BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
真田丸9話とか上田真田祭り楽しみだなとか。
旅行行ったり大河見たり関連本読んだりして感想書いていると、
絶対数で言うと秀頼様や勝永より真田について言及していることが多いのかと
ふと我に返ったりしたんですけど、言及数の多少と豊臣熱病は関係ないんだよな。

と言う訳でいつでも秀頼様関連情報募集しておりますので引き続き宜しくお願いしたい。

最近読んだ本。

①「新装版 軍師二人」
しばりょなら「城塞」と「豊臣家の人々」でワンツーフィニッシュですわな。
これはそこまで…って感じだけど短編なので読みやすいに気軽ではある。


②「歴史街道 2016年 02 月号」
表紙が真田丸なので手に取ってみたけれどマジで中身がなかった
一昨日出直せって思ったら執筆陣を見て納得してしまったとかそう言う。


③「加藤清正―朝鮮侵略の実像」
タイトルからして期待薄感あったんですけど、本文も年表の羅列の印象だった。
あとがき読むと、意識して文章を書いたそうなのにそれでこれか。
個人的な趣味や捉え方かも知れないけどこの人の文章が「読ませる」文章に
思えなかったのだよな。


④「「戦国合戦」意外・驚きエピソード」
コンビニ等で売ってそうな手軽なワンコイン本的な構成。
この人のサイトは面白いから本よりサイトのがお勧めかな。


ツイログ。

<3/4>
作業用でアニむそ6話つけてたら急に勝永の声がしたから顔を上げたら九度山の門番だった経験ある人は挙手して欲しい 私が握手しに行くから。
3/4 0:35[ Twitter for iPhone ]

先日行ったやつ。大坂の陣関連だと黒田二十四騎とキムシゲの槍と鎧あったよ。 幸村と信幸 大阪城天守閣で真田兄弟の甲冑並び立つ | THE PAGE 大阪 http://osaka.thepage.jp/detail/20160303-00000002-wordleafv @thepage_jpさんから
3/4 8:13[ Mobile Web ]

RT @asahi_pub_PR 3/4
【イベント】「子孫が語る関ヶ原・大坂の陣」公開座談会:戦国時代の人気武将4氏の子孫が一同に会する「武将の末裔・公開座談会」を4月8日(金)に開催します。http://publications.asahi.com/news/594.shtml #asahi_pub #真田丸
3/4 20:00[ Twitter Web Client ]

三成いなければ大坂の陣縛り出来たのに(三成が嫌いと言う訳ではない
3/4 21:56[ Twitter for iPhone ]

真田・長宗我部と対談させるなら前田と井伊松平辺りが適当じゃないかと思うんですけどね 出丸的な意味で。
3/4 21:59[ Twitter for iPhone ]

ヲタクの習性で昨日ののぶやぼPV反芻してたら、あれ勝手に勝永だと思ってたけど一度も勝永と明言されていないことに気付いて今更冷静になったけど、公式グラ発表済の秀頼様の隣はほぼ母上で間違いないからやっぱ勝永だと思うし寧ろあれだけ似た兜の別人がいたらそれはそれで気になる。
3/4 22:04[ Twitter for iPhone ]

勝率9割5分と見てる。(※勝率=勝永である確率)
3/4 22:05[ Twitter for iPhone ]

【累計750万部突破】『センゴク』新シリーズスタート(原画展あり)|今日のおすすめ|講談社コミックプラス http://news.kodansha.co.jp/20160304_c01
3/4 22:51[ Mobile Web ]

肥前名護屋城 戦国武将家紋スタンプラリー | 旅Karatsu 唐津観光協会 http://www.karatsu-kankou.jp/events/detail/69
3/4 22:51[ Mobile Web ]


<3/5>
4月の予定立てようと思って手帳開いたらまた今年も夏の陣の季節がやって来ることに気付かされたし、4/26に夏の陣始まると書いてあるし4/29が塙団右衛門没と書いてあるし5/6,7,8もコンプしてるからやっぱ戦国手帳の人大坂の陣好きなんじゃない?!
3/5 2:27[ Twitter for iPhone ]

表題の軍師二人とは幸村と又兵衛のこと。道明寺戦の作戦軍議。小松山に主力を置こうとする又兵衛と天王寺に置こうとする幸村。 新装版 軍師二人 (講談社文庫) 講談社

3/5 3:05[ Mobile Web ]

