FC2ブログ
BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
【大暮維人】「バイオーグ・トリニティ」Bug1&2 感想【新連載】

ウルジャンで2013年1月号より新連載の「バイオーグ・トリニティ」読みました!

1話と2話の一挙掲載、表紙&巻頭・センターカラーと気合入れたスタート。
そんな私の第一印象は、ストーリーは頭に残らなくて絵が上手いなってのと
グレ先生またちょっと絵変わったなっていつもの感想だったんだけど/(^o^)\

帰ってからじっくり読んだらちゃんとストーリー理解出来たよw
初見は絵にしか注意行かなくても仕方ないんだ…。

今回も最初は学園モノですが、既に架空の病気(バイオ・バグ)やら
架空の世界観(第一次バグ戦争etc)やらバグ罹患者と言う異能っぽいのやら
出てきているのでああグレ先生ぽいなと。

原作は舞城さんなので純粋にグレ先生の世界観じゃないだろうけど
グレ先生が描くのに何の違和感もないと言うかw
既に主人公もヒロインもバグ罹患者だし。

恒例のpntとかstg描写があるのは ああ うん。
バトルも、いつ起こってもおかしくない雰囲気である。



台詞や文章が全部横書きなのがちょっと違和感だなー
日本語じゃない設定とは思えないのでそういう演出なんだろうけど
ちょーっと慣れないな。


今週は主人公+その周辺の顔見せ的な話なのかな。
ぶっちゃけグレ先生の美麗絵目当てなので感想らしい感想が
書ける気がしないけど連載は追っていきたいです。

早く可愛い子が出て来て欲しいよお!
キャラ厨なので;;;;;;可愛い子がいないとハマれない;;;;;

あと天天のブルーレイの宣伝やコンビニ限定のジャンプリミックスの宣伝
見るにつれ、バイトリへの今後の期待よりも天天が愛おしく思えてだな;;

とりまグレ先生の今後に期待!
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © BAD END. all rights reserved.