BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
今迄豊臣兵を名乗っていたが豊臣毛豊兵である可能性が。
これ書いている4/14、正に勝永本発売日だったんですが、
急激な勝永大量摂取で秒単位で発作が起きるので完全に体に支障をきたすし
全然読み進められないのでこれは落ち着いたら単独で記事あげます。

忠実で純粋な豊臣兵を名乗っていたのに毛豊兵(モブ兵)の気質があったの許してほしい
毛豊も豊臣の将であるから広い意味では豊臣兵なので許してほしい。



「豊臣秀吉の古文書」は、普段読む様なハードカバーものではなく
研究のための御本の風格があった。厚手で重くて見た目も中身も豪華でした。


ツイログ。


<4/7>
今日武田の企画展行って来たけど、豊臣以外の他家の場所に行くとフツーに楽しかった気持ちはあるのに見終わった後に何かよそのお家にお邪魔した感ある。
4/7 18:57[ Twitter for iPhone ]

重臣を豊臣と空目したこと十指に余る。
4/7 19:00[ Twitter for iPhone ]


<4/8>
元々半兵衛さん的な意味で聖地なのに昨今南宮山担当になってるから垂井から動けない運命。 合戦の地、垂井へござれ 町観光協がポスター、マップ作成 - 岐阜新聞 Web http://www.gifu-np.co.jp/hot/20160408/201604081114_10268.shtml
4/8 13:11[ Mobile Web ]

http://www.tama-tsukuri.info/大坂の陣400年/跡部信さんの本-豊臣秀吉と大坂城 跡部さんのこの本絶対読んだことあるのにブログに感想書いてなかったから再読してみよう。当初は小説しか感想書き残してなかったからその時期に読んだんだろうな。

4/8 23:01[ Twitter for iPhone ]

「豊臣政権は大坂城を中心にしていたと思われているが、実は首都の城である聚楽第や伏見城のほうが、政権の中心地だった。それにもかかわらず、大坂の陣のころにはすでに、秀吉の本拠=大坂城という誤解が生まれていたという。」
4/8 23:08[ Twitter for iPhone ]

「商都として大坂があまりに繁栄したため、さらに、秀吉亡きあと、豊臣家の後継者である秀頼が「日本最強」と評された大坂城にいたため、大坂城に注目が集まったからだろう。」
4/8 23:08[ Twitter for iPhone ]

たまにクソバラエティで見る光景。 司会「実は大阪城は秀吉のお城じゃないんです!」 群衆「えー?」 俺ら(秀頼様のお城だものな) 司会「今私たちが見ているのは、豊臣時代のお城を潰した徳川のお城なんです!」 俺ら(そっちかよ)
4/8 23:11[ Twitter for iPhone ]

「大坂城で象を飼っていたという事実。家康がコーチ(ベトナム北部)から贈られたものを秀頼に進呈し、大坂城内で飼われることになった。京橋口馬出曲輪は多くの絵図に「サウノ丸」「惣ノ丸」と書かれているが、「象ノ丸」と書いた史料もある。跡部さんはここで飼っていたとにらんでいる。」←可愛い。
4/8 23:12[ Twitter for iPhone ]


<4/9>
秀頼様については現状真説なぞ存在しないに等しいし私も学術的なことなど分かりようもないけど解釈に拘りがあるから一番めんどくさいタイプのヲタクだぞゴルァ。
4/9 2:10[ Twitter for iPhone ]

コックスの日記で秀頼様御一行西国落ちの噂に対して当初は一貫して否定はだったのが二転三転する内にもうなにが正しいのか分からなくなって来たとその話をするのすら面倒と言った体で丸投げしてるの大坂の陣の本を読み過ぎた現代の我々にも通ずるものある。
4/9 2:12[ Twitter for iPhone ]

秀頼様を始めとする大坂方の生存説は何が正しいとか間違ってるとか言う次元を超えているので考察すること自体が野暮だし、仮に他人から否定されたからと言って納得する回答を得られる訳もない猫箱だから宗教枠だと思って頂いて構わないです。
4/9 2:13[ Twitter for iPhone ]

秀頼様は別枠として幸村(not信繁)は英雄は死して完成する感あるのは事実だよな。
4/9 2:14[ Twitter for iPhone ]

インタ面白いなーと思いながら読んでたら又兵衛がいつ頃登場するかさらっと書かれててバレ踏んだ感ある。そ、そこでかー! 意外と知らない、真田丸に見る「大河の裏側」 「チーム論」そして「ネット戦略」 | テレビ - 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/112483
4/9 22:07[ Mobile Web ]

