BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
今、再びの戦国へ。
気付いたら二月も終わりなのでぼちぼち戦国に復帰したいところ。

某舞台の後遺症でこの一か月半あちら側に行っていたのですが
こちらが本陣なのでただいまお帰りしたい。
自分でもやっぱり豊臣語っている時が一番心が健全な感じがするし
豊臣にいる時が最も居心地良いもの 豊臣は良きもの。




ツイログ。



<2/17>
伏見の大名屋敷は未だに地名そのまま残ってたりするから散策面白いよね。企画展気になるな。
2年前発見の伏見城石垣跡、大名屋敷の可能性 京都 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170217000203 via Twitter for iPhone
2017.02.17 23:52


<2/18>
春の大阪城テーマ展の案内来てた。
3/18〜5/7 『テーマ展 桃山のTAKUMI―意匠・技巧・工匠―』
今年はずっと幕末推しかと思ってたけど桃山やってくれるの嬉しいな。
http://www.osakacastle.net/wordpress/wp-content/uploads/2017/02/e75dfae867b224a55366d84cd4436311.pdf via Twitter for iPhone
2017.02.18 22:34


<2/19>
RT 第35回上田真田まつり @sanada_fes_32
大変遅くなりました!本年の#上田真田まつり 武者行列並びに決戦劇の参加者募集。公開させて頂きます。締め切りが早いので、申込みはお早めにお願いいたしまする!
https://www.city.ueda.nagano.jp/kankojoho/event/spring/004.html via Twitter for iPhone
2017.02.16 17:42

上田真田祭りの決戦劇めちゃくちゃ面白いからその為だけにでも今年も行きたいなあ。出来れば夏の陣やって…(上田 via Twitter for iPhone
2017.02.19 18:56

私も毎年行ってる訳でもないのでアレなんだけど、殆ど第一次か第二次上田合戦やってる気がするのに2015年は400年記念で創作夏の陣やってくれて、真田幸村の謀略みたいなオチでどちゃくそ面白かった話何度でもします そして勝永がかっこよかった(重要)。 via Twitter for iPhone
2017.02.19 18:58

勝永も推してくれる地元があればご当地キャラになれたのにと思うけど、実際に小倉や高知行っても本当勝永の名前お見かけしないから隠しキャラかシークレット扱いだと思ってる ポジティブに行こう。 via Twitter for iPhone
2017.02.19 19:08


<2/24>
会期は3月19日(日)まで。企画展 「鳥居元忠 -山城伏見ノ別レ- 」(壬生町立歴史民俗資料館 様) | 戦国魂ブログ
秀頼様感状見たい。 sengokudama.jugem.jp/?eid=4907 via Twitter for iPhone
2017.02.24 22:51


<2/26>
スポーツ漫画殆ど読まないしハマったことないんだけど、スポーツやらないからあまり興味なくて…って言ったけど別に戦もしたこともなかったからその理屈はおかしい(セルフツッコミ via Twitter for iPhone
2017.02.26 12:57


<2/28>
秀頼様生涯殆ど外出されてないからゆかりの地と言っても間接的な所のが圧倒的に多いけど、京都は伏見城や醍醐寺や初参内(御所)や二条城〜豊国廟やら秀頼様が直接足を運ばれた場所もあるので大切にお参りしたいものですわ。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 01:45

再掲だけどこの雑誌の「画鬼の城」の勝永が理想の勝永だから勝永好きな人は是非読んで欲しい 鬼の様な進軍や卓越した手腕や部下目線で見た勝永の描写が素晴らしいし何より豊臣の忠臣で最高。
小説すばる 2016年 12 月号 [雑誌] 集英社

via Twitter for iPhone
2017.02.28 02:02

大坂の陣小説だと大概五人衆の一人程度の出番だったり物によっては少し恵まれてりするし、獅子死と将星伝では主役張ってるけど、毛利隊の部下目線のって珍しいしそれでいて勝永ってこう言う人物ですよね分かるーーって思えるの本当少ないからこれ早く単品で文庫化して欲しい。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 02:06

