BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/11/04(金)   CATEGORY: 美術館・博物館
京都市立美術館「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」&承天閣美術館 生誕300年記念 「伊藤若冲展」
京都市立美術館「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」と、
承天閣美術館生誕300年記念「伊藤若冲展」に行って来ました。


<開催概要>
若冲三昧①
◆京都市立美術館 生誕300年「若冲の京都 KYOTOの若冲」
10月4日(火)~12月4日(日)
出品リストはこちら


若冲三昧②
◆承天閣美術館生誕300年記念「伊藤若冲展」
相国寺観音懺法を荘厳する動植綵絵30幅を一堂に展示
(コロタイプ印刷による複製品)  
動植綵絵本歌30幅は宮内庁三の丸尚蔵館所蔵
平成28年7月1日(金)~平成28年12月4日(日)



その後、錦市場(若冲生誕地案内板、商店街に若冲垂れ幕と若冲絵柄入りシャッターあり)と
若冲三昧して来たのであります。
若冲三昧③
生誕300年も今年いっぱいだから最後に色々見られて良かったわ。



ツイログ。


<11/3>
当時の京都は幕府の力が強い江戸と違い自由な気風。だからこそ個性豊かな若冲の画風が生まれた。絵師として最初の頃、若冲はお寺に行き蔵から出して貰った絵を模写していた。それが1000本になった。
11/3 11:21[ Twitter for iPhone ]

それ程の古い中国の傑作を蔵から出して貰えるのはお金の力もある。錦市場の青物丼 問屋、これは八百屋の主人と言うより今で言う総合商社の様なもの。まず財力があった。若くして父の跡を継いだ若冲が、女遊び等の娯楽に着手することなく絵の世界に没頭したのは当然だったとも言える。
11/3 11:23[ Twitter for iPhone ]

相国寺承天閣美術館 若冲展に行って来た。複製だけど並べて見られるのは圧巻だった。東京都美の時は人混みで大変だったからなあ。 http://www.asahi.com/sp/and_travel/articles/SDI2016091674981.html?iref=koto_top
11/3 13:14[ Twitter for iPhone ]

これです。コロタイプ印刷凄かったー。 http://www.digistyle-kyoto.com/event/tenrankai/shotenjaku.html
11/3 13:18[ Twitter for iPhone ]



京都市美の方は、鯉図と登竜門図を計10点並べて展示したり、
伏見人形図も並べて5点展示したりとテーマごとの比較も面白かった。

「東洋画ではあやゆる画題を山水、人物、花鳥の三つに分けると考える。
花鳥には鳥獣、虫、魚を入れても良い。
若冲には何処か偏愛の形を見ることが出来る。
猫はいないが、犬はある。しかも殆どは子犬。
サボテンなどの舶来物が好きなのに、洋犬ではなく和犬ばかり。」

この説明パネルを見て、確かにそうだなと思った。

嘗て若冲は雀が売られているのを見て、あまりにも可哀想で
全てを買い取って逃がしてやったことがあるらしい。
そんな目の前の一時しのぎみたいな方法に意味があるのかと思う反面、
どうしても我慢出来なかった若冲の優しさが表れている逸話にも思える。


今回は全体的にラフな墨絵が多くて、東京美で見た緻密なカラー絵は3割くらい?な印象。
若冲と言えばあの緻密な絵のがインパクト強いけど、さらっと描いた墨絵も、
当たり前だけど線の一本一本が物凄く洗練されていて、
勢いがあり滑らかさもあり、躍動感、静謐さ等全てが表現されていて見惚れます。

ベタだけど鳳凰や鶏の絵が好きだな…植物よりも鳥獣絵が好き。



相国寺承天閣美術館では目玉の「釈迦三尊図」は本物。
動植綵絵30幅はコロタイプ印刷=複製品だったけれども、正直実物と遜色ない程に
素晴らしいもので、あの落ち着いた場所であの絵画群を纏めて見られたのは貴重なことでした。
これ東京都美で見た時には混雑がひどくて、閉館後になってやっと少し姿が垣間見られて、
2~3周くらいして漸くその全貌を拝めたような代物だったんですわ。
本当に綺麗としか言いようがないんだけど、若冲の絵は書き込みとエネルギーが半端ないので、
見ると体力を相当奪われる気がする。
目も使うし頭も使うし、日暮門ならぬ日暮絵とでも言うべきか。


日中の観光が終わった後は、錦市場の入口にある若冲先端地の案内板と、
全てが違う若冲生誕300年の記念垂れ幕と、(お店によってあったりなかったりする)
若冲絵が印刷されているシャッター達を見て来ました。
当然だけどお店が閉まっている間でないとシャッターは拝見出来ないので、
朝か夜でないと駄目なんですよね。
別に狙って行った訳ではないけれど良いタイミングで訪問出来たと思ってます。

若冲の企画展は今年それこそあちこちでやっていたけれど、
東京美以外行けていなかったので今回京都で纏めて見られて良かったです。
年末までやっているところもまだあるから、もしもう少し行けそうなら追加するかな。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.