BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/07/14(木)   CATEGORY: 美術館・博物館
真田宝物館 戦国の絆 第2期展示見て来ました。
恒例の宝物s。
真田宝物館第2期見て来ました。

ステージ3のテーマが真田信之と大坂の陣で、信吉信政関連のが
諸々あったんだけど、信吉も信政もよく頑張ったものの真田隊も損害は多く~とか
つまり勝永だった(勝永毛ンスター




ツイログ。


<7/13>
真田宝物館 戦国の絆 第2期。長束正家等連署状。昌幸宛。1600/7/29。ヤスを糾弾し伏見城を攻めていること、大坂城西の丸には輝元が入ったこと、大名の妻子は人質として召し置いている事等を告げる。秀頼様の名前に二文字分の欠字あり。
7/13 15:07[ Twitter for iPhone ]

ヤスが秀吉様の御置目に背き誓紙を違えているのは先の手紙の通りです。今回の上杉征伐に理由をつけてはいますが同意することなく一人で東日本下向しています。この様に一人ずつ討たれてしまえば秀頼様を一人前にすることも出来ません。
7/13 15:09[ Twitter for iPhone ]

中略)貴方は太閤様がとくべつ懇意にしてくれたことを忘れずに秀頼様に忠節を尽くすことが肝要です。(中略)みなが下向してしまっても、いつでも秀頼様に忠節を誓うべきで、是非とも忠節を尽くすのはこの時です。 正家、長盛、玄以 真田安房守殿 御宿所
7/13 15:12[ Twitter for iPhone ]

信繁より家臣、木村土佐守綱茂宛書状。歳暮に鮭を貰った御礼と、兄信之が江戸で活躍していることを喜び、追伸として、慰めとして連歌を始めたが年をとってからの学問なのでなかなか上達しないと述べている。慶長年間 極月晦日
7/13 15:15[ Twitter for iPhone ]

信繁の絶筆(複製)。小山田主膳と村松宛。定めなき浮世なのでもうこの世のものとは思って下さいますな。
7/13 15:16[ Twitter for iPhone ]

大坂の陣に参戦した成澤家康の鎖帷子。真田家の家臣。旗持ちとして参陣していた。本多忠勝書状。1605頃か。真田家家臣湯本氏宛。世話になった礼、信之が上洛したので色々話をした、草津温泉に行きたい、娘を頼む。小松の娘、見樹院が所持していた小松の遺品の扇。
7/13 15:21[ Twitter for iPhone ]

信之短冊。にしへちろり 東へ知路里(ちろり) あか月の 明星乃ごとく 和身成けり 信之」関ヶ原の際に父子が東西軍に分かれた時の心情を詠っているとも伝えられる。
7/13 15:23[ Twitter for iPhone ]

信之印章。御居判(おすえはん)と呼ばれる買お花押の印章2つと、御印判(ごいんばん)と言う小さな丸印が紐で結ばれている。花押印判の内、やや縦長のものは寛永末頃、やや横長のものは明暦頃に使用例が見られるかたちである。
7/13 15:25[ Twitter for iPhone ]

1638/2/17信之判物。江戸ののから松代の家臣達へ。火の用心を申し付けたり、皆老いてきたので何事も相談する様にと述べる。九州島原の仕置についても毎日報告があるがきっと近々落城するでしょう。
7/13 15:27[ Twitter for iPhone ]

ステージⅡ 真田 天下分け目をゆくー小田原攻めから関ヶ原の戦いー。1585/10/17 秀吉様からの昌幸への最初の手紙。切封あり。1589/11/10ヤス判物、名胡桃については秀吉様に報告せよ。1589/11/21秀吉様朱印状。名胡桃奪取を聞いた秀吉様の書状。北条は許さない。
7/13 15:36[ Twitter for iPhone ]