それに対し、双方どちらの策か勝てるかではなく、この二人をどう宥めるかと考え、折衷妥協案=二人とも満足しない主力兵の分割を提案する治長。それに同意する淀殿と秀頼様。ここの秀頼様イエスマンみたくて全然良いとこないな?又兵衛が奮戦しこの短編物語は終幕。
3/5 3:08[ Twitter for iPhone ]

幸村は華々しい死に場所がなくなるから敢えて遅参した説。(又兵衛は又兵衛の死場所で死ね)の一文が刺さる。短編だし、幸村の最期は一文で終わり。物語最後の一文は「大坂落城はその翌日である。秀頼はついに城門を出なかった。」で終わる呆気なさ。軍師も二人は並び立たぬものだったか。
3/5 3:11[ Twitter for iPhone ]

各短編のタイトル。雑賀の舟鉄砲、女は遊べ物語、めかけ守り、雨おんな、一夜官女、侍大将の胸毛、割って 城を、軍師二人。「一夜官女」は岩見重太郎こと薄田隼人の刹那の夜の物語。「割って、城を」は名器をわざと割って自分のものとする織部の美学が大坂の陣での豊臣への内通へと昇華される物語。
3/5 3:27[ Twitter for iPhone ]

信繁特集。堺雅人、長澤まさみ、大泉洋、三谷幸喜のインタビュー、童門、大門、河合敦、橋場日月の解説など。目新しさは全くなかった。 歴史街道 2016年 02 月号 PHP研究所

3/5 3:35[ Mobile Web ]

タイトルの侵略と言う言葉は違和感だし内容は年表の羅列的な印象も受けた。あとがきにそこは気をつけて直した風に書いてあるけど直ってこれか。 加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー) 吉川弘文館

3/5 5:30[ Mobile Web ]

清正中心に書いてあるし写真は好きなお城の筈なのに、小西との不和、年表的文章、実りの出ない結果のせいか全編通して興味が湧きにくかったの逆に不思議なくらいだ。好きなのはエピローグの二条城会見のとこくらいか。
3/5 5:38[ Twitter for iPhone ]

1611/3/27、秀頼様は加藤清正、浅野幸長、織田長益、片桐且元、片桐貞隆、大野治長をはじめとする30人程の衆に警護され淀川を遡行した。清正と幸長は秀頼様壮健の様子を洛中の人に見せるため秀頼様の乗る輿の左右を開きその側を警護した。←萌える。
3/5 5:40[ Twitter for iPhone ]

やがて一行は洛中の片桐且元屋敷に入り秀頼様は方衣袴に衣替えを済ませ、午前八時二条城に着いた。清正は秀頼様の傍らに侍座して離れなかった。挨拶、吸物、進物交換。次の間では平岩親吉(徳川義直補佐役)と本多正純が相伴する饗宴。親吉の間には清正幸長輝政、正純の間には高虎且元治長が招かれた。
3/5 5:44[ Twitter for iPhone ]

清正は饗宴の席にはつかず終始秀頼様の側に侍った。宴もたけなわになった頃清正はさぞや母君がお待ちであろうと出立を促した。秀頼様御一行は豊国神社参詣、方広寺大仏工事を見て大坂へ帰った。清正は帰途の途中供衆らと心ゆくまで宴をかさねた。
3/5 5:47[ Twitter for iPhone ]

特筆しとこうかなってとこここくらいだよ。二条城の清正ほんと好き;;;;歌舞伎また見たいよおお。
3/5 5:47[ Twitter for iPhone ]

筑後川さんのご本なので読んでみたものの、良い悪いスレのまとめサイト読んでる様な話で意外と言う程ではなかったかも。小ネタ集め的な意味合いか。 「戦国合戦」意外・驚きエピソード (PHP文庫) PHP研究所

3/5 6:03[ Mobile Web ]

大坂の陣関連もあるから読んでみたけど逸話紹介(出展あり)、一言コメント、だけでいい悪いスレ的な内容だから筑後川さんのサイトの方がもっと詳しいし兎に角大坂の陣のサイトがお勧め、と結局こんな感想かよ!
3/5 6:06[ Twitter for iPhone ]


<3/6>
RT @ChoMorichika 23h
#大坂座席表の陣 三年B組秀頼先生のクラス、貴殿ならどの席が良いかな? いつの時代も教室の端にはどす黒い何かがあるものよ。
3/6 21:40[ Twitter for iPhone ]

8番一択だな。教卓の方見るふりして勝永監視員になる。
3/6 22:00[ Twitter for iPhone ]

つーか且元の席で全員を眺めるだけの生き物になりたい。且元は時が来たらこの教室退去するからその席空くでしょ?
3/6 22:01[ Twitter for iPhone ]


