BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/09/10(土)   CATEGORY: 美術館・博物館
長浜城歴史博物館 「父・石田正継と兄・正澄 」見て来ました。
長浜城の常設展示『秀吉と長浜』 「父・石田正継と兄・正澄」を見て来ました。


<開催趣旨>
石田三成の活動を考える際、その父・正継(まさつぐ)と兄・正澄(まさずみ)の存在は重要である。
父・正継は多忙な三成に代わり、堺代官や、三成の居城佐和山城の城代となり、領内に多くの制令を発している。
兄・正澄は天正16年(1588)に三成から堺町奉行を引き継いだ能吏(のうり)であった。秀吉側近として政権の中枢におり、三成の仕事を援助していたと推定される。
慶長5年(1600)の関ヶ原合戦の時、二人は佐和山城で留守居をつとめていた。合戦で西軍を破った東軍は、佐和山城を攻め、正継と正澄の二人はここで自刃して果てた。
戦国時代は父母・兄弟分かれて戦うことも多かったが、三成の父兄が共に三成と運命を共にしているのは、彼らが秀吉政権下で三成の働きを支え、一心同体で政策を実行していた結果だと考えることが出来るだろう。

□ 会期 平成28年9月7日(水曜日)から10月16日(日曜日)
□ 会場 長浜市長浜城歴史博物館3階展示室



二階は特別陳列 「引き札からみる長浜Ⅴ」 特別陳列「曳山文化の広がり」
(平成28年9月7日(水)~10月10日(月))を開催してたのですがそちらは割愛。

ツイログ。

<9/10>
長浜城。浅井長政書状(樋口尚房宛)、亮政書状(相撲庭百姓宛)、久政画像複製、長政画像複製、小谷城絵図、十文字槍、秀吉様画像(北村李軒画)、羽柴秀吉陣立朱印状(佐々成政攻め)、直槍、四戦場図屏風(左隻、有澤永貞、姉川の戦い)
9/10 10:39[ Twitter for iPhone ]

常設展示 父正継と兄正澄。三成画像(前田幹雄、本館蔵)、正継蔵複製。正継は公文書でも口語的で気さくな人柄。また黒印の他当時としては珍しい藍印(青い印)を使い、洒落た人物像を思われる。正継制札(観音寺寺僧宛)、佐和山古図、正澄書状写(伊香郡古橋村百姓中宛)。
9/10 10:43[ Twitter for iPhone ]

正澄は十人衆として五奉行より一段低い地位吏僚だが醍醐の花見でも松の丸殿に随行しており秀吉様側近の中枢にいた。先の正澄書状写について、正澄は石田家の正嫡。古橋村が正澄三成母の出生地として正嫡家の直轄領であった可能性が高い。
9/10 10:45[ Twitter for iPhone ]

正澄判物(ほうゑ寺村百姓中宛、年貢納入のトラブルがあった様子)、馬藺後立付兜複製、桃形大水牛脇立兜複製、刀(越前康継作)、石田城跡集記、佐和城旧居 記、おあむ物語。
9/10 10:48[ Twitter for iPhone ]

二階は引き札いっぱいでめでたい。福助と大黒さんがいっぱい。
9/10 10:55[ Twitter for iPhone ]



長浜城の常設展示はコンパクトで親しみやすい感じがして好きだよ。
大阪城が天下人豊臣秀吉様のお城として堂々とした風格を持っているのに対し
長浜城は若かりし頃の羽柴秀吉様がそこにいる様な親しみやすさがあると言うか。
それでいて且元押し淀殿押しなのも良い。
近江は浅井のお膝元だけれども長浜は秀吉様押しなのも良いね…
もしかして近江の括りで言うと複雑な人もいるのかもしれないけど。

昨年は且元を特別展で開催してくれたので、そろそろ守久も押して下さらないかしらとか
こっそり思っておきます ここもアンケート設置してくれたら良いのにな
直メでもしろってか それとも長浜城の方が講演会した時にでも直撃するしかないのか
速水甲斐の旅は続く <~To be continued~>
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.