豊臣秀吉条目。1589/11/24。北条氏直への最後通牒。北条討伐を述べた内容を全国の大名宛に出す。2.5mくらいの長さ。上野の裁定を秀吉様が行ったのに北条が名胡桃を奪取したことを糾弾、氏政は出仕すると言ったのに上洛しない、氏直が天道に背き帝都に奸謀をしていると強く非難。
7/13 15:40[ Twitter for iPhone ]

刀 無銘 伝 三原。朝鮮出兵の折、恩賞として昌幸が秀吉様から拝領。小柄や目貫に九曜紋と五三の桐紋あり。
7/13 15:41[ Twitter for iPhone ]

新出の信繁判物。1590/8/10。安中平三宛、信繁が名字と知行を与えたもの。この度ずっと走り回って働いてくれたことは言うまでもない。これによって名字を出し置くので、本来の望みが叶ったなら、恩賞を更に与えよう。天正十八年 庚寅 八月十日 信繁 (花押)安中平三殿
7/13 15:45[ Twitter for iPhone ]

秀吉様から拝領したフィリピン・ルソン島の蓮華王の壺、卯の花の茶壺、昌幸信之信繁宛の普請奉行連署状(1680人の伏見城普請を命ずる)。昌幸の信之宛書状。1600/3/13。ヤスが伏見から大坂に移ったため多くの大名が大坂に移り、信之信繁の屋敷も大坂に出来たと伝える。
7/13 15:48[ Twitter for iPhone ]

三成から信之への書状。やっと病気が治ったから会いたい。他、三成書状六点。1594~1599。9/25,6/9,8/20,24日(?),7日,19日。伏見城普請で屋敷に帰ることも出来なかったが近日中に明けたら積もる話がしたい、織田秀信が草津温泉に行きたがっている等。
7/13 15:54[ Twitter for iPhone ]

昌幸の昇梯子鎧。1600/7/27信之が東軍についたことを褒めるヤス判物は大きな文書。(秀吉様やヤスは、自らの権威を表すためにより大きな使っている)
7/13 15:57[ Twitter for iPhone ]

1600/7/30大谷吉継書状。昌幸信繁宛。真田父子の妻子は吉継が預かっている、伏見城は間も無く陥落する。太閤様のお定めに背き秀頼様を蔑ろにしています。内府違いの十三条は皆納得しているから不審に思わないで下さい。どちらに出陣するにしても秀頼様をお見捨てにならないことが大切です。
7/13 16:01[ Twitter for iPhone ]

どちらに着くか態度を明らかに出来ないかも知れないが返事が欲しい。 この書状も、太閤様や秀頼様の名前には0.5文字分くらいだけど欠字用いてるのが分かった。
7/13 16:02[ Twitter for iPhone ]

1600/7/晦日三成書状。挙兵を事前に知らせなかったことを詫び(ご立腹も仕方ないことです)細川幽斎忠興父子を攻めたが、朝廷に泣きついたので命だけは助けたと伝える。三成は景勝との連絡役に昌幸を当てていた。信幸信繁にも申し入れるとあり、三成は信幸が東軍についたことを知らなかった。
7/13 16:07[ Twitter for iPhone ]

長束正家等連署状。1600/7/17。最も早い西軍からの誘いの書状。正家長盛玄以。秀頼様への忠節を尽くして下さい。内府違いの条々が付属していたと思われるが真田家には伝わっていない。
7/13 16:09[ Twitter for iPhone ]

ステージⅢ 真田信之。大坂の陣と信之。京都 大法院の信之画像。信政の金色の采配。信政甲冑 黒絲毛引縅二枚胴具足。元は茶絲縅だったが江戸中期に黒に染められた。赤色の信政の采配。1615/10/2信吉書状案。矢沢家伝来。信吉の戦功を讃えたもの。30余りの首を討ち取った。
7/13 16:14[ Twitter for iPhone ]

一方真田家でも36騎が討ち死にし35騎が手負いになった。本多忠朝の右手で奮戦したと書いてあるけどよーするに討ち取ったのは豊前毛利隊です!好きです!(突然の告白
7/13 16:15[ Twitter for iPhone ]

