BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2017/03/18(土)   CATEGORY: 美術館・博物館
トーハクで、花下遊楽図屏風とお花見を。
今年も「 博物館でお花見を」の季節がやって来たのでトーハクへ。
春の代名詞。
中央部が切ない。

今年は恒例の「花下遊楽図屏風」も国宝室に来ていました。
二年に一回くらいは来ている気がするけれども昨年はなくて寂しかったんだわ
春はこれ見ないとねー。



今年も会えたね。
春の庭園解放や桜モチーフの展示も始まって館内はすっかり春模様。
公園も早い所はもう桜咲いてるのねえ。


戦国関連いくつか載せておきます。


蜷川親胤の清正像模本。
清正に会いたい。



一の谷後立兜。
はりねずみ。
馴染みあり過ぎる。


小堀遠州の鎧。
お~いお茶。
お庭のイメージも強い。



個人的に気になったのが和久是安の、斎雲なる人物に宛てた書状。
是安自身も秀頼様の右筆の方なので親近感湧くけど、
大坂の陣厨は和久氏と聞くと取り敢えず宗是辛状態になりません?私だけ?
秀頼様の祐筆。
秀頼様の名前見るだけで私は。


他には、光秀書状、三斎書状、香宗我部文書(巻3,4)等。
香宗我部文書は、巻3では織田信雄書状の部分が展示されていて、
小牧長久手で勝利したとか、強気な信雄の態度が見て取れた。
巻4はヤス書状の部分だった。



それと、考古室で木造駅のしゃこちゃんこと遮光器土偶展示中なのも
先日知ったのでちゃんと見て来ました。
いつも考古学の方適当に流し見しがちなのでうっかりしてたわ。
しゃこちゃん。

みみずく土偶も可愛い。
みみずくちゃん。

なお、考古室の入口ではトーハクのプリンスこと挂甲武人がお出迎えしてくれます。
トーハクのプリンス。


上野公園では絶賛花見準備中で、ロープやごみ箱他諸々が用意されていて
係の方お疲れ様です…。桜は好きだけどあの人がごった返す雰囲気苦手なので
ずっと冬で良いのにと思ってしまう 愛しい季節よまた来年会おう。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.