BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2017/07/07(金)   CATEGORY: 攻殻機動隊
同志クゼと実写クゼにおける力也さんの演じ方の相違に大変興味ある。

実写攻殻のトレーラー見ては実写クゼ素も好きだなあと思いつつ
その後やはり2ndクゼ素を再考しては2ndクゼ素が最高過ぎると言う話になる。

同志クゼと実写クゼ、力也さんは演じる時に何処を同じ様に、或いは違う様に
演じられられたのか気になるよお。



ツイログ。


<7/4>
実写攻殻プレゼンすべく客観的視点で文章書きたいなあと思ってたんだけど完全に自分の文章だなーーーってのしか書けなかったので諦めた。 via Twitter for iPhone
2017.07.04 01:51

一日中吹替版トレーラーを脳内再生してた 実写クゼが可愛い…(顔映ってない via Twitter for iPhone
2017.07.04 22:01

同志クゼは人生に達観してたことやあのビジュアルの所為もあってとても落ち着いていたし基本的に終始淡々としてたけど、実写クゼは喜怒哀楽ハッキリしていてそれでいてクールビューティだし人間味に溢れてるとこ好きだよお。 via Twitter for iPhone
2017.07.04 22:05

字幕で見た時は同志クゼと別人だけどそれはそれで好きとか思ってたけど、吹替で力也さんの声が聞こえた途端彼のこと完全にクゼだと認識したから声の力が本当に凄い。マイピの義体から長年親しんで来た彼の声がした時、義体が器でもクゼのゴーストがあの声に感じられた。 via Twitter for iPhone
2017.07.04 22:13

イノセンスでハダリ出て来た時の感覚だよね…真ヒロインじゃね…。 via Twitter for iPhone
2017.07.04 22:15

同志クゼは難民との触れ合いの中で心身の不可分を悟ってたけど、実写版は義体における心身の不一致と言う問題がまるっとカットされてるから、ミラちゃんは義体化一年でハイパー義体使いになれても本筋とは無関係なんだ。 via Twitter for iPhone
2017.07.04 22:18

ミラちゃんが不安定なのはあくまで過去の記憶がないからで、作り物の体については特に悩んでないからな。 via Twitter for iPhone
2017.07.04 22:20


<7/5>
実写クゼのこと、本当は笑ってないけどポジ的にはクゼよりも笑い男のが近いよなあと思うんだけど、それでも彼がクゼと名付けられた最大の理由が素子との過去の物語だと思うからみんな過去と繋がって生きてる…ミラちゃんも…モトコ…。 via Twitter for iPhone
2017.07.05 08:18

同志クゼと言う人は人体実験で捨てられた存在でもなければ私怨で復讐をする様な小さな人でもないけど、幼い頃に義体化して生身を捨てたこと、難民に対して救済或いは復讐をしようとした人ではあるから、やっぱり実写クゼにもクゼと名乗るだけの要素があるんだよな。 via Twitter for iPhone
2017.07.05 08:22

仮にマイピの演じたあのキャラクターが、俺は笑い男だと自分で言ったら完全にリアル笑い男の模倣犯になってしまうのもあるな アオイですら自ら笑い男と名乗ってないしそもそも笑い男のオリジナルは存在しないのだから。 via Twitter for iPhone
2017.07.05 08:24

同志クゼも自分でクゼとは名乗ってないんだけどな。 via Twitter for iPhone
2017.07.05 08:25

IGストアで短冊書けると聞いてソワっとした どんな形でも良いからまたクゼに会いたいと書きに行けば良いです? via Twitter for iPhone
2017.07.05 22:48

SSSの最後に素子がこの2年間何の為に放浪して「〜或いは特定の誰か?」の台詞を言った時、結局傀儡廻の正体がアレで素子の中にクゼの意識も存在したとか言うオチを見て藤原佐為を思い出したの私だけではないと思う。 via Twitter for iPhone
2017.07.05 22:52

クゼに結線しなくともクゼに共感しただけでもクゼと精神的に繋がれるなら、電脳化してない難民の自分でも無意識の中にクゼを見つけることが出来ます? via Twitter for iPhone
2017.07.05 22:55


