BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/09/16(金)   CATEGORY: 観劇いろいろ
(9/15マチネ)舞台「真田十勇士」見て来ました。
一勇士。
舞台「真田十勇士」を見て来ました。

壮大でスペクタクル、パワフルでエネルギッシュな戦国エンターテイメント!
客席降りが多く臨場感があって、プロジェクションマッピングによる映像技術と
音響効果を駆使した一大作品でした。
仮想戦記は楽しんだもの勝ちだ。


ツイログ。



<9/15>
昨日は国立劇場、今日は新国立劇場だー。舞台真田十勇士見て来る。
9/15 12:31[ Twitter for iPhone ]

休憩。淀殿の側近に大野兄弟いて興奮した。治長が名前を呼ばれるのはまああるけど治房が舞台に出ること自体珍しいし兄上!ってちゃんとセリフあるの嬉しくない?!大野兄弟好きは其処だけでかなり反応するぜ。
9/15 14:29[ Twitter for iPhone ]

淀殿が幸村に懸想してるのクソワロですけど そんなビッチじゃねーですから!ほんとさ!
9/15 14:29[ Twitter for iPhone ]

加藤才蔵の登場場面「ただ一つ~、残ったのは~」とまさかのロナン!佐助「いやここ帝劇じゃないからね?!」のコントで1789クラスタ狙い撃ちされた 好きです!ここの才蔵好きです!!ロナンかっこいいよー!1789再演してくれー!!
9/15 14:31[ Twitter for iPhone ]

才蔵はブリの白哉系の話し方と圧倒的イケメソ且つ腕の立つ忍びで本当素敵だった 今回の舞台はまず秀頼様の描写気になってたけど役者だと加藤さん目当てだったから嬉しいな。
9/15 14:33[ Twitter for iPhone ]

秀頼様はまだ大坂城の評定のところで一回出て来ただけで、その後村井さんはずっと甚八だったけど第二幕できっと克哉してくれると信じてる そうに違いない。
9/15 14:34[ Twitter for iPhone ]

この舞台は特に映像にもお金かけてるなーと思った。九度山や山の中や大坂城の映像云々の場面背景もだけど、場面転換に一々映像用意してるから余計に。ワイヤーアクションも多め。大道具は石垣を一番メインに使っててそれも迫力あるかな。お金かけてる舞台はやっぱ見栄えするよね。
9/15 14:36[ Twitter for iPhone ]

ブラックボックス的な舞台も好きだし別にお金かければ良いものが出来るとは思わないけど、今回は舞台と映像の融合を意識しているのかもと思った。それは同時期に同名の映画のことも多大に意識しているのだろう。
9/15 14:38[ Twitter for iPhone ]

十勇士は穴山小助いない代わりに真田大助を入れて10人にしていた。甚八が秀頼様なのは影武者になるからかな。今回初見だからあらすじ知らないけど役者被ってるのそうとしか考えられない。
9/15 14:39[ Twitter for iPhone ]

ところで開演前にずっとマーラーのアダージョ流れてて慶長の九度山や大阪府と言うより完全にベニスだったし美しい死の天使に誘われて死にそうだった。
9/15 14:41[ Twitter for iPhone ]

真田十勇士見終わり。派手な舞台装置、大掛かりで爽快感のあるアクション、魅力的なキャラクター、上手い役者さんと脚本演出含め良いとこ揃いで大満足です。好きなキャラも多かったし描き方も良かったよお。
9/15 16:34[ Twitter for iPhone ]

唯一不満を言わせて貰うと幸村と淀殿が本気で恋愛関係だったのだけが不満です!これだけはないから!秀吉様の名前も一言も上がらなかったし、淀殿の最後のセリフが幸村殿今参ります、的なの違うでしょお!幸村の遺言が御方様と秀頼様をお守りしろってのは分かるけど本気で恋愛はおかしいでしょ!
9/15 16:38[ Twitter for iPhone ]

花園。
役者さんが有名人多いのは分かるけど会場全体、目算でも150以上はスタンド花あったの凄すぎる。帝劇系はそもそもスタンドないし、2.5次元でもこの規模はないよ スペクタクルだった。
9/15 16:40[ Twitter for iPhone ]

伏線の張り方もうまく、何となく予測出来るところはあったものの思い通りに物語が進んだ時の爽快感は気持ち良いものだった。戦を明るく描くのは難しいと思いますが、ギャグに頼ることなくバランスよく進めていたのも好印象。
9/15 16:52[ Twitter for iPhone ]

佐助がああ言うキャラだからいるだけで場の雰囲気が和むし、才蔵との腐れ縁的な掛け合いも良く、甚八や十蔵が苦境に立たされた時のカバー等、その他の勇士とのやり取りも心温まる感じがした。
9/15 16:53[ Twitter for iPhone ]