真田丸にはプロデューサーが5人いるらしいんだけど「5人が上手に連携するコツはなんですか?」って質問だけで五人と言う数字反応したし「お互いが少しずつ自分を譲ることではないでしょうか」って回答を見ては、分かる…自軍の人としか話さないようじゃ駄目だなって豊前守が言ってた…ってなってた。
4/9 22:13[ Twitter for iPhone ]

周りの言うことに耳を傾けながら功名を急ぐことなく身内以外とも話しをしながら上を敬い下に優しく人柄温厚で仁徳を積みながら生きて行きたい 勝永パーフェクト武将過ぎるでしょおおおおーー!!
4/9 22:21[ Twitter for iPhone ]

プロデューサー五人のとこ何度も読み返しては我が身に置き換えてる(我が身とは
4/9 22:23[ Twitter for iPhone ]

五人衆は成り立ちの逸話からして一悶着あるし、周りが五人衆と呼んでいたにしても当の本人達に言ったら彼奴と一緒にしてくれるなって言いそうな個性派揃いだから便宜上五人衆って感じだよな。
4/9 22:26[ Twitter for iPhone ]

七将星にすると余計に各人がキャラ立ちし過ぎて、キャラ被りしない様に敢えてこのメンバーにしたのかなってくらいカオスになるから大坂城セブンスターアイドルデビュー待ったなしだな。
4/9 22:29[ Twitter for iPhone ]

丸の三成の話なのに竹本声で再生余裕だったから丸の三成楽しみだわー。 [山本耕史]「日本中から愛される石田三成になる!」 脱ぐシーンに向け肉体改造も http://news.mynavi.jp/news/2016/04/09/047/ #マイナビニュース
4/9 22:45[ Mobile Web ]

山本K史を紹介する時イケメソ!美形!的な扱いされてるの見るけど私の中でこの人大河清盛の頼長だから何かいろんな意味で申し訳ない 頼長演技派だったょ。
4/9 22:48[ Twitter for iPhone ]

まあ頼長美形だから間違ってはないよな。
4/9 22:49[ Twitter for iPhone ]


<4/11>
RT @hinodeya1059 4/11
垂井の居酒屋食堂どんさんからの挑戦状 もりもり毛利丼 大食い自慢の方 必見ですぞ 垂井駅南口すぐ 0584ー22ー6455
4/11 17:06[ Twitter for iPhone ]

垂井に布陣し名将毛利、まで書いた上に盛と毛利で並べて秀元とかどんな引っ掛け問題だよ?!難易度地獄じゃねーの?!
4/11 21:54[ Twitter for iPhone ]

私が籠城垢でなければ「南宮山の毛利と言えば?」で秀元と勝永でアンケート取りたいレベルで勝永善戦すると思ってるんだけど、仮に東軍の目に入った日には豊臣恩顧は足軽でさえいちゃもん付けられて垢消すまで粘着されて豊臣踏み絵で宗門改される未来が見えるから他力本願寺で誰か聞いてくれ。
4/11 21:57[ Twitter for iPhone ]


<4/12>
没後300年に肖像画が描かれた盛親ちゃん、没後400年に伝記が出る勝永のことを考えると500年には何が出るのかって話しだけど、私が生きてる内に大野兄弟本とか七手組の全てとかそーいうの頼むよ。
4/12 8:45[ Twitter for iPhone ]

浪人も好きだけど城方も好きなんで城方の本出してくれ と言うかキムシゲの本出して欲しい 幸村(not信繁)宜しく半分くらい講談の内容で良いから。
4/12 8:51[ Twitter for iPhone ]

http://www.osakacastle.net/news/7926 大阪城の平成27年度年間入館者数が約233万7千人になりましたと。めでたく存じます。
4/12 23:32[ Twitter for iPhone ]

http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/special/vr360/3_osakajo/index.html 丸っと大坂城ぐるぐる回しながら見てる。狩野派綺麗だなあ。
4/12 23:34[ Twitter for iPhone ]


<4/13>
大坂編入ってから「大坂」「秀吉」とサブタイからして体温上がる仕様なので今から大坂の陣のサブタイ予想する遊びしたい。集結とか浪人とか出丸とか和議とか再戦とか突撃とか終幕とかそれらしい単語集めて壁打ちする遊びしたい。
4/13 1:50[ Twitter for iPhone ]

