BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
そろそろ今年も夏の陣が始まる。
4月になるとそろそろ夏の陣だなと心が穏やかでなくなる。

昨年アニむそ終わった直後はリアルで大坂の陣400年だったから
世間も大坂の陣を大プッシュしてくれていて、
今年は今年で大河効果で真田フィーバーなの
お祭り過ぎて素晴らしいなと思ってます。

来年以降のことは考えないでおこうぜ!

最近読んだ本。

①「【至急】塩を止められて困っています【信玄】」
2ちゃんやツイ等SNSのなりきりでこんな雰囲気のよく見る気がする。
おふざけな感覚で表現していて正直面白くもなく。



②「戦国の陣形」
前評判で面白いとは聞いていたけれど確かに面白かった。
陣形と言う着眼点から見ると、少し違って見えるものもある。
冒頭の文章で惹き込むのは上手いなあと。



③「徳川家が見た「真田丸の真実」」
トンデモご子孫本もここまで来ると余程のコンプレックスとしか思えない。
歴代十五代将軍も子孫がこの姓を使った上で
こんなこと言ってるの見たら苦笑いしか出ないんじゃないか?



④「春秋SPECIAL2016年春号「決戦真田丸! 大戦国史」」
真田丸特集でインタビューや対談に読み応えあり。
シブサワコウさんのインタビューわくわくしながら読んだ。



⑤「偽りの秀吉像を打ち壊す」
このシリーズは第一弾も好きだったんだけど、
第二弾もテーマも良いし内容が濃くて分かりやすくて面白かった。
もっとどんどん精力的に活動して頂きたい。

ツイログ。


<3/31>
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=354456&nwIW=1&nwVt=knd 「長宗我部盛親の古文書が高知県立歴史民俗資料館に寄託」ですとーー!歴史民俗資料館で近々公開予定ってのも気になる。行けたら良いなあ。
3/31 22:41 [Twitter for iPhone]

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/244321/205937/84859073 福岡の重成の墓って前にさらっと本で読んだやつかな?気になる。
3/31 22:57 [Twitter for iPhone]

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/244321/205937/84859073 なにわ夢めぐりの連載終わっちゃったのか。面白い記事有難うございました。
3/31 23:04 [Twitter for iPhone]


<4/2>
やっと先週の真田丸12話見たけど私の時間軸では上杉東軍なので信繁との蜜月見ても何も感じ入るものがない。
4/2 1:15 [Twitter for iPhone]

これ面白いなあ。大手門のだけでなく他の巨石も似た様なものなのかもね。 大阪城の巨石、もとは一枚岩 阪大が3D画像で復元:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJ3Y4RDLJ3YPLBJ002.html
4/2 18:48 [Mobile Web]


<4/3>
これ読んだけどサブカル雑誌的なノリでフーンで終わった。今日所謂なりきりつツイとかも溢れている御時世なので今更感で特に面白くなかったな。 【至急】塩を止められて困っています【信玄】 飛鳥新社

4/3 1:08 [Mobile Web]

前書き中世の陣形、戦国になり特徴が現れて来た陣形、メッケルの西軍陣形評価は出鱈目、大坂の陣の伊達政宗の布陣、徳川家時代に蘇る武田流「八陣」等面白かった。 戦国の陣形 (講談社現代新書) 講談社

4/3 1:13 [Mobile Web]

前書きが既にユニークで、葵徳川三代の合戦シーンは評判が高いが旗指物を着装した足軽(戦国の旗指物は本来侍が着装)が横一列に槍を並べて突進し決死の殺し合いをする。ただの足軽が考えなしに揃って戦えるか疑問だし無名の者同士が互いを討ち取る意味もないだろう、といきなり惹きつける。
4/3 1:16 [Twitter for iPhone]

その他の作品でも前線に出た侍大将格の騎馬武者が敵の足軽達を馬上から攻撃する場面をよく見かけるが足軽との戦いに熱中する理由がよく分からない、と容赦ない。
4/3 1:18 [Twitter for iPhone]

