BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2017/01/04(水)   CATEGORY: 美術館・博物館
大阪城天守閣「大坂城史×日本の歴史」「戦国・ザ・リアル」を見て来ました。
大阪城天守閣「大坂城史×日本の歴史」「戦国・ザ・リアル」を見て来ました。

「戦国・ザ・リアル」は、同名のUSJ主催のイベントと連動した内容で、
有名人のお宝をずらっと並べたものだったので
正直いつもの展示よりまとまりがない雰囲気は否めなかったのだけれども、
勝永隊の切裂靡白旗見られたのGJ過ぎたし
秀頼様の杉目檜扇や秀吉様の陣羽織等好きな作品もいっぱい出ていたので
毎度のことながら大変楽しめました。

ううっ、大阪城のお宝大好き。

ちょろけん初めて見た。
本物のちょろけん初めて見たけど小さくてびっくりしたし、
あ、あの、中の人が空けて見え…((((^ー^)))))ダメデショコレ


下記、公式サイトより。
**********************************************************
<概要>
3階 企画展示 「大坂城史×日本の歴史」
開催日時 平成28年11月29日(火)~平成29年1月25日(水)
開催場所 大阪城天守閣 3階展示室

織田信長によって「日本一の境地」と評された大坂。
豊臣秀吉による築城以後の大坂城は、常に日本の最重要拠点のひとつとして
歴史上のさまざまな出来事に関わってきました。
本展では築城以前から近代に至る著名な歴史的事件や
人物とのつながりに触れながら、大坂城の変容の過程をたどります。



4階 企画展示 「戦国・ザ・リアル」
開催日時 平成28年11月30日(水)~平成29年1月26日(木)
開催場所 大阪城天守閣 4階展示室

平成28年12月16日(金)から平成29年3月12日(日)まで
大阪城西の丸庭園で開催されるイベント「戦国・ザ・リアル at 大坂城」に連動する形で、
有名な戦国武将のリアルな遺品を展示します。
真田幸村とその兄信幸所用の甲冑、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康所用の陣羽織など、
有名戦国武将所用の甲冑・刀・槍・軍旗・陣羽織などが勢揃いする企画展示です。

******************************************************




ツイログ。


<1/3>
大阪城天守閣4階「戦国・ザ・リアル」。USJ主催の西の丸庭園のイベントと連動。主役の幸村、信之の甲冑、三英傑の陣羽織など名称たちの甲冑、刀剣、槍、陣羽織、軍旗などが勢揃い。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:31

淀殿の秋草文彩画団扇。秀頼様の杉目檜扇。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:36

藤原清子氏寄贈。25枚の過ぎの柾目板を綴じて作った檜扇でさ行く両親骨の上方にそれぞれ付花(一束の造花)とさげの糸(五條の飾り紐)をつける。扇面表には松竹梅の老樹の中央に鶴亀を配した吉祥図を、裏面には線描で群舞する蝶と鳥をそれぞれ描き、要には蝶と小鳥を象った金物を用いる。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:37

秀頼様所用と伝える典雅な檜扇の説明です。これ大好きなやつ。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:37

信之所用の昇梯子文付革包二枚胴具足(酒井忠清嫡男忠孝に進呈)、幸村所用の六連銭文馬印、鉄二枚胴具足、六連銭文黒塗水筒。又兵衛の日月竜文蒔絵仏胴具足、且元の惣黒熊毛植具足、浅野長政の茶糸威桶側五枚胴具足(兜や鎧の鉄砲弾丸の跡は試し撃ちの跡。水牛脇立。)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:43

仙石秀久の革包伊予札菱威二枚胴具足(兜は熊毛を埋め込み、大きな金の宝珠がある。)、市橋長勝の伊予札腰取二枚胴具足、丹羽氏次の錆塗萌黄糸威二枚胴具足(鉢が高くてつばの広い唐人笠兜等、面貌、胴、草摺など全て錆塗)、鳥居元忠の紺糸素懸威二枚胴具足、堀尾吉晴の大身槍(賤ヶ岳で使用)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:47

丹羽氏次の大身笹穂槍 銘 正利(氏次が常に使用。岩突槍の別名)、木村重成の大身槍 銘 長門守、足利義稙 短刀銘 吉光(重文。大阪 開口神社蔵。)、秀次の刀 銘 南都住金房兵衛尉政次(雀部家蔵。家臣の雀部淡路守政次が秀次を介錯。太閤様くんき〜、太閤記によると秀次介錯の刀は波およぎ。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:54

甫庵太閤記で浪およぎ(游)、川角太閤記でも御腰物波およぎ。雀部家の所伝とは食い違いが見られ検討を要する。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 10:55

九鬼嘉隆の刀 銘 正廣作助宗止作 九鬼嘉隆帯之、長束正家の刀 銘 藤嶋、ヤスの刀 銘(三葉葵紋)以南蛮鉄於武州江戸越前康継、脇坂安治の鉄錆地置手拭形兜、初鹿野伝右衛門の黒塗六十二間星兜、ヤス→加藤嘉明の金銀象嵌南蛮兜。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:00

秀吉様の蜻蛉燕文様陣羽織、富士御神火文黄羅紗陣羽織、木瓜桐紋緋羅紗陣羽織(信長→秀吉様拝領。緋羅紗に白羅紗を嵌め込み木瓜紋と桐紋を表す。羅紗=フェルト。当時日本にはないものとして新しい物を好む戦国武将達に珍重された。)ヤスの三葉葵紋陣羽織(ヤス→丹羽氏次拝領。)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:04

