BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2017/05/29(月)   CATEGORY: 美術館・博物館
曳山博物館 企画展「秀吉と長浜-曳山祭り成立のころ-」を見ました。
曳山博物館 企画展「秀吉と長浜-曳山祭り成立のころ-」を見ました。
IMG_9028_400.jpg

展覧会名:企画展「秀吉と長浜-曳山祭り成立のころ-」
開催期間:平成29年5月15日(月)から平成29年7月16日(日)
会 場:曳山博物館(元浜町)

チラシはこちら

展示品は長浜城所蔵のものがメインでした。
展示品メモ。

太閤記図屏風(個人像、右隻と左隻で秀吉様の人生を描く)、
大身槍 銘 かうしゆうなかはま吉ゑもん作(部分)、
秀吉様像(北村李軒 画)、長浜町絵図 川崎小次郎手書、
羽柴秀吉朱印状 (鮒鮓礼状、1584年、長浜町惣中宛)、
羽柴秀吉書状(1580年、伊藤左衛門宛)、
羽柴秀吉書状(1580年、小寺高友(休夢斉)宛)、
信長黒印状(1581年、秀吉様宛、鳥取攻めの時のもの。
光秀らを援軍に送る、信長自身も出陣のつもりと述べる)、
一石五輪塔(長浜城石垣の遺構。長浜城発掘調査の際に出土)。


曳山は赤さが目立つ猩々丸と、鳳凰山の二種が展示中でした。

入口入ってすぐのコーナーには浜仏壇が展示してあるのだけれども、
曳山博物館に仏壇がある理由として、「仏壇の宮殿を大きくしたのが曳山」
「曳山の製作者が仏壇の政策にも携わっていたと伺える」と
説明があり、そう言えば最近霊柩車なぞ見なくなったなあと
ぼんやり考えたりした。

昔、外国人が日本に来た時に霊柩車を綺麗な車だと写真を撮りたがると
聞いたことがあるけれども、知らない人が見たらそうなのだろうな。
仏壇は暗いし曳山はおめでたいハレの日のイメージだから
そう考えると不思議なものだ。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.