また、のぶやぼ等のゲームでは、魚鱗陣は鶴翼陣に強く、鶴翼陣は横隊陣に強く、横隊陣は方陣に強く、方陣は雁行陣に強く、雁行陣は逆行陣に強く、逆行陣は魚鱗陣に強い、と言う相性ルールを見かける。しかしその様な通りの良い法則が現実にあったとは考えにくいと。
4/3 1:21 [Twitter for iPhone]

文献や伝承にある陣形を都合良く解釈してゲームバランスにテコ入れするのは良いが、説得力を与えるはずのシステムが却って説得力を失っていると。本当この人の前書き面白過ぎ。
4/3 1:22 [Twitter for iPhone]

実際の本文は陣形の説明、この戦いでは誰が参加しこの陣形が使われていた、と言った歴史考証諸々。大坂の陣での伊達軍は64%が鉄砲隊。その理由は伊達が先見の明で重要兵器を大量に揃えたと言うことではなく、単に政宗が合戦に乗り気でなく出来れば専守防衛に徹したい為鉄砲ばかり揃えたとか。
4/3 1:28 [Twitter for iPhone]

関ヶ原では西軍大名(上杉家の直江、毛利家の恵瓊等)が戦争責任を参謀に押し付け生き延びた様な所があるが政宗も主力戦力を重綱に担がせることで知らぬ存ぜぬで通そうと思った節があるのではないかと筆者は邪推していた。あるあるだな。
4/3 1:30 [Twitter for iPhone]

難波戦記によると政宗は神保隊が戦功を上げて引き上げるのを見て激しい嫉妬心に駆られたため味方と知りながらわざと釣瓶撃ちにしたと言う。これが本当なら酷い話だ。しかも徳川がこの件に関してノータッチってのも調子良いよな。
4/3 1:32 [Twitter for iPhone]

徳川のご子孫本だから言わずもがなの所は前提。しかも散々読んだことある逸話ばかりで態々徳川子孫であることをアピールする必要あったのか不明。 徳川家が見た「真田丸の真実」 (PHP新書) PHP研究所

4/3 1:44 [Mobile Web]

寧ろ独創性を出そうとして的外れな事ばかり。第一次上田合戦は昌幸が甲冑もつけずに碁を打っていたことから軍記物の誇張もあるだろうが実際はそれくらい呑気な合戦だったのではないか、秀吉様と昌幸と数正は裏で通じていたのでは、だから昌幸に上田合戦をやらせてある間に数正を引っ張れたのだろうと。
4/3 1:48 [Twitter for iPhone]

秀忠の関ヶ原遅参ははわざとで、戦後の恩賞を豊臣恩顧の東軍武将に分け与えるためだったってのは気をてらい過ぎて全く的外れも甚だしい。ご子孫本は必ず先祖をよく書くけれどもヤスが激怒して全く秀忠に取り合わなかったのも演技だろうとか徳川信者が考えるとここまで好意的になるのな…。
4/3 1:53 [Twitter for iPhone]

そしてハイライトは幸村は徳川のスパイ説ってやつ。真田が死罪にならず九度山にいたのは大坂に送り込むためのスパイだからで、家族や手兵を連れて九度山脱出出来たのも徳川のスパイだったことの裏付けである、とかwwwwwフツーこー言う本でwwwとか使いたくないけどこれはwwwww
4/3 1:57 [Twitter for iPhone]

ヤスが真田丸戦において守備戦を出るな、みだりに戦うことを戒めているのも真田とハナから戦うつもりはなかったから幸村は徳川のスパイ説が成り立つとかwwwww あと真田の赤備えなんて作る暇なかったのでは?赤い布を沢山使っただけでは?とかもう此処まで来ると子供の考察レベルだろ何これ…。
4/3 2:00 [Twitter for iPhone]

