BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/07/25(月)   CATEGORY: 真田丸
真田丸 第二十九話「異変」
真田丸 29話見ました。

秀吉様カウントダウンなんだけど公式と解釈違いで自分乙過ぎる(;ー;)

お拾様の初上洛スルーに関しては100歩譲るとしても
地震加藤はフィクションだから実装されなかったんです?
どうせ大河自体フィクションなので清正見たかったぞゴルァ!

お拾様がまだ成長されるまでは清正だけが天使枠なのに
最近全然出番ないじゃあねえか おこ。



ツイログ。



<7/25>
慶長伏見地震前の灰が降ったところで、慶長19年思い出した自動大坂の陣変換器はフライング集合して即解散した。
7/25 21:42[ Twitter for iPhone ]

実際のところ地震と降灰なら大陸の動き的な意味で関係あるかも知れないけど方広寺鐘銘の時は人為的要因だから天変地異とか結果論だからな?!後付けでそう言えばあの時はこんな予兆があったとか言われても何も大きな事件がなかったらそのままスルーされて埋もれて終わるだけだから?!
7/25 21:44[ Twitter for iPhone ]

地震加藤は史実ではないから別に清正来なくても仕方ないんだけど清正見たいのに全然出番ないことに憤慨してんだよ私は。
7/25 21:45[ Twitter for iPhone ]

この地震で方広寺も倒壊して自分の身も守れないのかと秀吉様が大仏に激怒したのは有名な話。
7/25 21:46[ Twitter for iPhone ]

「長沢聞書」によると、慶長19年7、8月頃から大坂の陣が取り沙汰されていた。春より下々では門屋、木戸屋と言う言葉が習慣になっており、「十五にならば(家の)前に垣を召されよ」と言う唱歌をひたすら歌っていた。
7/25 21:50[ Twitter for iPhone ]

五月晦日には大雨が降り、摂津河内和泉の三国の境がなくなって一つの国のようになり、摂津国の大堤が切れたのを「今ぎれ」と言った。六月末より伊勢踊りが流行り、国々から人が集まり、大坂の陣が始まってもそれに構わず踊った。
7/25 21:51[ Twitter for iPhone ]

九月に天下が輝くほどの光る物体が東から西へ飛んだのは午後六時ごろで、 十月二十五日に大地震、その他様々なことがあったと言う。大洪水、彗星飛来、大地震と天下の大乱が起こることを暗示させる天変地異が続き、そうした中で伊勢踊りが爆発的に流行し人々が諸国を周り大坂に集結した。
7/25 21:52[ Twitter for iPhone ]

つーかお拾様の初上洛するっとスルーされててお拾様側近憤慨ですよ おまけに慶長伏見地震でも秀吉様はお拾様を抱いて無事に外に出られてるのに丸吉様あんなきょどってて大丈夫か わーーお拾様従五位上おめでとうございます!
7/25 22:35[ Twitter for iPhone ]

聚楽第ももう直ぐ壊されると言うことだとか言ってる間に気付いたら伏見城(方広寺もね)が壊れてたとか何が何やらだぜ。
7/25 22:37[ Twitter for iPhone ]

お拾様が初上洛される際に秀吉様はそれこそ物凄い準備もされてるし禁中では見事な能を披露されたりするからこの時系列で秀吉様やべーんじゃないかとか思ってる人いたらあくまで丸の創作の範囲の秀吉様だと思っておいて欲しい。
7/25 22:40[ Twitter for iPhone ]

この地震があったことでいよいよ文禄から慶長に改元されるから血気盛んな慶長民いよいよアップ始めておけよって話だ。
7/25 22:42[ Twitter for iPhone ]




来週の予告絵で清正(と三成)がすっかり弱られた様子の秀吉様に謁見している
画像を見たので清正やっと来てくれるんだね…。

ぶっちゃけこんな様子で慶長の役を乗り切れるのかって怪訝な目で見ているんですけど
蔚山戦気付いたら終わっているに違いないので早く大坂の陣やれって言っておきます。
あと2か月は仮眠出来るな。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.