<3/7>
真田丸見た。私きりちゃんは好きだけど正直梅のちゃっかりしたところがアレだから…いや後半きりちゃんがメインパートに来る筈だからアレ。
3/7 0:05[ Twitter for iPhone ]

もー何見ても大坂フラグに見える病気治したいけど無理だから大坂来るまで冬眠したい。でもやっと天正壬午の乱終わったから来週は漸く秀頼様-11歳から脱却出来るね…。
3/7 0:09[ Twitter for iPhone ]

今年の真田祭りの決戦劇が第一次上田合戦だけどそりゃあ大河でもバッチリのタイミングだからそうなるよなって思うけど昨年の大坂夏の陣決戦劇が物語と演出的な意味で神懸かってたこと私の中で伝説になってるから。 http://www.uedasanadamatsuri.jp/mainevent/index.html#midokoro02
3/7 0:17[ Twitter for iPhone ]

勝永役の人が本当にカッコよくて、何故か彼だけ手負いだったんだけどその傷を負った姿も武功感じたし颯爽と幸村の前に現れて共に徳川を倒そうと言ってたのあまりに素敵だったから私の中で伝説になってる。
3/7 0:18[ Twitter for iPhone ]

まあフツーにやったら夏の陣だと真田隊はアレだから上田の地で幸村を悲運の武将にしちゃうかなって思ったら本当に凄かったんだよ。めっちゃ面白かったしあと勝永がむちゃくちゃカッコよかった。
3/7 0:19[ Twitter for iPhone ]

昨日の丸9話で作兵衛が戦は嫌、畑を耕してる方が合ってるとか言ってたのが本当九度山の信繁に繋がっていて、信繁も兄曰く大人しく穏やかな性格で、九度山では新たな家族も出来て好白と名乗ってこのまま穏やかに一生を終えるつもりでいたのにそこで大坂イベント勃発するの何度考えても熱過ぎるから。
3/7 8:30[ Twitter for iPhone ]

戦は嫌だから人が死なない戦い方を選ぶってのもまんま秀吉様の戦い方だし(但し見せしめをしないとは言ってない)、三木とか備中高松とか残酷とも言われるけどあの人は降伏して来る者には寛容なのよ 条件をつけてくる者に容赦ないくらいで。
3/7 8:33[ Twitter for iPhone ]

本人は九度山の穏やかな生活を心から疎かったとは思ってなさそうだけど真田昌幸の生き様とか言葉とか信念とかが信繁の中にずっと積み重なっていてその父上を見送った後に大坂からの誘いが来たらそれはもうやるべきことをやるしかってことになるんでしょう もう自分時間軸では九度山終わったぜ。
3/7 8:39[ Twitter for iPhone ]

RT @toyotomi_ishiga 2h
【祝!】大阪城天守閣の年間入館者数最高記録の更新を記念して、オリジナルグッズをプレゼントします! http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000346558.html
3/7 18:01[ Twitter Web Client ]

大坂の陣ポストカードめちゃくちゃカッコ良いんだけど期間短くないです?!休めないんですけど!
3/7 18:21[ Twitter for iPhone ]

大坂城信者だから我が身のことの様に嬉しい感じする おめでとうおめでとう。
3/7 18:24[ Twitter for iPhone ]




大阪城入城者数のニュース本当におめでたくて、大坂の陣ポスカも
めちゃくちゃ羨ましいしセンス良くて嫉妬してる。

もしこれが私が溺愛している大坂の陣400年プロジェクトのイメージイラスト、
豊臣/徳川の白黒グラデ旗のデザインだったら何としても馳せ参じてたけど
あのデザインは本当にもうお蔵入りになってしまったのでしょうかね;;
これが最後の機会だと思って最初URLをクリックする手が震えてたくらいなのに…
あのデザイン神懸ってハイセンスだと思ってるので
恐らくあのデザインの唯一出たグッズであるタオルは大事に飾ってる。

2015年度は私も多分7回は大阪城天守閣に通った思い出あるわ
もうヤスのテーマ展とかやってる場合じゃないから今年もいっぱい豊臣充させて下さいよ!
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
毛利父子
みなみ | URL | 2016/03/14(月) 15:13 [編集]
4月に今福匡「毛利勝永」宮帯出版社、刊行します。

管理人 | URL | 2016/03/14(月) 22:58 [編集]
みなみさん
コメント有難うございます。
四月に延期になったのですね。発売が楽しみです。
Copyright © BAD END. all rights reserved.