BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2017/04/25(火)   CATEGORY: 攻殻機動隊
攻殻過去作見直したけど、やっぱり2ndが至高では?
作業がてらイノセンスやSSSを部分的に見直したりしてたんですが、
あーここ好きだったな、懐かしいな、みたいな感覚はあるんだけど
クゼを見ると即座に2nd最高ウイルス発動するから永遠に2ndの民です。


「キネマ旬報 2017年4月下旬号」の、押井さんインタ読みました。
WEBでこの内容の簡素版を読んだことあるけれど、こっちは大分詳しかった。



「ゴースト・イン・ザ・シェル」公式アートブックはその内買いたいからメモ。

ツイログ。


<4/24>
ARISEになってから本当に虚しい程に攻殻に興味なくなって、一応情報更新されたら少しは気にしていた(実際にテレビを見たり舞台も見に行った)けど、特に面白いとも思えず自分はもう攻殻への情熱なくなったのかなって思ってた。だからこそ実写版へも何の期待もなくて、平穏に一応見て終わりかと。 via Twitter for iPhone
2017.04.24 22:15

それが、クゼ登場、オリジナルキャストの登板、従来の攻殻シリーズリスペクトと来たら、今こんな攻殻尽くしの毎日になるのも当然なのかもしれない。私やっぱり攻殻好きなんだなと思えたし、久々に聞けたクゼの声は確かにクゼだったし、第五の攻殻を攻殻として受け入れて好きになれた。幸せなことです。 via Twitter for iPhone
2017.04.24 22:17

神山監督の次の新作アニメがSACの続きなら一番嬉しいけど第六の攻殻なら、それはそれで穏やかに受け入れたい。ただ、オリジナルキャストが採用されることを祈るばかり。キャスト交代が、ARISEが受け入れられなかった一番の理由であり、逆に言うとそれに尽きる。 via Twitter for iPhone
2017.04.24 22:19

SACに続編出てももうクゼはいない様な気もするけど、クゼはネットワーク上にいて素子の守護天使になってるから素子の潜在意識として現れても良いしハダリの様な媒体で現れても良い 可能性確かにあります。 via Twitter for iPhone
2017.04.24 22:21

クゼも色んな人と意識を共有して来たから、素子とコシキの様に、潜在的無意識が一人歩きして再び敵側で現れる可能性もあるんだよな。クゼと意識を共有した者の集合体が、第二の笑い男になる可能性もある。第三のコンプレックスを生み出す混沌。もう何でも良いからクゼくれよ(短絡 via Twitter for iPhone
2017.04.24 22:24

複合された存在であってもその中にクゼみを感じたらクゼだと思うから…そして最後はまた良い人になってくれ あと必ず力也さんでお願いします ここはマストでお願いします。様式美です。 via Twitter for iPhone
2017.04.24 22:25

久々にイノセンスのクライマックス見たらGITS以上にやり切れない虚しさが残った。守護天使はラスト15分くらいしこ出ないしそれでいてあの表現、文字通り天使はいつでも側にいるけど目には見えない感じ。やっぱり押井作品暗いなあ…好きだけど! via Twitter for iPhone
2017.04.24 15:55

それと比べてSSSのめでたしっぷり際立ってる バトーさん大勝利じゃないですかーーー腰に手を回せなくても勝利じゃないですかーーーもーーーー!!! via Twitter for iPhone
2017.04.24 15:56

自分の中にクゼの存在が内包されてることに気付いた素子の穏やかな表情目を見張るものある クゼは守護天使枠。 via Twitter for iPhone
2017.04.24 15:58

ほんっっっと実写クゼの最後がSSSへのオマージュなのよな。あれはGITSのオマージュと思われるのかもしれないけど、クゼの言葉はイノセンスにおけるハダリの立ち位置(守護天使)だしクゼ素が並んでいるの完全にSSSだから意識共有してるし既に融合してる…。 via Twitter for iPhone
2017.04.24 16:02


<4/25>
生身の両手を使用したのに、クゼが絶望するような鶴が折れた。 via Twitter Web Client
2017.04.25 04:25

私が折ったのは鶴ではなく自らの心だ(二重意味 via Twitter Web Client
2017.04.25 04:27

さささ最初は言葉に障害があったクゼが、じじ自分を取り戻すにつれ
言葉が流暢になっていったのは何故なのだ 言語野をメンテしたのか興奮状態になるとアドレナリンが出て言葉がすらすら出てくるのか、どどどどうなんだ。 via Twitter Web Client
2017.04.25 04:32