九鬼嘉隆の三巴紋緋羅紗陣羽織、秀頼様の陣中床几(朱銘 慶長十六年辛亥霜月吉日)、清正の陣中床几(朱銘 加藤肥後守。収納する箱の蓋には本妙寺伝来 加藤清正公御遺物と書かれる。)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:07

切裂靡御指物(毛利吉江氏寄贈。1615/5/7、大坂夏の陣最後の合戦に際して秀頼様は二十余名の馬廻衆を毛利勝永隊に配した。本品は彼らが使用した印旗で、毛利勝永の子孫宅に伝来した。秀頼様の馬廻衆が同様の旗印を使ったことは黒田屏風の秀頼様本陣部分に多数の切裂靡の幟が翻ることからも via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:10

知られる。)
英語の説明を見るとSlit Bannr Donated by Yoshie Mouri,Aichiとあるので例の宮田さん森さん辺りのご子孫かな。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:12

御宿勘兵衛の絹地桐文四半旗、徳川家使番の五の字四半旗、井伊家「八幡大菩薩」軍旗、九鬼嘉隆の絹地赤紺染分三巴紋幟。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:14

3階「大坂城史×日本の歴史」。錦絵 蓮如上人石山御堂草創シ玉フ、石山合戦絵伝、石山合戦配陣図(名前こそ寺だが信長公記に「加賀国より城作りを召し寄せ」とある様に城の様相を呈し、摂州第一の名城(「足利季世紀」)と称えられた。)、池田恒興画像、豊臣秀吉画像(竹渓筆)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:40

豊臣秀吉大坂築城掟書、豊臣時代大坂城本丸図(武内勇吉氏作・寄贈)、豊臣秀吉朱印大坂築城石運定書、馬藺後立付兜 複製、秀吉様朱印状(1596/10/20、石川貞清宛。檜二本の調達を命ず。)、桐唐草文蒔絵矢筒(秀次が雀部重政に与えた)、大坂城図絵屏風(最古の大坂城図)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:46

豊臣氏五大老連署状(1598/10、脇坂安治宛、渡海の準備を命ず。)、長束正家書状(1599/2/20、溝江長氏宛。大坂堀普請に参加するよう通知。)、ヤス書状(1599/3/13、京極高次宛。利家を見舞った。)、関ヶ原合戦図絵巻(江戸後期作、四大老五奉行の場面)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:50

ヤス画像、輝元画像、政宗自筆書状(浪人が秀頼様を担いで謀反を起こさないように秀頼様を伏見か江戸に移すべき)、大坂冬の陣配陣図(大阪冬戦和睦図 一)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:54

革包合口拵(伝 秀頼様より高松元典拝領。冬の陣で戦功のあった元典が秀頼様から拝領した拵と伝わる。古代の蕨手刀を模して室町後期に製作されたものとみなされる。本品と共に伝わった刀身は豊後の名工定秀の短刀であったが、いつの間にか研ぎ直した際に別物とすり替えられてしまったとのこと。) via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:57

(現在は無銘千五派の短刀が付属している。) via Twitter for iPhone
2017.01.03 11:58

大坂城跡の金箔押瓦。石工道具類。大火縄銃 銘トコナツ 田付兵庫助宗鉄入道(田付景澄が実戦で使用。冬夏陣で徳川方で戦う。)、大坂夏の陣図屏風複製。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 12:03

大坂三郷御執立承伝記、山内忠義書状(割普請された大坂城の持ち場を、堀尾忠晴と同じくらいに完成させるよう家臣に伝える)、大坂築城丁場割図、阿部正次の本小札紺糸威二枚胴具足、大坂城絵図、大坂城代上屋敷絵図、肥前有馬古戦場図、阿部正次等四名連署状(島原の乱の戦後処理を記載)。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 12:08

浪華城全図(江戸時代では珍しい南西からの鳥瞰図)、水野忠邦著 枕流、大塩平八郎画像 模本、大坂城大手口御門再築寄付状、瓦版大坂城御固真図、錦絵 大坂名所一覧、幕末大坂城湿板写真原版。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 12:12

絵入りロンドンニュースより大坂城におけるパークスと徳川慶喜の会見、日本のタイクンを訪問する!タイクンの面前での閲兵。錦絵 十五代徳川慶喜公(月岡芳年画)、諸御役御門御大名方警衛之図、錦絵 鎮台光景、鹿児島県まことのしらせ初号、二号、大阪市全図、大阪府写真帖より大阪砲兵工場。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 12:16

古写真 大阪城天守閣復興工事、大阪朝日新聞 大阪城天守閣再建・新公園竣工記念号、大阪城新公園之図、昭和七年大阪城パノラマ写真。 via Twitter for iPhone
2017.01.03 12:17



今回まではまだ2016年引きずっているけれども、大々的に今年と来年は
幕末維新150年イヤーだから次回以降はその時代メインになるんだろうなあ。

勿論、企画展も常設展もそれで不満は言えないのだけれども
個人的にどうしても寂しさはあるので少しでも良いので
今年も豊臣関連も見せて頂きたいものです 本当にお願いします。 
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.