BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/06/12(日)   CATEGORY: 梅内創太
「四弦のエレジー Phrase 19」読みました。

ローレンツが天才かと思ったらたった一号でミスリードだった。
やっぱりエンリコか!どっちもエンリコだけど!

いや、面白くなるのはこれからだと思うけど
段々ミステリー?サスペンス?ぽくなって来たぞ…。


実は、天才的な演奏をしていたのはローレンツでなくスクレットだった。
ただ、人格的に問題がある?(引っ込み思案?)スクレットと比べ、
ローレンツはみんなの人気者だった。

ある日、ある部屋から聞こえて来た見事な演奏。
その奏者をスカウトに来たのがユリウスだった。

これ、仮にローレンツがユリウスにそのままスカウトされていても、
すぐに実力が伴わないことがバレバレになるのでは?
でもその前に氏んでしまったからばれなかったとか…?

と言うかあの場面もスクレットがローレンツに手を下したとは
全く描いてないし、一年以上もこの漫画を読んでいる者からしたら
スクレットがそんな恐ろしいことをするとは全く思えないし
実際にローレンツが亡くなっているにしても
犯人は別のところにいるのでしょうが。


ここ数ヶ月成長したアリョさん好き好き言ってたけど
回想シーンのアリョちゃん可愛すぎわろた…
アリョちゃん可愛いと言う原点に回帰した。


アリョの楽譜を「視て」、自分の眼の前に現れたローレンツが
本物のローレンツである筈がないと確信するエンリコ。

屋敷に帰って来たユリウス、ローレンツを迎えるエンリコの暗黒の笑み…
真のエンリコはどちらか来月明かされるのか?
エンリコの明日はどちらだ?そもそもお前は誰なんだー!


そして今月読んで、ああもうゲッサンにレミゼはないんだな…ってぼんやり考えました。
四エレあるから本誌追うけどね。
もう四エレだけがゲッサンの良心だから頼みますぜ;;
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.