サブタイに統一感あるの好きだからアニむそのタイトルの付け方も毎回素敵だなって思ってた。犬伏回は「決別」にしような。
4/13 1:52[ Twitter for iPhone ]

ARがよくツイートする人名は 1位 豊臣 2位 秀頼 3位 秀吉 4位 信繁 5位 勝永 http://appli-maker.jp/analytic_apps/7673 #よくツイートする人名
4/13 3:29[ Twitter for iPhone ]

RT @msrnkn 4/13
大戦の大坂の陣伝における毛利勝永が将として人間として若い歳の割には成熟しているのは人生が1.5倍速だから説
4/13 13:57[ Twitter for iPhone ]

秀頼様に直属して軍議に参与し、精鋭を統轄した勝永の若年寄説(曲解
4/13 14:09[ Twitter for iPhone ]

キムシゲは出生は諸説あるし前半生は不明だし大坂の陣になってやっと名前出て来るけど出陣は生涯二回きりだし、誓詞取交しは異説あるし勇ましい最期だったと言う割に生存説あるし、出て来る逸話は敵味方後世に至るまで天晴長門守と言う高評価しかないからフィクションかって程ヒーロー像確立してる。
4/13 14:17[ Twitter for iPhone ]

(キムシゲの厚い御本が読みたくて荒野を彷徨ったまま二度と還ることはなかった人間の墓標)
4/13 14:18[ Twitter for iPhone ]

嘘殿がダイレクトに大坂の陣突っ込んできて今迄以上にしっかり読んでしまうんだけど豊臣兵としては全く感情移入出来ないので俯瞰図で眺めてる感じする。
4/13 23:39[ モバツイsmart / www.movatwi.jp ]


<4/14>
これ厚いわ重いわ内容も濃いわで豪華な御本だった。書状がたくさん収録されているのは当然として、釈文と解説がしっかりしているのが良いなと。内容は知ってるものも原文で見ると改めて趣ある…。 豊臣秀吉の古文書 柏書房

4/14 1:02[ Mobile Web ]

当時の史料でも近年の小説でも、治長と治房と言えばお互い険悪だったことしか書いてないのが世の常だけど、大坂将星伝の最後の最後に大野兄弟のめっちゃ萌える描写あるので皆読んで欲しい。と言うか勝永小説なので全編絶賛したいところだけど!
4/14 1:09[ Twitter for iPhone ]

私大坂の陣の小説そこそこ読んで来たと思ってるけど、大野兄弟を殺伐だけでなく優しさのある描写で描いてくれたの大坂将星伝しか知らないから他にもあったら是非是非教えて頂きたい 私が情弱なだけできっと他にもあると信じてるから何卒。
4/14 1:17[ Twitter for iPhone ]

天正十三年十一月二十一日付の秀吉様自筆書状で「秀吉がおねに口答えをした場合には一日一夜縛り付けることが定められた。酒にでも酔った秀吉がおねに上手く書かされたものであろうか。」とかクソ面白いんですけど おねね様つおい。
4/14 1:25[ Twitter for iPhone ]

文禄二年八月九日付のおねね様宛の書状見ててほわほわする。「このなわ、ひろい」(子の名は拾)のところ優しい気持ちになる。
4/14 1:41[ Twitter for iPhone ]

天正十年七月十一日付 羽柴秀吉血判起請文。現存唯一の秀吉様血判起請文。細川幽斎、忠興親子に身の上の保証を誓ったもの。熊野本宮の牛王宝印を用いている。明智に与しなかった藤孝父子の行動と、秀吉様と藤孝の良好な関係からこの書状を認めたのだろう。
4/14 2:00[ Twitter for iPhone ]

文禄三年九月二十一日付 知行方目録。羽柴江戸大納言殿宛の秀吉様朱印状。三重県亀山市、関地蔵院蔵。秀吉様とヤスの権力関係については昔も今も議論は尽きないが、この頃のヤスの本姓は豊臣家康であったことが確実である。
4/14 2:12[ Twitter for iPhone ]

万暦二十三年正月二十一日付 明王贈豊太閤冊封文。明の万暦帝が秀吉様を日本国王に冊封することを認めた公式文書。頼山陽の日本外史によると秀吉様は本状の「封爾為日本国王」と言う不遜な態度に激昂し明からの贈り物である冠服を脱ぎ捨て冊書を引き裂いたと書いてあるが、実際は間逆だった様だ。
4/14 2:17[ Twitter for iPhone ]

