BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/02/28(日)   CATEGORY: 観劇いろいろ
(2/26 ソワレ)舞台「トーマの心臓」見て来ました。
スタジオライフの舞台「トーマの心臓」見て来ました。
これが僕の椅子。

2014年から二年ぶりの舞台トーマです。
前回の感想はこちら。 →一度目二度目


最初にお断りしないといけないのですが、
今回は辛口なので、2016verが好きな方は今すぐブラウザバックお願いします;;
スタジオライフは好きなんだけど、好きなんだけど…!
あくまで率直な感想で王様はロバ耳と言いたいだけのログです。
あち原作トーマは何百回、何千回読み返しても文学と言いたいだけ。





ツイログ。


<2/26>
トーマの心臓見て来た。照明や衣装等マイナーチェンジあり。レドヴィの懺悔の場面で教会の照明がなかったりユーリの深緑ベストが好きだったのに灰色になってたのは残念。松本エーリク楽しみだったけど、あの人可愛いより端正系だしユーリのが似合ってたなあ。
2/26 22:15[ Twitter for iPhone ]

何より2014の仲原オスカーがほんと好きであれ見てオスカーが好きだって自覚したくらいなので笠原オスカーはやはり比較してしまって辛口に成らざるを得ない;;仲原さんサイフリートだったんだけど鬼畜より兄貴肌のが似合うよお!仲原オスカーまた見たい…;;
2/26 22:17[ Twitter for iPhone ]

今回割と前方の席だったからやっぱり役者さんがあまりに年齢高くて中学生の少年はキツイなあってのも正直思った…。特にレドヴィなんか完全にスーツ着たオッサンだし。他もリーマンみたいでとてもじゃないけど少年には見えない。もう年齢高めの演目にシフトチェンジするか若手に代替わりさせるべき。
2/26 22:22[ Twitter for iPhone ]

(※追記)
↑今回はスタジオライフ20周年でオリジナルキャスト使用だったらしいです。
うーん、まあ企画としてはよくあるし役者ファンは嬉しいんだろうな。
そうでない人には、と言う話と思って頂きたい。

スタジオライフの目玉演目でメインキャスト出したいのは分かるけどもう限界だと思う。松本エーリク確かに可愛いんだけど、あの人少年役も多いけど、大いなる遺産やアドルフに告ぐは後半大人になるからまだ良いのであって、ずっと少年役はファンの欲目でも正直厳しいものが…ううーん。
2/26 22:24[ Twitter for iPhone ]

今のトーマの心臓好きだしスタジオライフも好きだし応援してるし今後も見たいとは思ってるから、こんな感想ばかりで申し訳ないけど役者さん的にも複雑さあるんじゃないかと邪推してしまうよ。まあ仲原オスカーはまた見たいんで矛盾の塊だわ。
2/26 22:27[ Twitter for iPhone ]

アヴェマリア等の音楽、舞台セット、脚本、演出はある程度完成されているとは思う。ある程度と言うのは舞台の小規模さと舞台装置の少なさ(紀伊国屋ホールのが広くてサンモールが狭いのも原因)が改良の余地があると言う意味で。2014の印象が大分良かったから比較してしまったのも今回の敗因かなあ。
2/26 22:30[ Twitter for iPhone ]

でも訪問者は見に行きたいからまた行きますよ。今回のトーマはリピなしだと思う。
2/26 22:31[ Twitter for iPhone ]

ところで原作読み直したくてたまらなくなった 二年前松本ユーリ見た時私昔エーリク好きだって思ってたけどユーリか好きなのかもと思ったら単純に松本慎也が好きだっただけで実際はオスカーが好きだったし今回見ても松本エーリクよりオスカーが好きだったから要するにオスカーが好き。
2/26 22:39[ Twitter for iPhone ]

こんな人気ナンバーワンキャラが一番とか私にとってはめちゃくちゃ珍しいですよ 萩尾作品でスターシステム貰ってる珍しいキャラですよ オスカー本人もまだまだ少年はさなのに一つ年上なだけで皆の兄貴肌ででも本当は寂しがり屋で悲しい過去もあってそれを隠してて可愛くて魅力的だものな 分かる;;
2/26 22:41[ Twitter for iPhone ]

舞台トーマを語る筈が原作オスカーについて熱く語ってしまいそうだけどそれは本題じゃないでしょうが でも舞台は2014verのが良かったとしか言いようがないな。私の受け皿の問題もあるけどやっぱキャストの差だな。
2/26 22:43[ Twitter for iPhone ]

そういやオスカー好き過ぎて完全版トーマの心臓全2巻買ったんだった 連載時の表紙絵収録されてるやつ。湖畔にてが収録されてるストロベリーフィールズも持ってるよ。帰ったら読み直そう。
2/26 22:46[ Twitter for iPhone ]


<2/28>
トーマの心臓読み返した。口の端よりことばのいずる前にすでに目はものごとを語るけど、文学以上の文学作品に心が浄化された。オスカーが好き…。
2/28 0:41[ Twitter for iPhone ]

オスカーがことあるごとにユーリを気にかけてユーリに好きって言ってエーリクにもバレてて最終的にオスカーの言葉でユーリが吹っ切れた(トーマの愛を認められた)ってことがほんとオスカーの永遠の片思いって感じで好き オスカー好き。
2/28 0:43[ Twitter for iPhone ]





因みに今年は皆シングルキャストで、
ユリスモール=山本芳樹
オスカー=笠原浩夫
エーリク=松本慎也
レドヴィ=石飛幸治 でした。

仲原オスカー絶賛していた記憶があったけど岩崎オスカーも今思うと良かったな。
でもやっぱ仲原オスカーじゃない?
今回それしか感想がないんだけど想い出補正じゃないよね?
松本エーリク目当てだったのに松本ユーリへの思い入れが邪魔をしてなーーーー
あと小柄な及川エーリクと…ううう…。

「湖畔にて」はリーディングで、キャストはユーリ、シド、エーリク、オスカーの四人。
本来ユーリはいないので、ユーリはエーリクの独白部分や
地の文を一部代読している様な構成だった。時間は10分くらい。


こんな辛口だし舞台自体の感想少ないのだけれどもスタジオライフの舞台トーマの
演出は好きなんですよ 訪問者も楽しみにしています。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.