BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/06/19(日)   CATEGORY: その他イベント
「長野剛原画展」行って来ました。
人間五十年。
歴史人の表紙やこーえー様の三国志ジャケットで名高い
長野剛さんの原画展があると言うので行って来ました。

<概要>
歴史イラストレーション長野剛の世界 長野剛原画展”開催概要
◆開催日:2016年6月17日(金)~19日(日)
◆時間:11:00~19:00(19日は17:00閉場)
◆場所:銀座かねまつ 銀座6丁目本店(東京都中央区銀座6-9-9 5階 銀座かねまつホール)


油絵の原画たくさんあって、見たことある絵もあったので
これかーーと感動しました。

入口で、メインビジュアルになってる幸若舞信長のポスターを頂いた。
予想以上にしっかりした原画展で、ファミ通サイトによると、約50点あった様子。

関ヶ原祭のポスターとか肉筆油絵どれも凄く綺麗でした。
あまり盛り上がる程塗られてはいないんだけれど、
しっかりと塗られた跡のある原画はどれも惚れ惚れする程に美しく、
長野先生の圧倒的絶対的な力量に感服するばかりだった。

この日は13時から先生が会場にいらしてライブペインティングを
されていたのだけれども、キャンバスに描かれた信長公は
素人目には殆ど完成系に見えたのに先生的にはまだ2割だったらしい。ひええ。


絵画のテーマとしては、かなり概算だけれども
4割三国他中国系、3割戦国系、2割幕末他日本史、1割がMAD MAX他かな。
幸村のは数万円見つけたけど秀頼様の絵画はなかったかな。
真田三代や長宗我部元親信親盛親の絵はあったけど
大坂の陣メインのも見当たらなかったかと。

因みに気になるお値段については
三国志ジャケットの大作が400マソとか
三国志小説の表紙が130とか
関ヶ原ポスターになってた大きいのが240、
それより少し小さめのが100弱とか
まあ大体それくらいでした。
でもそれでも長野先生のガチファンからしたら一生モノの絵画を
お迎え出来るの千載一遇大歓喜ですよねえ。

長野先生は版権元から依頼された絵を描いているので、
自分の好みで描く描かないとかそう言うのではないぽいので
仕方ないとは言え残念な気がするけど慣れてるから大丈夫です(?)。

この手の、普段原画を見られる機会がない方の原画展は
特に有難い気がするから定期的にやって頂きたい。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.