パラ読みしただけでも開けてパタンな内容だったけど此処までアレなやつはそう見られるものではないなって感じだった おしまい。
4/3 2:03 [Twitter for iPhone]

色んな人のコラムや対談載ってて面白かった。三英傑の天下を作る力とか世界史の中の戦国時代とか、あとシブサワコウさんのインタビューがお勧め。 文藝春秋SPECIAL2016年春号「決戦真田丸! 大戦国史」 文藝春秋

4/3 2:46 [Twitter for iPhone]

清正の「家中へ被申出7ヶ条」の第一条に「寅の刻に起き候て、兵法をつかい、めしをくい、弓を射、鉄砲をうち、馬に乗るべし」ってのがあって、北条早雲も「朝は常に早く起きるように、また夕刻は夜八時までに寝ろ」とか書いてあるそうだけど、寧ろ間もなく寅の刻じゃねーですか おはよう清正。
4/3 2:49 [Twitter for iPhone]

和田竜さんが軍略の最強武将として野戦なら半兵衛様(布陣を見ただけで展開を見抜ける)、城攻めなら秀吉様(寝返りや人間関係や戦後処理の能力に長けている)を挙げてたからつまり秀半揃うと最強ってことでしょ 分かる。
4/3 2:58 [Twitter for iPhone]

シブサワさんが武将の能力値は基本は史料や逸話の勝敗、他スタッフの思い入れや世論の期待に応えて作っていると語ってたんですけどここで戦国立志伝の大坂方の顔グラ見て下さいって話ですよ 一言も触れられてないけどここは勝永の話だと一人で受け取った。
4/3 3:04 [Twitter for iPhone]

時代が秀頼様を待ち望んでいたからアニむそに秀頼様出して下すったと考えられるので時代が安土桃山に追い付いた感ある(?)。
4/3 3:08 [Twitter for iPhone]


第一弾の「消された秀吉の真実 徳川史観を超えて」に続くシリーズ。これも面白かった!史料+現代語訳、テーマの選定、解説も分かりやすくて好印象。奇をてらった「新説」でなくしっかりした歴史を描いている。 偽りの秀吉像を打ち壊す 柏書房

4/3 22:52 [Mobile Web]

堀 新「豊臣秀吉は征夷大将軍になりたかったのか」。これは林羅山の豊臣秀吉譜が初出だが本当か。遠藤珠紀の「消えた前田玄以」は正親町天皇の攘夷に関わる史料:中御門宣光記において、歴博本と柳原では柳原版では京都所司代である前田玄以の存在がすっぽり抜けていることを論ずる。
4/3 23:00 [Twitter for iPhone]

片山正彦「長丸の上洛に関しての再検討」は長丸(秀忠の幼名)の上洛がなかなか実現しなかったことから豊臣と徳川の関係性を描く。千葉一大「豊臣政権と北奥大名南部家」は秀吉様が服属地域(南部領)に行った政策について。山本博文「秀吉と天皇」は朝鮮出兵時の後陽成天皇とのやり取りの解釈。
4/3 23:04 [Twitter for iPhone]

佐島顕子「文禄役講話の裏側」は講話においての明の朝廷の論争。竹島倭城の位置付けにも注目。曽根勇二「秀吉による伏見大坂体制の構築」は材木の運搬の視点から首都としての伏見大坂を考察。白根孝胤「大坂の陣をめぐる豊臣家と徳川家」は秀頼様の義直宛書状(徳川と浅野家の婚姻)を手掛かりに考察。
4/3 23:09 [Twitter for iPhone]

堀智博「毛利輝元と大坂の陣」は佐野道可関連の資料、及び毛利家家老福原広俊の密書を検討。これらの魅力的なテーマで書かれた本が、どれもまた濃い内容です素敵なのだわ。この本は2013年のものだけれども豊臣考察シリーズとしてずっと続いて欲しい。
4/3 23:12 [Twitter for iPhone]