<7/7>
瓦礫の下に閉じ込められたクゼ素、仮に素子が本気で最後まで諦めないなら足の一本くらい引きちぎってバトーにでも救助求めるだろうと書いたことあるけど、クゼもあれ程多くの難民と繋がっていながらも誰にも助けを求めることはなく、斯くなる上は革命こそが最良の方法と言う考えになったの本当クゼ。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 03:47

クゼは人生で誰かに助けを求めると言う考えを持たないで生きて来たし、難民達の弱さ、彼らが実践的な行動をしないこと、そもそも橋へ向かおうとしたのも自らの意思でなく素子がそう言ったから事態を収拾させる方法の1つとして向かおうとしただけだから、クゼ自身としては革命に向かうのは当然だった。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 03:49

素子はクゼを引き渡すよりも、それを偶然の引き合わせとしてクゼの本心を聞きたい、彼があの時の少年か確かめたい、と言う気持ちが強くて、それでいてクゼの話を聞いて感化されて彼に身も心も委ねることを選択したのではないか。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 03:52

仮にクゼがあの時の少年でなかったとしても、殆ど確信していただろうし、その上で突っ込んで聞かなかったのは無粋であるとか向こうがそのつもりならこっちもと言う小さな反抗心とか万が一違ってももうクゼについて行こうとしたからとか、そう言う複雑な感情があったからかも知れない。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 03:54

クゼも分かってるような分かってないような答えしかしないんだけど、彼の電脳の深くには確かにあの時の記憶はある筈だけど、それは外部記憶としてあのお店に置いて来てしまっているからクゼはあの時のことを思い出せない(敢えて思い出そうとしないと結び付かない)からなんだよ。そのすれ違い切ない。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 03:56

今まで誰にも頼らず、頼れず、心を許せる相手もいないで生きて来たクゼが、その本心を素子に伝えたのは同胞意識の様に思えるけれど、そのニュアンスの中に、素子にそんな相手になって欲しいと言う意思が感じられないのは、彼は本心を閉ざすことにあまりにも慣れ過ぎたからかと思えて寂しい。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 04:00

対して、素子の「いなくはない」の中には、九課だったり、もしかしたら目の前にいるクゼ(或いはあの時の少年)がそう言う相手になり得るかもしれない、と言う考えがあった、と言うのが公式見解(神山監督のお言葉)だからぶったまげたよな。私ここ完全にバトーのことだと思ってたから…。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 04:02

私くらいのクゼ素厨ですらあの直後の十字架背負ったバトーの姿を見てバトーのことねとしか思ってなかったのに、そこにそんな意図があったなんて信じられなかった そんなのクゼ素厨の妄想を超越してた いや確かに敦子さんの気持ちがクゼ寄りになってたのは知ってたけど素子…お前…。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 04:04

ならばもしかして、クゼの「俺はずっと探している」にも、素子にそんな相手になって欲しいと言う意図が少しでも存在していたのかしら。いつか監督に聞いて見たい。そしてそれを演じた力也さんにも、この時のクゼがどう言う気持ちだったと思うか、どう言う感じで演じていたのか聞いて見たい。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 04:07

クゼは天才過ぎてあまり共感されないキャラとも言われるけど、力也さんはクゼの気持ちになって演じられていた筈。あの26話でのクゼは、素子があの時の少女だと気付いていたと思うかも聞いて見たいな。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 04:09

あと実写クゼが、マイピの時は同姓同名のキャラだったのに力也さんの声が吹き込まれた途端にクゼのゴーストを感じた件で、力也さんは同志クゼと実写クゼの、どう言う点を同じように、或いは違うように演じ分けたのかも聞いて見たい。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 04:12

実写クゼの方が生々しくて感情豊かなのは分かるけど、ここは同志クゼを意識したと言うところがあるか、それとも全く別人のつもりで演じたのかが気になる。 via Twitter for iPhone
2017.07.07 04:13




今日は七夕なんですよね。
今一つお願い事をするならまたクゼに会いたい クゼ会いに来て欲しいよ
いつ何処でどんな形でもきっと貴方だと気付いてみせる 待ってる。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.