BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/02/28(日)   CATEGORY: 映画・DVD感想
衛星劇場で ミュージカル「HEADS UP!」を見ました。
衛星劇場の「劇場への扉~素晴らしき演劇の世界~」特集で
「HEADS UP!」がTV初放送だと言うので有料放送登録余裕でしたわ。

中川アッキーさん、りおさん出演のあのミュがTVで見られるなんて、
そんなの契約するしかないでしょうが!
DVDが出るような作品でもないので、劇場で見た時はもう二度と見られないものと
思っていたのでこの様なかたちでこの舞台をまた見られたの本当に嬉しかった。
良かったーーー本当良かったーーーーー。
当時の感想はこちら

ネタバレありで感想書きます。

放映日は、2月14日(日) 後 4:15 、 26日(金) 前 7:30の二回で、感想書くのが
遅れたけれど念の為二度とも録画しといたやつ(^ー^*)
もうこれ見られただけでも元取りですから!
てゆか実際に他の番組何も見てない…し……。



この舞台の主役は哀川翔さんなのに私ずっと相葉祐樹だと思ってたのね…。
思えば誰を中心としてこの舞台が出来ているかって哀川さんだし
クレジットでも一番最初に書いてあった。何てことだ。

で、それよりも言いたいのは劇場さん(アッキーさん)についてです。
私これ最初全然何も考えていなくて、あの人が舞台監督:新藤としか
会話してないのとか意識してなかったんですわ。
衣装係のまきちゃんが最初皆に無視されていたのも意味があって、
「いつからいたの」、「かなり序盤から」ってのがカモフラージュだったんですね。

舞台の上の方から出て来るのもそう言う意味だったのかと。

今回は最初にこの舞台の概要、最後にラサール石井さんのインタビューがあって
それも分かりやすくて良かった。
アッキーさんがCHESSの舞台で忙しかったからあの立ち位置になったと。
そうだよー、この舞台CHESSのほぼすぐ後みたいな時期だったんだよー。

これを一緒にでもないけれども見に行った身内が、最初中川さんがやたら30年前と
連呼して30年前の話ばかりしているので、父親のことを言っているのかと思っていたと言ってた。
私は逆に、中川さんが(あの見た目でも)40歳くらいの役で、
10歳くらいの頃に頓挫した舞台に居合わせたのかと思っていた。
受け取り方ってそれぞれだねえ。

だから、この舞台はもう一回見たいとずっと思っていたのです。

ドルガンチェの馬の劇中劇も面白いし、構成もユニークだし、
それとやはり見終わった後のスッキリ感があるのが良い。
笑いあり涙ありで、人間ドラマが詰まっている。

りおさんの美声をこうした映像で家で見られるのも大変貴重な気がして
今回の放送は本当に楽しませて貰えました。

因みに、3月18日(金) 前 7:30にも放送されるので、見逃した方もまだ間に合いますよ!
別に衛星劇場の回し者ではないけれどもこの一つだけでも余裕で元取れなので
本番を見逃した方にももう一度見たい方にもお勧めします。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.