BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
「ギルティクラウン レクイエム・スコア Ⅲ、Ⅳ」の話。

ギルクラ小説、4巻中盤まで来たところです。まだだ、まだ終わらんよ。

白涯が化け物化したいのりを化け物呼ばわりしたところなんですけど
これ白涯が自分自身への完全ブーメラン発言でもあるから辛いよお…。




<11/14>
生きて変わり続けるコンテンツを愛し続けることが難しいから、ある意味オワコン扱いされている世界の方が生きやすくて宗教持ちには優しいなって思ってた。
11/14 1:05[ Twitter for iPhone ]

ギルクラもあんな最終回じゃなかったらいつ何処で何の設定がひっくり返されるから最後まで分からなかったし、実際最終回自体もよく分からなかったけど、あれで完結したならあとは個人の采配で好き勝手埋めて良いってことだから優しい世界。
11/14 1:07[ Twitter for iPhone ]

<11/15>
ギルクラ小説3巻、16話読んでるけどヴォィド王子となった集が涯のコートをずっと羽織ってるのは良いとして「このコートは手放せなかった。これを着ていると、涯に包まれて支えてもらえているような気がする」ってほんと集涯。
11/15 9:58[ Twitter for iPhone ]




って、殆どツイログなかったんですけど、3巻が殆どヴォイド王子のエクソダス計画なので
涯担当としては特筆すべきこともなく…。

春夏がイイモノの振りをして白涯再生計画に加わって、その後やはり反旗を翻すの
本当調子良くて何がしたかったんだこいつはとしか思えんな。
涯が可哀想じゃない…真名も…。

涯の描写で言えば、白涯がアリサに電話かけた時は在りし日の涯の声がしたけれども、
実際に対面してみた白涯は塩対応だったとか、あれもアニメではもっと含みを持った描写
だったけれども、活字だとグサッと刺さるところある。

それは白涯復活のところもだな。
三巻の終わりが「最初から、王は俺だった」なんですが、ここ読んだ時の
キターーーーーーーーーーー!!!!感が凄い。
待ってました!!!!!みたいな!!!!!

涯再登場してからのが興奮するのはアニメも原作も同じだけれども
アニメを見ると小説で補完したくなるし小説読むとアニメ見たくなるから
相乗効果でギルクラがもっとずっと面白いです。

小説本気になったらあっという間に読み終えてしまうので少しずつ読んでいたけれど
そろそろ最後まで一気に読み進めようかな。
でも涯とお別れしたくないよお…。

先日、redjuice notebookを運よく入手出来たので、
それも小説読んでから改めてじっくり読む予定です。
ギルクラは基本もう公式燃料ないと考えておいた方が良いから小出しに楽しみたいし
あまり本気でハマらないようにしたい、って自分に呪いかけてる。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.