それと同内容の真田信吉書状案(より下書き的で追記や見せ消しが多い)。1614の大坂城図。1615/4/16信之書状。矢沢頼幸、木村綱茂宛、戦場に行くには先の様子を確認し、何より公儀(大坂の陣)には必ず間に合うことが重要、信吉ら二人を頼むと書く。
7/13 16:18[ Twitter for iPhone ]

信之書状、1615/6/2。矢沢頼幸、木村綱茂宛。信吉の戦功がヤス秀忠に伝わったことを喜び労う。信之書状、1615/5月。討ち死にした佐藤三九郎の戦功を賞し、重郎右衛門(三九郎の息子か)と共に加増する。信之は大坂の陣で亡くなった者に対してその後の知行や安堵を行っている。
7/13 16:22[ Twitter for iPhone ]

信之の鞍、黒塗稲妻形蒔絵鞍。三代藩主 幸道もこの鞍を使用していたと伝わる。伝信政所用の陣羽織。二領。猩々緋の毛織物で襟は花模様と豪華なつくり。背に六文銭を配す。
7/13 16:24[ Twitter for iPhone ]

信之書状、1601/8/5、原半兵衛へ知行を与える。1601/8/7、矢沢忠兵衛頼幸に同心を預ける。1624/10/3、祢津伝八宛、知行を与える。1624/10/3上原八左衛門に知行を与える。昌幸のち信之所用の刀 無銘。
7/13 16:27[ Twitter for iPhone ]

ステージⅣ 真田家伝来の大名道具。江戸時代の弓、長柄傘、厚総馬具一式、鞠扇、鞠台、鞠沓、源氏かるた、香道具箱、松代藩の絵師 三村晴山筆の雲龍竹虎之図、等々。
7/13 16:31[ Twitter for iPhone ]

見終わった。
7/13 16:39[ Twitter for iPhone ]

おじさん三人がここは凄い!NHKの600円のに比べたらここは凄い!と大絶賛してて、初めてなのかなと思ったら何だか微笑ましくなった。
7/13 16:49[ Twitter for iPhone ]

真田宝物館では東軍西軍諸将から真田家への参加要請関連たくさん見られたんだけど、個人的お勧めは長束正家等連署状と大谷吉継書状です 太閤様や 秀頼様の名前の前に明確に欠字見られるのが彼等の心境をよく物語っているから注目して欲しい。 [返信元]
7/14 17:23[ Twitter for iPhone ]

今回の訪問ルート考えると毎度凄い真田推しの人みたいだなって他人事の様に感じたりするけど何見てもキャー豊臣する勢だから今回もキャー豊臣出来て楽しかったです。秀吉様の書状はそこそこ見られたからねえー 秀頼様関連はほぼ皆無だったけど。
7/14 16:39[ Twitter for iPhone ]

宝物館で三成からさいつ殿宛書状7点展示されてたの胸熱くなった。本当に差し障りのない日常のやり取りだし三成のきったない字(愛嬌)も普段の三成って感じでね。今年の宝物館の企画展示は第二弾始まったばかりだけど、全部行きたいから次は晩秋かな。
7/14 16:44[ Twitter for iPhone ]




いよいよ秋が淀殿短冊とか大坂の陣関連来るぽいので期待大ですね
大坂夏の陣図屏風(複製)も来るらしいので、普段大阪までは行けない人にも
大河にかこつけてふらっとツアーバスで来た人にも
老若男女色んな人に等身大のあの屏風を見て頂いて大坂の陣に思いを馳せて頂きたい
その上で大坂の陣に興味を持って大阪城を訪問して豊臣が好きになって頂きたい。

秀頼様の話だったら私も付き合うから秀頼様に興味ある人は
どうぞお声かけて頂きたいですわ
ただ宗教戦争になる覚悟はしておいて欲しいな!(ハイリスクローリターン
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.