明の使者として冊書を秀吉様の許に持参した沈惟敬やルイスフロイスは、秀吉様は冊書を受理し頭上に頂き、中国語で万歳と唱して冠を拝領したと述懐している。国際的地位を受け入れたことを喜んだ説は先日の本でも読んだな。
4/14 2:21[ Twitter for iPhone ]

ただ、明の冠服に嬉々として袖を通したことと冊封を受けたことは秀吉様の理解の中で必ずしも一致していないとも考えられ、今後の研究が待たれる。
4/14 2:21[ Twitter for iPhone ]

慶長三年三月十八日付 朱印状。清正が蔚山、西生浦の二城を一人で守るのは難しいと言上したので慶長三年正月二十二日に秀吉様は蔚山を清正、西生浦を毛利吉成、釜山を寺沢広高とし、毛利秀元1500、小早川秀秋500を釜山に待機させ四国衆は城普請(泗川)が済めば帰朝して良いとした。
4/14 2:45[ Twitter for iPhone ]

しかし本状に「先書」とあるので、正月二十二日以降に別の朱印状が出て四国衆は西生浦支援に変更されたことが分かる。しかしこれも変更され五月二十二日、亀浦を放棄した秀吉様はその城主黒田長政を西生浦に送り西生浦にいた吉成を釜山に加えた。効率を上げる為に以前の命令に拘らないことが分かる。
4/14 2:48[ Twitter for iPhone ]

最後は年月日不詳の秀吉様自筆書状。淀殿(おかかさま)宛。淀殿の手紙が見事だったことを褒める。(現存しないが、秀頼様に関して気の利いたことでも書いていたのだろうか)指月伏見城普請の1593/3~11頃と推測される。数日中に伏見城普請を一段落させ大坂へ帰り積もる話をしたいと書く。
4/14 2:53[ Twitter for iPhone ]

返し書きでは、当時2歳の秀頼様にやいと(灸)を据えるのは無用とする。たとえ淀殿でも秀頼様に灸を据えてはならないとする。いくら灸が健康に良くても万が一火傷でもしたら大変と判断したのだろう。父親として万事子供の健康に気を使う秀吉様の姿が垣間見えて微笑ましい。
4/14 2:55[ Twitter for iPhone ]

積んでる豊臣本が多数あったのを少しずつ消化してたんだけど、論文や図録で視点も違うあれこれを同時に読み過ぎて段々豊臣とは何ぞやみたくゲシュタルト崩壊して来た。
4/14 3:34[ Twitter for iPhone ]

日本史無関心層は豊臣と言えば秀吉様の苗字と言いそうだし日本史齧った層は姓ではなく氏と言うだろうけど、豊臣埋没層にとっては家であり主君であり帰属対象であり自らの総称であり従うべきものであり守るべきものであり信じるべきもの(後略)であり、一つの単語の範疇を逸脱しているから豊臣は概念。
4/14 3:42[ Twitter for iPhone ]

永年モブでも豊臣兵を名乗る以上はその名に恥じない生き方をしなければならないと思うしあれ程までに誉れ高いお方が自分の主だと思うと誇り高い気持ちになれるから、どんな時でも忠実な豊臣兵でいたい。
4/14 3:43[ Twitter for iPhone ]

http://m.area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar1046201/le2228/20160331/2_201603291629151291/ 鹿児島垂水市の、宇喜多秀家旧居跡。マニアックだけど行けるなら行ってみたいわ。
4/14 18:01[ Twitter for iPhone ]

http://www.morireki.jp/exhibition/detail.php?data_id=559 「盛岡南部家の生き方・第1部 -乱世を切り抜けた南部家と盛岡のはじまり-」 盛岡藩のフォロワさんは承知の内容だろうけど私が豊臣軍なので南部を支援しとく。
4/14 18:11[ Twitter for iPhone ]



こんな感じで秀頼様の古文書全集も出して下さらないでしょうか
殆ど黒印状で自筆は少ないと言うけれども秀頼様のものなら取り敢えず齧ってみるし
信憑性に拘らず豊臣への優しを感じるものは割と何でも美味しく食べますので
別に古文書でなくても良いのです。
秀頼様関連のものだけを集めた図録的な資料が欲しいのです。

…やっぱ自分の本棚が安定の癒しだな。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.