BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/03/12(土)   CATEGORY: 梅内創太
「四弦のエレジー Phrase 16」&単行本3巻読みました。

エンリコさよなら回…なの…っ?!
いやこれ盛り上げるための布石でしょ
エンリコが本当にアリョを裏切る筈はないと信じてるけど…!


単行本3巻も読みました。
パリへとサロンでエリアリョ満喫回だからこの直後の本編が
余計に絶望的になる感じする。


盗作をしたのはお父様なのだからあなたはもっと堂々として良い、
大丈夫、あなたは汚れない、とアリョに言葉をかけてくれるエンリコ。

ただし、本編カラーのエンリコは暗い表情で、
直立不動な立ち姿は今月の彼の内面を表しているものでもある。

アリョを「白」と例え、自らは「黒」に染まるエンリコは
自分の黒さがアリョの白を表明すると、残酷な姿でアリョを打ちのめす。
お父様大歓喜、パリジャンもBRAVOと絶賛。

フォーレはユリウスに対し、最低の父親と告げる。
おいおいおいフォーレ良い奴だな 知ってた。

自らの罪を思い出したため、アリョーシャの元には戻れないと
エンリコはユリウスと共に去って行く。


エンリコの先の演奏を、刃の様な演奏だった、
元々攻撃的な演奏をすることもある奴だがそんなレベルではなかった、と
分析するジネはやはり作曲家のフランソワより
演者のエンリコを理解していると言うことか。
何かブーレーズ兄弟が可愛いとそれだけで癒される
特に私フランソワ押しなので…有難うございます(?)。

エンリコを失ったアリョーシャは、俯いたまま一人部屋の中で
楽譜に火をつけるのだった…。


な、何この寂しい終わり方…。
いやエンリコその内ちゃんと戻って来ると思うしお父様の元に
一番帰りたくないのもエンリコだと思うから大丈夫だと
思うけどすれ違いだとしても遣る瀬無さある。
はっ、もしかしてブーレーズ兄弟が乗り込んでくれる兄弟話です?
勿論物理的な意味でなくて音楽的な意味で…!
と言う期待でも持ってなきゃやってらんない。

巻末コメント「胸の痛み治りました!」って良かったですねせんせー。

単行本はサロンの賑やかさ、フォーレのキワモノ具合が
楽しめるお話になっております。
楽譜読めないマンだからフランソワの官能音楽早くCD化して欲しい。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.