BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
フランケン原作や関連本を読んだりした。
フランケン好き過ぎてM・シェリーの文庫本とか精神分析的な関連本を
手に取ってしまう程度にはビクターの如く毎日怪物…ではないけど
アンリさんやフランケンと言う舞台のことを考えています。



①「フランケンシュタイン」 (新潮文庫)
メアリー シェリー (著)。
2014年に発売された新訳。
本文がウォルトン、ビクター、怪物の手紙や独白で語られるので
兎に角すらすらと読みやすい。一気に読めるのは名作の名作たる所以か。
ミュじゃないけどやっぱり怪物が一番「人間らしい」感情を持っているのが
切なくて悲しいところ。



②「フランケンシュタインの精神史: シェリーから『屍者の帝国』へ」
小野 俊太郎 (著) 彩流社。
フランケンコンプレックス=機械嫌悪、母性と言う呪い、
ロボットやサイボーグ、神との闘争等近代的な視点も包括。
攻殻機動隊やSF映画等が好きな人は後半も興味深く読めるのでは。



③「フランケンシュタイン・コンプレックス―人間は、いつ怪物になるのか」
小野 俊太郎 著。青草書房。
フランケンだけでなく、多作品を扱った怪物論かな。
平生はみんな善人が、いざといふ間際に、 急に悪人に変わるんだから恐ろしい。
これは漱石先生の「こころ」の一節だけれど、小説の構成だけでなく、
普通の人間、善人、悪人、の認識(「民衆」に代表されている)も
「こころ」はフランケンを大きな下敷きにしている気がする。


④「批評理論入門―『フランケンシュタイン』解剖講義 」
廣野 由美子 著。 中央公論新社。
小説の技法論。その技術的解釈でもっても如何にフランケンが
完成度の高い「小説」であるか分かる。
自分で小説を書きたい人が読んだりするのかしら。
普通に読むだけでなく、このような切り口で読み返すのも乙なものです。



ツイログ。


<2/11>
フランケンは本当見る方ですらしんどいから演じる方はもっとしんどくて辛くて苦しいと思うし少なくともやってて楽しい演目ではないと思う。ただそれ以上に多くの人の心に絶大な印象を与えるし、あの怪物に舞台上の人は命を奪われ観客は心を奪われたんだと思う。 via Twitter for iPhone
2017.02.11 23:59


<2/12>
友情を超えた先にあるものって婉曲表現されてるけど友達以上○○未満の○○に当てはまるものってもうそれ恋か愛しかなくない。 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:40

ビク←アン「恋をした」(公式:劇中)
ビク→アン「愛してる」(中の人発言:カテコの耳打ち、博多アフタートーク) via Twitter Web Client
2017.02.12 19:41

「君の夢の中で」を、加藤アンリは階段に腰掛けて、ビクターの姿ではなく遠くを見ながら在りし日の思い出を紡いで来る日の夢を語って歌うのね 乙女かよ。 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:44

公式があきかずとかきこにのペアを第一で組んでくれたの本当最高だと思うのよね 好きな俳優同士な上にあきかずの相互ビクアン解釈絶対正義。 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:47

あきかず共に激うま役者なせいで演技が本物過ぎてビクアンが両思いなことが痛いほどに伝わってきて肉体の損傷がなくとも痛覚を過剰に刺激されてシボウする。 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:48

生命 偉大な聖域 むやみに触れてはならない…但し大いなる目的のためには接触は許可されるし和樹の手に触れるイベント行きたい(脳を破壊された人間の思考回路 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:50

あきかずはボディタッチとか顔が異様に近いとかもあるけど視線を交わすだけでホモだからホモの演技がうまくてうまい。 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:51

かきこにがあきかず程ホモいのかどうかは知らないけど別に腐ってもいない人からみてもあきかずBL臭って言われてたらしいから是非もなし。 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:53

中ビクしか見たことなかったから最初に柿ビク見た時ジュリアのこと愛してるぽくて驚いたんだよね 中ビクは徹頭徹尾アンリ/怪物のことしか考えてないんだものそこが好きなんだけど。 via Twitter Web Client
2017.02.12 19:55

和樹がフランケンとにかく辛い、救いがない、俺殆ど裸だしとか言ってたことを思い出すのはやめるんだ。 via Twitter for iPhone
2017.02.12 22:39

素人目で見てもロナンや怪物よりは跡部のが演じてて気持ち良いだろうなってのは分かるよ 焼き鏝されないし…。 via Twitter for iPhone
2017.02.12 22:44


<2/13>
まずは原作から。これは文章が易しい!そもそもウォルトン、ビクター、怪物の語りも口語なのでするすら読める。450ページあるけれどあっという間に読めました。
フランケンシュタイン (新潮文庫) 新潮社

via Twitter Web Client
2017.02.13 00:12

やはり原作でも怪物目線で読んでしまうし怪物に一番共感してしまうよな。ビクターが勿論主役だし実際に活躍してるし基本ウォルトン視点で好ましい人物の筈なのに全然そう見えないから凄いぜ。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 00:15

フランケン好き過ぎて原作と評論本いくつか読んだ。それこそ長年に渡り典型的なモチーフとして語られるフランケンシュタインと言うモチーフ/怪物のイメージを色々な切り口で描かれていてどれも面白かった。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 00:47

フランケンコンプレックス=機械嫌悪、母性と言う呪い、ロボットやサイボーグ、神との闘争等近代的な視点も包括。
フランケンシュタインの精神史: シェリーから『屍者の帝国』へ (フィギュール彩) 彩流社

via Twitter Web Client
2017.02.13 00:49

ビクターは神ではなく造物主。フランケンの扉に紹介されているミルトンの失楽園の一節でも創造主を使っている。怪物は単独で生まれ単独で死ぬ。必ずしも明示されない怪物の死…超人的頭脳を持つ怪物は自身でビクターに代わって配偶者を作り出す可能性もある? via Twitter for iPhone
2017.02.13 00:53

