BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/10/13(木)   CATEGORY: 梅内創太
「四弦のエレジー Phrase 23」読みました。(ドンバル雑記あり)

ゲッサン読みました。

ううう…遂に本誌でも来月最終回告知出ちゃった…;;
知ってたけど知らないふりしてアンケート書いて来たし
万が一にも覆る可能性もない訳ではないと信じていたかったけど
来月最終回らしいです。


今月の感想の前に少し梅内先生関連の雑記。


<10/4>
RT 梅内創太@四弦のエレジー4巻発売中 @SoutaUmeuchi 10/4
最終話のネームが通ったところで、母にいつもの「漫画家なんて一日家にいて、好きなことしてるのに、家のこと何もやらないで!」攻撃によりテンションだだ下がり!ゴミ捨て、洗濯(洗って干す係)、食器洗いはやってるんですがね。家事にカウントされないようです。はよ実家出よ。
10/4 19:01[ Twitter Web Client ]

<10/5>
いよいよ最終回なのね。毎月先が気になる展開で本誌を追っているので結末の原型が決まったのかと思うとどきどきする。
10/5 17:41[ Twitter for iPhone ]

梅内作品の兄弟(義兄弟)は歪んでる子も少なくないけどハッピーエンドかメリバ多めだから余程のことがない限り大丈夫じゃないかなと思ったけど、ドンバルはルチシャル完全に結ばれたからリベンツィオ派だと辛いかも知れない…。
10/5 17:44[ Twitter for iPhone ]

シャルルから見るとルチアーノが天使で自分が騎士なのにルチアーノから見たら自分が騎士でシャルルが天使なの本当最高だよな;;
10/5 17:47[ Twitter for iPhone ]

此処で言う天使と言うのは自分を庇護する者と言う意味でもあり導く者と言う意味でもあり絶対的な天からの御使いとしての存在と言う意味でもあるからルチシャルの相互補完的な関係たまらんすな;;
10/5 17:49[ Twitter for iPhone ]

勝手な個人の解釈で人様のドンバル感想を殆どお見かけしたことがないので多数派の考えと言うのを知らないんだけど、シャルルたそ天使だからもうそれで良い。
10/5 17:51[ Twitter for iPhone ]







↓↓ 閑話休題。ここから今月の感想。 ↓↓

演奏会30分前の場面からスタート。
ギリギリまで曲を書いていたアリョと、その音楽を視るエンリコ。

演奏会には国王がやって来る。
国王の話、本当はもっと広げられた筈なのにと思うと いやもう何も言うまい。

エンリコは自分のパートはアリョ作の「四弦の狂詩曲」を弾くと宣言する。
当日全く違う曲を弾くエピソード自体は四エレで何度か使われているけれども、
ユリウスからしたら、エンリコに対する圧力、アリョに対する偏見、
演奏会と国王に対する思惑、計画が全て覆されたようなものだから
怒りと絶望の極みだったと思う。


最早超次元の存在となったエンリコに、ジークは自分の憎悪の対象・スクレットは
もうこの世にいないのだと知る。

演奏会の後、ジークがエンリコをエンリコ=ブロイアー(超絶技巧師の名前)と認めたのは、
負け惜しみではなく、自分の戦いの終わりを見つけたから。
ジークはこれから幸せになって欲しいね。


しかし演奏会が終わっても、ラスボスがまだ残っている…。
そう、父上であります。
ユリウスが今にも殺さんと言う形相でやって来たところで以下次号。

梅内先生は、一応最後は当初の予定通りの終わり方になると呟かれていたので
その点は心配ないかと思っているのだけれどっも、やっぱり物足りなさあるよ;;




ここから少し愚痴っぽくなってしまうけど、彼らにとってはまだ旅の途中ではないの?
ドビュッシーに会ってみたいと言う目的はまだまだではないの?
エンリコとアリョーシャの心が再び繋がり、また二人で旅を再開出来ると思っていたのに、
この漫画のためにゲッサンを買い続けていたのに。

梅内先生の描くキャラクター、世界観は非常に魅力的だし、それが来月で終わりとは信じたくない。

ドンバルバッツァの息子たちが大好きだったけど、あれも単行本になってないし。
寧ろ、四エレが終わったのであれば、ドンバルバッツァの息子たちの本格連載を強く希望したい。
歪んだ兄弟愛、必死で生きる人々、重なり合う疑惑と駆け引き、ガンアクション等、とても素晴らしい作品です。
四エレで梅内先生を知った人にも是非知って欲しいし、短期連載だったのが勿体無い大作です。
編集部には是非ご検討頂いたい。



エリアリョの旅はまだまだ続くかもしれないけど、来月、一つの到達点を迎えることが
間違いないのだとしたら、その雄姿を見届けたいと思います。
二人とも、お父様と邂逅してくれると良いな。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.