幸村が大坂入城するとこで又兵衛と勝永が出迎えてえっ勝永もういるの早くない?って思った所と治房が籠城派?(城方にいたから見間違えただけ?)だったのは違和感あったけど。あの天守での軍議の場面は回転盆、発言者名前が出る演出、お城からの背景が見えるのも印象的で良かったな。
9/15 17:02[ Twitter for iPhone ]

又兵衛は良いとして勝永が髭もじゃで大河盛親ちゃんみたいな見た目だったのちょっとおかしかった。治長治房は冬陣後の場面にも出て来たり何気活躍してたな。
9/15 17:03[ Twitter for iPhone ]

全体的にプロジェクトマッピング多用だったのは映画を意識してるのかなと思ったり。兎も角も新国立劇場の広々とした舞台に演出も大道具も存分に活かされていて良かった。冬の陣の軍議は淀殿秀頼様治長治房幸村又兵衛勝永と豊臣方の美味しいキャスト総出演してるから見て欲しい あそこ演出も良かったよ。
9/15 17:07[ Twitter for iPhone ]

秀頼様と甚八はフツーに影武者だろうと思ったけど結局軍議の場面以降は全く出番なかったのな。一谷嫩軍記と言い、推し本人が不在と言う点では昨日今日と似た感じになってる。
9/15 17:14[ Twitter for iPhone ]

何が誠で何が嘘か、と言うのが物語を一貫して貫いているフレーズなのだけれど、幸村が臆病、十勇士の成立、十蔵がスパイ、才蔵から火垂への伝言等々ある中で、淀殿が立派な最期だったと言うのは紛れもない真実だと言い切っているの良いなぁ。
9/15 17:17[ Twitter for iPhone ]

しかしいくら秀頼様の命を助ける等々約束されてもヤスの密書を信じるとかここの淀殿は頭が…いや、多分よく書こうとしてくれているのは感じるんだけど幸村との恋愛関係とかヤスを信じるとか浅はかさのが目立ってしまって残念。浅野さんの演技は良かったんだけど他の作品にも見られる年増臭は否めず。
9/15 17:19[ Twitter for iPhone ]

ここの幸村は実年齢と逸話を意識して初老姿だったけど、淀殿って大概年増くさく描かれるのは何故。47くらいなのに何か実年齢より年上の女優さんが多い気がする。
9/15 17:22[ Twitter for iPhone ]

秀頼様の自動ふすま!(パン、と手を叩く)のめちゃ可愛かった。
9/15 22:53[ モバツイsmart / www.movatwi.jp ]

RT 舞台『真田十勇士』公式 @sanada_juyushi 9/15
チケットぴあのWEBサイトに真田十勇士の記事が掲載されています!#真田十勇士 http://md-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201609150008
9/15 18:27[ Twitter for iPhone ]

RT 舞台『真田十勇士』公式 @sanada_juyushi 9/14
イープラスのWEBサイトに舞台「真田十勇士」の観劇レポートが掲載されています!是非ご覧下さい!#真田十勇士 http://spice.eplus.jp/articles/76964
9/14 20:00[ Twitter for iPhone ]

RT 舞台『真田十勇士』公式 @sanada_juyushi 9/14
WEBサイト「エントレ」に舞台真田十勇士の記事が掲載されています!写真もたくさん載っているのでチェックしてください!#真田十勇士 #エントレ http://entre-news.jp/2016/09/32016.html
9/14 14:21[ Twitter for iPhone ]


<9/16>
舞台『真田十勇士』勘九郎「大変なぶん極上に!」 | チケットぴあ[演劇 演劇] http://md-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201609130001
9/16 0:11[ モバツイsmart / www.movatwi.jp ]

“真田イヤー”最大級のビッグプロジェクト、舞台『真田十勇士』ついに開幕! | エンタステージ http://enterstage.jp/news/2016/09/005632.html
9/16 0:13[ モバツイsmart / www.movatwi.jp ]

どっちのファンにも失礼かも知れないけどまつもとしんやとかとうかずきの頬骨の辺りのシルエットが似てるからああ言う骨格が好きなのだろうか…きしたくさんも頬骨キャラだしな…。
9/16 13:23[ Twitter for iPhone ]





冒頭にも書いたけど、舞台真田十勇士は、派手な舞台装置、
大掛かりで爽快感のあるアクション、魅力的なキャラクター、
上手い役者さんと脚本演出含め良いとこ揃いで大満足です。

加藤さんの才蔵はかっこいいし村井さんの秀頼様は(訳ありで)出番少なかったけど
優しげで良かったし3時間超と言う時間を感じさせないスピードを感じさせる舞台でした。
虚勢を張りつつも誰よりも必死なところを見せてくれる甚八と
育ちが良く品格を感じさせる秀頼様の演じ分けはお見事。

真田イヤーにかこつけて、赤ちゃん紙おむつ見えてる!再放送で消される!とか
真田丸建築ではこれは良い、401年後にこの話は毎週日曜日に語られるのでは?とか、
大河ネタをちょこちょこ挟んでいたのもくすっとしたな。

上演期間も長いので、真田スキーな方には是非見て貰いたい作品です。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.