BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2017/01/20(金)   CATEGORY: 旅行
台湾の話。
1/18~19に台湾に行って来ました。
嘉義のメインビジュアル。

<1/18>
桃園→嘉義、嘉義公園、文化路夜市

<1/19>
國立故宮博物院南部院區(日本美術の粋─東京・九州国立博物館精品展)
國父史蹟紀念館 (逸仙公園)、国立台湾博物館、二二八和平公園


今回は、どうしても故宮南院で見たいお宝があって、もう一泊二日でも良いので
兎に角それだけは見に行こうと組んだ弾丸旅行でした。
行って良かったし、行けて良かった。



適当に嘉義の写真あげておきます。
孫文先生。
嘉義公園。この周辺は映画「KANO」の聖地らしく、観光アピールが凄かった。

神社のようだ。
嘉義市史跡資料館。17時までだったので閉館してた。
忠烈祠の中に日本風の建物があると言うのもユニーク。

こちらが神社跡地。
射日塔。嘉義神社の跡地に建っているとのこと。


あとツイログ。


<1/20>
台湾にいます。日中26度とか完全に春。嘉義に到着したら最早夕方だったので今日は嘉義公園と夜市散策くらい。明日が本番なので楽しみだなあ。 via Twitter for iPhone
2017.01.20 00:36

昨年の今頃に釜山行ったけどあそこ激寒だったから遠い世界だなって感じする…年中秋冬が良い。 via Twitter for iPhone
2017.01.20 00:38

国立故宮博物院南院の「日本美術之最」に行って来た。2014年に東博で開催された故宮博物院展に対する返礼の企画展。国内でもこんな豪華なお宝尽くしの展示見られないってくらい素晴らしい企画展でした。完全予約制だからかアクセスあまり良くないからか知らないけどゆったり見られて快適だった。 pic.twitter.com/66UDkaFnFo via Twitter for iPhone
2017.01.20 23:13

檜図屏風が見た過ぎて次に出される時は絶対見に行くと心に決めていて、実際に見られて本当ーーに嬉しかったし感動したけどまさか台湾まで行くことになるとは思わなんだ でも凄く良い感じに展示されていて、白菜の御礼に日本国代表として出品されたのがよく分かる展示で良かった。 via Twitter for iPhone
2017.01.20 23:16

普通屏風は屈曲を生かした置き方をするし実際に檜図以外はそう置かれていたんだけれども、檜図だけは折り曲げないで置いてあることで空間の広がりを感じられたし、明らかに上下左右に余裕がある空間に鎮座させることで檜の生命力や躍動感を余すことなく演出していた あんな形で鑑賞させてくれて感動。 via Twitter for iPhone
2017.01.20 23:23

台北の故宮から一年レンタル中の肉形石もあって、南院は昨年秋から撮影可能になってるので有難く撮らせて貰った。これだけ特別室誂えてあったから文字通り別格だったわ。とても…角煮です…。 via Twitter for iPhone
2017.01.20 23:28

台北に移動してからは國父記念館で孫文先生の展示や日本風庭園を見たり、台湾博物館と二二八公園散策したり。嘉義は北回帰線がある等大分赤道に近いと感じたけど台北は少し寒いくらいだった。台北は時間ないと思ってたから少しでも観光出来て良かったな。 via Twitter for iPhone
2017.01.20 23:39


台北の写真もぺたり。

素敵な日本風。
國父史蹟紀念館 (逸仙公園)。

日本風(本当に風、と言う感じがする)。
お庭は日本と中国の折衷みたいな雰囲気。

ギリシャ風。
国立台湾博物館。建物はギリシャ風だけれども中身はローカル。
二階は台湾の各民族の衣装や道具、自然史博物館的な剥製、海洋生物の写真。
一階の企画展では自転車の歴史として、レトロな自転車がいっぱい飾ってありました。

歴史のある公園。
二二八和平公園。悲しい歴史のあった場所ですが、今では平和で穏やかな公園です。
時間があれば資料館も行きたかったけれど時間の都合で行けず。




故宮の感想は別途書きます。檜図屏風本当に素晴らしかった…。

台湾自体はもう何度も行っているし、台北の故宮や中山記念堂や龍山寺や101も
今回無理くり時間を作って行くよりは、と思って今回は台北駅周辺のみに
したけれど、それはそれで面白かったです。
新光三越も行けたし頼まれていたお土産も買えたしね。

昨年の倭城と今年の故宮と言い日本のものを見に海外に行ってるけど
本当のとこと韓国も台湾もあまり海外って気がしないんだよな。
日本語も英語も通じないけど距離は近いし文化的にも近いし
地下鉄もあるしコンビニとか日本と殆ど同じもの売っているし。

態々一人で台湾に行くことなんてないと思っていたけれど、
台湾自体は好きな場所だしまたこれくらい素敵な展示があれば
ふらっと遊びに行きたいです。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.