私の勝永像の原点が大坂入城の逸話と湯田宗右衛門と毛利重能の話なので、第一に豊臣の絶対的忠臣で人柄温厚でいつも笑顔で揉めがちな大坂城内の良心的な存在で口数が少なくて部下に慕われているってのがマストなんだけど、それ考えるにつれ某大河の同姓同名の人が何一つ合ってなくて泡吹くんだよな。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 02:21

眠れなくて色々考えていたけれど生涯を掛けてただ豊臣を信仰していたい。仏門に入るのとは違うけど、ただ豊臣兵として、豊臣の人間として相応しい、誇り高く清廉潔白な生き方をしたい。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 02:51

ただ純粋に豊臣を信仰して豊臣の為に生きたい。以前の様に、ただ豊臣一筋に生きたい。ここ最近の堕落した生活や理不尽な事象も、豊臣から離れているからではないかと考えると道理が行く。完全に宗教じゃん…と思われるかもしれないけど、自分の中の箍が外れるのは芯が揺らいでいるからではないかと。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 02:54

秀頼様のことを考えると、常に自分に正しく生きよう、秀頼様の兵として相応しい人間になろうと思えるから、私には秀頼様が必要なのです。宗教こわいと思われるかもだけど、それで心が綺麗になって他人を害すこともないなら、それは良いことでしょう。私は秀頼様に対し恥ずかしい生き方はしたくない。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 02:56

秀頼様が何の為に戦ったのか、秀頼様が守りたかったものは何か。天下人としての矜持か、自分を慕う浪人達か、大坂の民か…。考え方は色々あるけれども、道義に反するヤスの所業が許せない、それを許してはならないと考えられた面もあると思う。立ち向かうことこそ正しい道であると信じられたからだと。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:02

道に外れた者がいれば、それを正してやらねばならない。それが、主君と臣下の立場であれば尚更、正しい道を示さねばならない。奴は自分を天下人だと奢っていたのだろうが、秀頼様は身をもって主としての豊臣の威光と自らが天下人だと示されたんだ。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:05

よく結果論で最初から豊臣は勝ち目なかったとか言われるけどそうでもないとも言われてるし実際に善戦したと思う。最終的に天運が勝敗を期しただけ。それを誤解してメタ視点でどうこう言われるのは滑稽とすら思えますわ。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:07

今年の北川館長のご講演が秀頼様ゴリ押ししてくれて秀頼様ご本陣の兵士は喜びに満ちてるんだけどこんな奇襲告知されても大坂上洛出来ないのでレポ待ってます。 pic.twitter.com/hyO1QWSB0x via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:10

昨年幸村推しだったのは分かるんだけど何故今年になって三本も秀頼様中心で、しかも館長自らご出陣されるの?秀頼様の時代来ました? via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:12

◆船場大阪を語る会 第181回例会
演題「秀頼時代の豊臣家」
日時:平成29年3月11日(土) 13:30~16:00
講師:大阪城天守閣館長 北川央
会場:愛日会館(大阪市中央区本町4-7-11)
問合わせ:愛日会館(TEL 06-6264-4100) via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:15

◆住吉大社セミナー 
 演題「豊臣秀頼の実像」
日時:平成29年5月22日(月) 14:30~16:00
講師:大阪城天守閣館長 北川央
会場:住吉大社吉祥殿(大阪市住吉区住吉2-9-89)
問合わせ:住吉大社(TEL 06-6672-0753) via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:15

◆第133回懐徳堂春季講座「豊臣から徳川へ―転換期をめぐる歴史学最前線―」
演題「秀頼時代の豊臣家と大坂の陣」
日時:平成29年6月4日(日) 13:30~15:00
講師:大阪城天守閣 北川央 via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:16

会場:大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール(大阪市北区中之島4-3-53)
問合わせ:一般財団法人懐徳堂記念会事務局(TEL 06-6843-4830) via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:16

私が事あるごとに秀頼様くれくれ言ってた念が漸く大阪城に届いたってことかな スピリチュアル()。 via Twitter for iPhone
2017.02.28 03:17



最近忙しくて読書も出来ないし色々と後回しにしていたことが少なくないので、
三月は今月以上に忙しくなるけれども少しずつ良い方向に進めて行きたいです。
秀頼様見守っていて下さい…ずっとお慕いしております。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.