BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2017/01/14(土)   CATEGORY: 美術館・博物館
印刷博物館「武士と印刷展」を見て来ました。
印刷博物館「武士と印刷展」を見て来ました。
はっけよい。

源平や戦国の浮世絵が細密で色も綺麗で面白かった。
歌舞伎や浄瑠璃の題材になっているものも多かったので
日本の芸能見てたらもっと馴染みあったんだろうなと想ったり。

清正公や清正家臣達の一枚絵も良かった。
秀頼様版の帝鑑図説もあったよ。


出品一覧の第一部第二部を見て貰っても一目瞭然なのですが、
展示期間中に展示入れ替えが本当に多かったようです。
源平と戦国は好きな二大コンテンツなので概ね楽しめました。
元々浮世絵とか絵が好きだからな。


第二部の印刷物をずらっと並べられたコーナーはこんなものがあるんだと
ざっと右から左に見ておしまいみたいなところもあったけれども。


映像室ではVR安土城を上演しているとのことで、
ちょうど時間が合ったので見に行ったら会場満員だった。
そんな人気あるコンテンツだと知らなかった。
安土町の信長の館で上映されているのと同じ映像で、
凸版印刷が製作した映像とのこと。
シアターが元々大画面だってのもあるけど本当に臨場感ある映像で
VR技術凄いなあと感服。

この映像ではフロイスが安土登城してたけど、
今日信長さんとオルガンティーノがやたら馴染みあるのは確実に戦国鳥獣戯画のせいです
あいつら面白くって昨日も戯画ちゃんねる見てしまったくらい…。


この企画展以外にも、印刷博物館らしく印刷の歴史を紹介したコーナーもあり、
映像や出版の機械類の展示もあり、そちらも面白かった。
また好きな企画展あったら遊びに行きたいです。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.