BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/07/13(水)   CATEGORY: 梅内創太
「四弦のエレジー Phrase 20」読みました。

アリョはやっぱ笑った方が可愛いよ;;

そしてアリョを励ますブーレーズ兄弟もっと可愛い。
ブーレーズ兄弟の明るいノリに癒されたし
フランソワのが子供ぽくてジネのが常識人ぽくて大人びてるの好きだよ。


エンリコ・ローレンツを名乗っていた彼はジークフリートと言うらしい。
エンリコ・ローレンツの影武者?その正体は未だ不明だけれども
そりゃあ本当にあの人が死んでいたなら今目の前にいるのは別人よな…
彼もまた双子?ぽくて三組目の兄弟ですか?!梅内設定大作烈ですね!!


音楽勝負は、来月の演奏会に持ち越される。
狂王オットー一世のための、エンリコとジークフリートの二重奏…
不協和音になる予感しかしないのだけれども彼等も音楽家である以上
公私分け隔ててプロの仕事をするのかしらん。
そのタイミングでアリョ合流でブロイアー兄弟の二重奏になるかもとか
安易な予想でも置いておきます。



アリョを心配し励ましてくれるフォーレ先生はフツーに優しい良い教師で
言葉だけでなくあの話し方にも心が温かくなった。
初登場時のインパクトは何処へやらですっかり丸くなったよねこの人…。

そして鈍い兄さんと鋭い弟、ブーレーズ兄弟のコントみたいなやり取りわろた
何故彼等の家の鍵でアリョの部屋の鍵が開けられるんだw

「本当に欲しいもの」として、エンリコの名前を出し
完全に吹っ切れたような表情になるアリョ。
アリョを励ますジネ、ジネに対しては極度の心配性であるフランソワ、
ああー、この兄弟のこういうところが好きなんだ。


各々の目的が交差する中、決着をつけられるのは因縁のブロイアー邸か。
来月は単行本四巻も出るようで、次の表紙誰になるかも気になります。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.