BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/10/04(火)   CATEGORY: 美術館・博物館
日本近代文学館「漱石 ー絵はがきの小宇宙」を見て来ました。
私はこの人を先生と呼んでいる。
日本近代文学館「漱石 ー絵はがきの小宇宙」を見て来ました。

先生が書いた手紙や、門下生、友人、家族、ファン等から
先生に宛てた手紙が300点程あって見応えありました。
先生が描かれるヘタウマな絵葉書の愛くるしいことよ。
「猫」関連で、先生の元に送られた猫の葉書はどれも可愛かった。



ツイログ。



<10/4>
9月24日(土)~11月26日(土) 日本近代文学館(駒場東大前) 漱石 絵はがきの小宇宙 に行って来ます。
10/4 11:57[ Twitter for iPhone ]

森田草平宛。小生は手紙を書くことも人から貰うことが好き。大学では先生だが個人としては同輩。
10/4 13:23[ Twitter for iPhone ]

野村伝四宛。僕の気陥を吐いているたころだよの絵葉書。寺田寅彦宛。大変な事が出来たといひながら大変な事を話さずに帰るのはひどい。寺田寅彦宛。布団を干してランプを明るくして長煙管でポンポンやれば天下は泰平と御承知あるべし。
10/4 13:25[ Twitter for iPhone ]

寺田寅彦宛。あれは確かに橋口(五葉)の画で他人の画ではない(と絶賛)。然し僕の猫伝もうまいなあ。天下の一品だ。
10/4 13:26[ Twitter for iPhone ]

「猫」の反響。多くのファンから猫の絵葉書が届く。鈴木三重吉への猫の死亡通知ハガキ。「埋葬の義は車屋をたのみ箱詰にて裏の庭先にて執行仕候。但主人「三四郎」執筆中につき御会葬には及び不申候」と漱石らしい滑稽味あり。
10/4 13:29[ Twitter for iPhone ]

「猫」に出て来る「舶来の猫が四、五匹ずらりと行列して~」はイギリスの猫画家ルイス・ウェインの原画。野間真綱が漱石に送った絵葉書を、漱石はすぐに作中で利用した。
10/4 13:31[ Twitter for iPhone ]

芥川宛の「鼻」を絶賛した手紙。海外からの絵葉書。漱石が渡辺和太郎に送った手紙には「先達てアメリカの伝ちやん(渡辺伝右衛門)が(中略)美しい絵端書を送つてくれました。私は此葉がきが大すきで机の上へ置いて眺めて居ます」とある。
10/4 13:34[ Twitter for iPhone ]

掛軸「肩に来て人なつかしや赤蜻蛉」修善寺の大患後の1910/10/23、入院中のもの。「ひとよりも空語よりも黙」を加え後年に揮 ←亮の下部分が毛、の漢字
10/4 13:37[ Twitter for iPhone ]

正岡子規「あづま菊」僕はモーダメニナッテシマッタ、の掛軸。
10/4 13:38[ Twitter for iPhone ]

小宮豊隆から東新へ、先生の病状の書簡二通。「先生はスープを飲んだら大変元気が出来たやうだと今朝云つてゐられた。元気が出来たつて、こんなにやつれてゐるんだもの、気の毒でたまらない。」「先生はプリミティーフになってゐる。唯喰べものの事ばかり考えてゐられるのがいぢらしくてたまらない。」
10/4 13:42[ Twitter for iPhone ]

展示室は二部屋(同時開催で川端康成と女性展あり、こちらは一部屋)で料金200円なのに、絵葉書300点くらいだし内容も濃くて凄い充実してた。面白かったー。
10/4 13:46[ Twitter for iPhone ]

漱石先生熱上がるとやっぱり東北や明治村の展示も行きたくなるんだよな 没後100年で盛り上がってる今行かずしていつ行くんだって感じだけどそんなに休みないよお;;大阪を諦めるとかは考えたくもないし;;
10/4 14:09[ Twitter for iPhone ]

http://serai.jp/tag/夏目漱石 サライの日めくり漱石面白いから後で読む。
10/4 14:18[ Twitter for iPhone ]



入場料安いのでさくっと見終わる系かと思ったら良い意味で裏切られた。
漱石先生の書く凄く小さい文字は特徴的だけれども、当時の絵葉書なので
先生宛の絵葉書も小さい文字のものが少なくなくて、
しっかり読もうと思うといくら時間があっても足りないくらい。

今年の漱石先生没後100年関連の展示、それ程行けていないので
これはちゃんと見に行けて良かったです。
東北大学と明治村の方も気になっているけど…時間と相談だ。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.