実写クゼは最初はこの世の全てを憎んでいるような人だったけどミラに「真実」を告げた時の声色は幾分落ち着いていたし無法地帯に来た時は今までにないくらいナイーブになってたし心を通わせてからはあんな緊迫した状況なのにほぼほぼ清らかになってたものな。 via Twitter Web Client
2017.04.25 04:35

あのクゼの声色の変化もたまらんのですよ 実写クゼは上から目線だったり攻撃的だったり同情的だったりして熱量が多くて同志クゼと比べて随分人間味があるけど、極め付けに「やめろ!!!」を聞いた時はクゼはこんな声も出すんだって驚いたものよ。 via Twitter Web Client
2017.04.25 04:38

ヒデオ、モトコ呼びだけでもアーーーーーってなったけど二人称も君、あなた呼びだからこ、恋人ーーーーーってなった まあお前呼びでも25~26話のクゼ素の声色や言動の甘酸っぱさと言ったら禁断の果実の味がするから実写に全く負けてないけどな。 via Twitter Web Client
2017.04.25 04:40

マイケルのインタでクゼは少佐のことを自分と似た存在、兄弟や姉妹のような存在と言っていたけれど、実際に被検体2571:通称クゼ、同じく被検体2571:通称ミラ・キリアンは兄妹設定でもおかしくない さあ楽園に還りましょう…? via Twitter Web Client
2017.04.25 04:41

RT Ghost In The Shell @GhostInShell
Listen to the incomparable @SteveAoki's remix of the iconic theme from the 1995 #GhostInTheShell anime. pic.twitter.com/qWLckliz2A via Twitter Ads
2017.03.06 05:01

RT I.Gストア 公式 @IGSTORE_JP
【新商品】攻殻機動隊
「ゴースト・イン・ザ・シェル」公式アートブック
THE ART OF 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL
7,000円+税
ハリウッド実写版のアートブック!
大ボリュームです!
#IGストア #攻殻機動隊 pic.twitter.com/1gTsux5MNI via Twitter Web Client

2017.04.25 15:23

昔のPV見てると本編に採用されなかったカット多くて楽しいなあ クゼの場面も迫力あって良いわあ。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 19:23

実写版のアートブック、如何にも翻訳モノって感じがして良い 仮にこれ英語で読めって言われたらちょいダルだけど日本語で出してくれるのヤッター買います。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 19:24

実写攻殻の読んでた。スカヨハインタと押井のインタ。ダイジェスト的なのは以前からwebで読んだことあったけど、特に押井さんのは本誌のが大分詳しい。
キネマ旬報 2017年4月下旬号 No.1744 キネマ旬報社

via Twitter Web Client
2017.04.25 20:37

脳以外はサイボーグと言う少佐を演じたスカヨハ「私たち人間の場合、例えば他人の話を立って聞いている時、手が動いてポケットに入ったりする。そういった無意識レベルの行動や、不必要な動きを一切しないよう、つねに気を配ったわ」これ全く違うやつ!脳が人間だからこそ無意識の行動をするんです!! via Twitter for iPhone
2017.04.25 20:40

スカヨハが悪いとかじゃなくて、脳が生身だから無意識レベルの行動をするのが義体化した人間とアンドロイドとの違いだって、そう言うことを周りが教えてあげるべきなんだよ。実際に映画見たらそもそもそんなことすら気にならなかったから別に良いんだけど。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 20:42

自動折鶴製造超高性能サイボーグの話をさせて欲しいんだけど、彼は全く無意識で折鶴を作る機能を有しているんだ。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 20:44

押井さんは自分でもAvalonみたいな作品を撮る人だから、今回の実写版に対しても「監督」目線の意見や、GITS監督としての作品の評価と言った、様々な切り口からの意見が読めて良かった。「ものすごくよくできた3DCGアニメーション」ってのとても簡潔で分かりやすい。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 20:47

クゼのこと何でこんな好きなんだろう、と考えた直後に、そんなの全部だよ彼の持つ要素、彼を形作るありとあらゆるものが美しく貴く愛しく見えてるって即答する私がいる。理屈も理由もあるけれど説明が及ばない程に、クゼと言う人物の魅力に抗えない自分がいる。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 13:11

人型ロボットに対する人間の感情を説明する仮説、不気味の谷現象は、アニメでも実写でも感じるところだな。3DCGにおいて難しいところなのに、本作ではちゃんとゴーストが入っていると。私そこ完全に吹替の力で助けられた感じある。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 20:51

圧倒的なデジタルの物量で、ロケをしているのに世界の作りがアニメーションになってる。日本じゃ永遠に出来ない作り方。実写版が面白いと思うのは、脚本そのものより原作へのオマージュだったり映像美だったり実写とデジタルとの融合面が大きいよね。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 20:55

