城、聚楽第、いざ関東へ、天下統一、心のみだれ、朝鮮戦争、伏見の城、秀吉の死。
2/23 6:29[ Twitter for iPhone ]

家康。天下のみだれ、石田三成、徳川家康、うごきだす両軍、戦場の霧、戦う東西両軍、家康の勝利、江戸幕府、家康の決心、大阪冬の陣、大阪夏の陣、家康の死。
2/23 6:31[ Twitter for iPhone ]

各々のサブタイだけでああそうねと内容想像出来ると思うんだけどほんとそれ。大坂城や大坂の陣を、大阪って表記してるのは何故なのよ。元々は年少の読者向きに書かれたものだから読みやすくしたのかね?
2/23 6:33[ Twitter for iPhone ]

解説で秀吉様ageられてた。秀吉様の人間的魅力は臆面もなく全部さらけ出す所で、弱々しく秀頼様のことを心配し泣きながら頼むところ、こういうことは絶対家康には出来ないだろうと。そしてこう言う秀吉様の人間臭さを読者は痛感しただろうと誘導してる。この縄田一男って人豊臣贔屓でしょ!私も!
2/23 6:37[ Twitter for iPhone ]

福田さんの御本は秀頼様のが評判アレだったからこれもかなとか思ってたけど元々そんな詳しくないから良いも悪いも判別出来なかった。まあ面白かったと思う。 淀殿―われ太閤の妻となりて (ミネルヴァ日本評伝選) ミネルヴァ書房

2/23 6:42[ Twitter for iPhone ]

淀の方は秀吉様の側室ではなくもう一人の妻だとか、寧との関係とか。8/9付けの秀吉様から寧への手紙。拾様を大坂留守居の松浦重政に拾わせたと。
2/23 6:47[ Twitter for iPhone ]

茨木市 大門寺について。重茲さんの遺品は茨木市文化財資料館に預けてある。常設ではないかも。お墓はあるがゴルフ場の中、裏の古墳の方なのでプレイ中は見学不可とのこと。
2/23 10:55[ Twitter for iPhone ]



やっと読書もブログも一通り書けて今ほっとしてる。さーーー明日は大阪城です!
今月はまだ旅行してない(先月の今頃倭城行ってた)ので何か久しぶりな気がするけど
1月中旬にも大阪城行ってたんだな?
真田のお宝と梅の花見に行けるの楽しみです。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.