<4/5>
好きな作品があって、それを好きだと自信を持って言えるのはそれ自体が幸せなことだと思う。私は大概何にでも感謝してしまう性格なので余計にそう感じる。終わり良ければ、じゃないけど、どんな媒体や作品においても、登場人物への優しさに加えて見終えた後に清涼感を感じる作品こそが良作だと思う。
4/5 23:54 [Twitter for iPhone]


<4/6>
この読書感を得たのが大坂将星伝を読み終えた時で、それまで数多の大坂の陣の小説や評論やゲーム他色々触れては振り幅のある題材だから特に好みも分かれて毎度もやもやした感覚あったのだけど、大坂将星伝のお陰でこんな清涼感を求めていたんだなと分かったからやっぱり勝永は最高だな。
4/6 0:08 [Twitter for iPhone]

真田隊の陣立を見ながら自軍の配置につくやつだ 南大門行こう。 天王寺区が真田幸村ゆかりの地PR 名所・旧跡など11カ所巡るルート設定 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000041-minkei-l27
4/6 23:32 [Twitter for iPhone]

歴史好きの友達で、現在の姿(跡地)は然程興味なくてそれよりは映像でも再現された当時の姿の方が良い、って言ってる人がいてへーってなった。こちとら環状線の野田や福島の駅名見るだけで治胤ェ…ってなる程度には重病だぞぐぞぉぉーーー(ビル街
4/6 23:45 [Twitter for iPhone]

冬の陣では幸村達が提案した、城外出撃して個別撃破しようとした案を治長ら城方が却下したのが良くなかったとか言われるけど、一方で大坂城周辺の砦の陥落に関しては防備線を城に集中させず兵力分散したのが原因とか書かれるからじゃあどうすれば良かったんだよってなるし遣る瀬無いよな。
4/6 23:53 [Twitter for iPhone]

勝てば官軍、負ければ賊軍だぞ はい。
4/6 23:54 [Twitter for iPhone]


<4/7>
http://chachahime.hanagasumi.net/record/1606.html 茶々姫のサイトだけど秀頼様ァァって思いながら読んでる。
4/7 1:05 [Twitter for iPhone]

随分昔に撮った歴史番組の録画見てたけど、この場面の盛親ちゃんがあまりにも盛親ちゃん過ぎていつ見ても元気出る。
http://pbs.twimg.com/media/CfXyg8ZUIAA9Z43.jpg
4/7 1:10 [Twitter for iPhone]

100万回見た事あるような城や真田の番組ばかりで五十歩百歩過ぎるんだけど、盛親ちゃんをここまで忠実に再現してくれたバラエティこれだけだから愛着ある。
4/7 1:14 [Twitter for iPhone]

信繁による治長説得之図の筈が盛親ちゃんしか目に入らないギルティ!左側の細面が誰なのか気になる。
4/7 1:34 [Twitter for iPhone]

消去法で明石さんくらいしか思い浮かばないんだけど、単純に自分の中で明石さんのイメージが薄いからかも知れない。秀頼様中心で本読んでも明石さん殆ど出て来ないので、宇喜多クラスタだともっとイメージ固まってるのかも。
4/7 1:51 [Twitter for iPhone]

明石さんはRONIN5でもムシブギョーでもにょた化されてたので五人衆のヒロイン担当なのだろうか。単純に五人衆でにょた化するなら、の消去法で選ばれやすいだけか。
4/7 1:55 [Twitter for iPhone]

清正が熊本城築城の際に民と共に作業をしたり一緒に酒を酌み交わしたりした親しみのある殿様だったのも好きだし、秀吉様や秀頼様に敬意を払っていたことは何よりも尊いことだと思うから、敬上慈下と言う言葉は本当に清正のことだなって一人で納得してる。
4/7 2:25 [Twitter for iPhone]



偽りの秀吉像〜の本は内容が濃いので一つ一つ気になるところ
拾って行きたいところなんですが後日で。

他にも読み途中の数冊あるので早めに片付けたい。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.