「バセットはわざわざ出さなくても良かった。バセットって実はああ言う路地の野良犬には全然向いてない。野良になったとしても3日と生きられない。そもそも人間でも機械でもない存在としての動物と言うイノセンスみたいなテーマは今回含まれてない。」押井のバセット愛熱い。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 20:57

「人間を人間にするのは記憶じゃなくて何をするか。認識じゃなくて倫理。そう言う結論から初代のアニメに繋がる構造。今回のメインテーマは川井君がOPのつもりで作り直した筈だけどEDに回ったのはそう言う意味だと理解してる。初代アニメではOPだったから今回はEDで初代に繋げたいと言う。」 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:00

川井さんの曲で、初代アニメに繋がると言う認識はなかったからここはへーと思いながら読んだ。初代とは違う倫理に行き着いたから、川井さんの曲はファンサだと思ってたわ。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:03

「今回の映画は人工的に作り上げた世界と人工的に作り上げたキャラクターにどうやって魂を入れるんだと言う、一つの回答だと思った。今回の映画にどんな意味があったのか、正当な評価が出るのは多分来年以降。」
映像作品を、時を経てから価値が見出せるとするのはイノセンスと同じってことかな。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:05

2ndGIG見てみたいけど26話全部見るの怠い、かと言って総集編は飛ばされ過ぎて分からないって人は、2ndの内個別の十一人が関係あるエピソードだけ見れば良いと思います。タイトルバックが灰色=単品の話、白か黒=個別の十一人(白=クゼ、黒=ゴーダ)の話だよ! via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:11

http://anime.geocities.jp/koukaku2029/SAC02/
分かりやすいサイトあった。
本作品は一作目の「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」と同じく、2クール分全26話で構成されている。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:12

そして大別すると、その中身も2重構造となっており、1話完結(dividual episodes)の作品と複数話の作品である「個別の11人事件」の話が融合して、この2nd GIGはかたち作られている。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:13

ちなみに、ご覧の作品が「dividual episodes」か、「個別の11人事件」の話に含まれるものかは、各話のサブタイトル画面の背景色で判別できる。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:13

しかし、「個別の11人事件」はさらに2つに色分けされている。 クゼ(individual episodes)とゴーダ(dual episodes)で分けられており、それぞれのイメージカラーとなっている。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:13

一話完結「dividual episodes」は 「灰」、個別の11人関連は  クゼ「individual episodes」は「白」、ゴーダ「dual episodes」は「黒」 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:14

4 天敵(黒)
5 動機ある者たち(白)
7 狂想は亡国の調べ(黒)
9 絶望という名の希望(黒)
11 草迷宮(白)
12 名も無き者へ(白)
16 そこにいること(白)
19 相対の連鎖(白)
20 北端の混迷(白)
21 敗走(白)
22 無人街(黒) via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:19


23 橋が落ちる日(白)
24 出島、空爆(白)
25 楽園の向こうへ(白)
26 憂国への帰還(白) via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:20

灰色が11、白が11、黒が4。こう考えるとやはり2ndはSACよりも通しの話の割合が大きいなと思う。そして草迷宮で白が使われていたことでも、あの男の子がクゼだと即見破られてたのやむ無しだなとも。(神山監督は何故バレないと思ったのか謎w)全話クゼの話で良かったんだぜ…。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:23

SACの方も引用しとく。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:25

本作品は2クール分全26話で構成されている。その中身は2重構造となっている。1話完結(STAND ALONE)の作品と複数話(COMPLEX)の作品である「笑い男事件」と呼ばれる劇場型犯罪を中心にした話が、融合して1stシリーズがかたち作られている。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:25

ご覧の作品が「STAND ALONE EPISODE」か、「笑い男事件」関連の話を「COMPLEX EPISODE」に含まれるものかは、各話のサブタイトル画面の背景色で判別できる。 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:25

一話完結「STAND ALONE EPISODE」は 「緑」、笑い男関連「COMPLEX EPISODE」は 「青」 via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:26

笑い男関連は全26話中、12話。
4 視覚素子は笑う
5 マネキドリは謡う
6 模倣者は踊る
9 ネットの闇に棲む男
11 亜成虫の森で
20 消された薬
21 置き去りの軌跡
22 疑獄
23 善悪の悲願
24 孤城落日
25 硝煙弾雨
26 公安9課、再び via Twitter for iPhone
2017.04.25 21:30



明日は一週間ぶりに映画見に行きます。
4/20でIMAXを始め特設のは殆ど上映終了しているぽいのでノーマル3Dの予定。
朝の一回だけとかかなり制限あるけどちゃんと起きられたら行きます。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.