BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/08/20(土)   CATEGORY: その他イベント
(8/20) ディズニー・オン・アイス 「アナと雪の女王」 見て来ました。
ディズニー・オン・アイス 「アナと雪の女王」 (@横浜アリーナ)見て来ました。
エルサ可愛い。

今年は代々木体育館でなく横浜アリーナのチケを取ってしまったので
横浜遠征して来たんですけど、こっちは会場狭いものの
アリーナからリンクへの距離が近くて演者さんの表情も肉眼で見られたので
それはそれで良かったかなと思いました。
涼しくて好ましい。

序盤で「その場で立っても良いし、本番では一緒に歌ってね!」とか
「自撮りをしてお友達に写真を贈っちゃおう」とか諸注意が他のものと全く違ってお、おう…と
思ったのは昨年と同様だった。
幸いその場で立つような人も大声で歌うような人もいなくて落ち着いて見られましたよ。
18時の回だったので他の回よりも子供が少な目だったのもあるのかもしれないけど。


開幕して最初にミッキー、ミニー、グーフィーが出て来て「愛の物語を見たい」と前振り。
白雪姫と王子、アリエルと王子、ラプンツェルと相方、シンデレラと王子、
シンバとイノシシ、トイストーリーの二人、ファインディングドリイとニモともう一匹…
それくらいかな、あとドナルドが出て来てみんなで滑り踊っていた。


そして今年の主役、アナ雪のフルストーリー。
劇中歌は一通りやってくれたかな。

氷をそりで運ぶ子供時代のクリストフとスヴェンで「氷の心」。
子供時代のエルサとアナが可愛い「雪だるま作ろう」。
お祭りの賑やかな様子がわくわくする「生まれてはじめて」。
おめでたいと言うよりめでてーな、な一曲「とびら開けて」。
一番美しい今作一番の見所「レット・イット・ゴー」。
クリストフが楽器を奏でてくれる「トナカイのほうがずっといい」。
オラフ大活躍でアンサンブルもフルキャストだった「あこがれの夏」。
アナとエルサの掛け合いが切ない「生まれてはじめて(りプライズ)」。
大人数がトロールとして登場し完全にミュージカルだった「愛さえあれば」。
EDを飾った「Let it go」(Demi Lavatoバージョン)。



「レット・イット・ゴー」で第一幕が終わり、前半で良いところ全部やってしまったんじゃないかと
思ったら後半の「あこがれの夏」と「愛さえあれば」がアンサンブルフル登場で
重厚な一曲になっていて吹いた そんなメイン張れる曲だったのかw

「レット・イット・ゴー」のエルサの脱皮が早かった…。
最初に出て来た次点でマントの下にいつもの水色のドレス着ているのは分かったのだけれども、
「風が心に囁くの~」くらいだったか、かなり序盤でもぞもぞしてて
サビが始まる数フレーズ前にはもう脱皮完了だったんですよ 早いよ。
少しずつ吹っ切れていく様子が良いのにな!仕方ないか!
月並みな感想で申し訳ないけどエルサは凄く綺麗で可愛くて優しそうで良かったよ。

台詞や音楽は全てDVD(歌も全て日本語版、EDだけ英語)のものをそのまま流しているので
円盤見直したくなった。本当のところは3Dの映画で映画館で見直したいくらい。

アナ雪はハートフルストーリーだしキャラクターも可愛いし
映像部分も綺麗だし舞台美術や雪等の演出も素敵だったし
オンアイス(スケート)の題材にもぴったりだしで、
今年も本当に良い出来でとても楽しかったです。



来年はまたオールキャスト的なテーマになるみたいなので見に行くかどうか不明。
でもアナ雪も入ってるぽいし機会があったら良いな。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.