フランケン、ジキル博士、透明人間、ドラキュラ、20世紀作品まで多くのモチーフを例に挙げ幅広く「怪物」論を語る一冊。
フランケンシュタイン・コンプレックス―人間は、いつ怪物になるのか 青草書房

via Twitter Web Client
2017.02.13 00:56

フランケンの足跡としてジュネーブ、インゴルシュタット、ロンドン、パリ、アルハンゲリスク、ウォルタンの足跡として北極周辺の地図が載っていた。聖地巡礼したくなるな…。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 00:57

ビクターと怪物、どちらに責任があるか、どちらにも責任があるか、或いはないか。ビクターと怪物のどちらが善か悪か。現代のプロメテウスとは怪物が火を使った場面からの副題。火は文明や知恵の比喩として使われる。今日の科学技術の発展についても現代性が再確認される。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 01:03

フランケンをテーマに小説技法(小説とはどのようなテクニックで書かれるか)を論ずる。物語が面白いだけでなく技法も凄いんだなあ。
批評理論入門―『フランケンシュタイン』解剖講義 (中公新書) 中央公論新社

via Twitter Web Client
2017.02.13 01:05

ストーリー、語り手、焦点化、性格描写、反復、メタフィクション、結末…。一人称と三人称の語り、信頼できない語り手等も成る程なと。フロイト的解釈、神話批評、フェミニズム、ジェンダー(ビクターとクラヴァルがゲイ、ジュスティーヌとエリザベスがレズ)等の精神分析批評も興味深かった。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 01:09

「最終の地、名古屋」って表現に北極を感じる。
RT ミュージカル『フランケンシュタイン』公式
‏@musical_franken
キャナルシティに足を運んでくださったお客様、本当に有難うございました!
そしてキャナルシティのスタッフの皆さま、こんな熊がいるとは想定外過ぎました!有難うございました!
さて、次は『フランケンシュタイン』最終の地、名古屋へ!
via Twitter for iPhone
2017.02.13 01:44

東京=第一幕
大阪=闘技場
博多=森と屋敷
名古屋=北極 via Twitter for iPhone
2017.02.13 01:44

東宝から和樹に入った筈なのに結局2.5次元に戻って来てるし昨日はテニスの元センパイに10年前のテニスのホモ講義受けたからヲタクはヲタクから抜けられない運命なのか。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 02:34

20歳の頃の和樹可愛いけど今の方がもっと可愛いから時間が逆走してる。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 02:36

今週いよいよフランケンが大楽なのだと思うと無駄に不安な気持ちになるけど、そもそも東京公演で一度マイ楽納めた筈だから名古屋はボーナスステージだと思って見たい。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 12:50
返信

あの日君に出会っていなければこの人生なんてなかったのさ。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 12:50

加藤アンリの酒場の介抱とか君の夢の中で対して母性と言う意見を割とよく見るけどあれは母じゃなくて彼氏。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 12:53

ビクターはアンリを「自由にしてやると言った」。ビクターが研究のためだけにアンリが自分のそばにいると思ってたんだとしたら本当鈍いとしか言いようがない。でもアンリはビクターのそう言う研究以外に興味がないところも好きだったんだろうな…。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 13:03

アンリさんも怪物もティボもマキュも、推しがみんなしぬから等しく喪中。 via Twitter for iPhone
2017.02.13 13:17


<2/14>
綺麗な和樹が等しくアンリに見える病気にかかってるからキチッとした服装の和樹見たい。再再演楽しみー!! twitter.com/butakome/statu… via Twitter for iPhone
2017.02.14 21:57


<2/15>
数多の手数料を犠牲にフランケンをA席 4階下手→S席 3階上手→S席 2階席中央とグレードアップ出来たぞーー;;;;これくらいならある程度肉眼でも見えるかな…! via Twitter for iPhone
2017.02.15 01:49

Jokerの中で元々Break the wallが一番好きでプレイリスト入りしてたんだけどアンリ変換出来てしまうことに気付いて斃れそうになった ロックなアンリさん;; via Twitter Web Client
2017.02.15 19:53

アンリさんは心優しい紳士の見た目に騙されそうになるけど酒場でガラの悪い男性陣を次々と薙倒したりビクターを瞬殺で気絶させたりするんでただ綺麗なだけじゃないんですよ 相当ロックですよ。 via Twitter Web Client
2017.02.15 19:48

ビクアンは公式で君夢キメちゃうくらいなんでイメソンの立ち入る隙もないくらいなんだが妄想は病なので膏肓に入るのであった。 via Twitter Web Client
2017.02.15 19:50

イメソンをイケメソに空目したのはアンリさんのことが思い浮かんだからです綺麗な顔しやがってほんと…。 via Twitter Web Client
2017.02.15 19:52

ポップもロックもバラードも幅広く歌う和樹さんだけど全進する系の曲が最も好きなんで軽率にイメソン変換出来るのもあるかもしれない。 via Twitter Web Client
2017.02.15 19:53

罠の和樹ほんとアンリじゃん…って100回くらい見返してるけど本物のアンリに明後日会えるのかと思うと心が覚束ない…最後のアンリ…。 via Twitter for iPhone
2017.02.15 22:25



もうこれを書いている二日後には名古屋公演なんですね
それを身内に言ったら「フランケンまだやってたんだ」と言われたけど
これが怪物の最後の彷徨であり咆哮であり奉公であります。

演目の大楽ではないけれどもあきかず大楽をこの目に焼き付けて来ます!!
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.