FC2ブログ
BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2018/01/11(木)   CATEGORY: 攻殻機動隊
攻殻SSSがクゼ素じゃないと思ってる人こそ小説読んで。

定期的にSSSの根底がクゼ素と言っている難民なんですが、
大事なことなので何度でも言います。
正式名称は「攻殻機動隊S.A.C.SOLID STATE SOCIETY」、
神山 健治 (著),‎ 春日 康徳 (著) です 宜しくお願いします。

あとはいつも通り2nd見ながらクゼや個別の11人や難民の話をしているやつ。
個別の11人の本名その内覚えたい(よく見えない


ツイログ。


<1/7>
動機ある者たちはクゼの紅一点ならぬ白一点感がたまらんのですが没個性的な面子の中でクゼだけ浮いちゃって若干ハブられてる感あるのもいとをかしなのですわ。
2018/1/7(日) 23:31 Twitter for iPhoneで

あいつらちゃんと本名あるのに(15話見てね)設定資料とかで個別の11人AとかBとかの扱いなので本当不憫だなと思う 私は彼等を忘れんよ…。
2018/1/7(日) 23:35 Twitter for iPhoneで

あいつら自決する気満々だから絶対順々に車に乗り込んでクゼが最後尾だからって必然的に助手席に回されたんでしょ それでいてクゼは自決するよりも聖典がどうしても見つからなかったことをずっと悶々考えてたんでしょ…可愛い…。
2018/1/7(日) 23:39 Twitter for iPhoneで


<1/9>
「そこにいること」はタイトルの付け方が誠に見事で、ハブ電脳とは?→出島に存在を確認→クゼのカットが入る、って全体の流れもだし、物言わぬクゼがそこにいるだけで人々の心を捉える魅力がある人物だと言うことを第三者視点で語ることもだし、クゼの人物像の描写が凄く良い。
2018/1/9(火) 1:04 Twitter for iPhoneで

全体通してあんなクゼ中心の話なのにクゼの台詞は「確かにお客気分だったかもしれないな」「そいつと交換してくれないか」「ええ」の三言しかないんだけど、それでいてクゼの存在感が際立ってるのが良い クゼ優しい。
2018/1/9(火) 1:08 Twitter for iPhoneで

その直後に修好母子来るのがもーーーたまんないんですけどあれは素子が良いお姉さんなだけでなく素子の行動や言葉がロウと重ねて描写されてるからって話だよ 知ってるね。
2018/1/9(火) 1:10 Twitter for iPhoneで

クゼ贔屓を抜きにしても(抜けるのか?)、素子がズカズカと男子浴場の更衣室に入って行って男性のが逃げてく場面とか、私は気が短いぞとか17話の素子かっちょ良過ぎでしょ マジ強い。
2018/1/9(火) 1:16 Twitter for iPhoneで

自分がいつクゼを好きになったか最早覚えてないんだけど気付いたら好きになってたのだけは覚えてる 何で大切な記憶なのに忘れてしまうんですかね…私も何処かの外部記憶装置に残してないものか…。
2018/1/9(火) 1:24 Twitter for iPhoneで

後藤さんの描かれるクゼが御本尊だからってのもあるけど本当に綺麗で好きなんだけど、特にあの髪の柔らかさを感じるところは特筆したい 一枚絵とか最終回とかクゼの髪の柔らかな表現いつも見惚れてしまう。
2018/1/9(火) 1:43 Twitter for iPhoneで

二人とも全身義体だと分かっているけど最終回のクゼ素の描写とか体温感じるものな その反面お人形の様な完成された美しさもある 二律背反。
2018/1/9(火) 1:47 Twitter for iPhoneで

RT @GITS_FanArt: #攻殻ファンアート 第5回
【ツーマンセル】
【冬の日】
作成時間に決まりはありません、自由に作成してください!
今回より試験的に2種類以上のお題を出します。どれか一つでも良いですし、組み合わせて使うのもOKです😊
RT:8 2018/1/9(火) 21:25 Twitter for iPhoneで

九課所属でない人向けにお題二つ用意して下すったと聞いて管理人様のお心遣いに感謝 いつも一人で戦ってた人とかいるもんね…。
2018/1/9(火) 21:27 Twitter for iPhoneで

相対の連鎖から登場する難民プラス若者いるけど、あいつら名前ないから勝手に戦場カメラマンとタイバニとクゼに惚れた若者ってあだ名付けて呼んでるけど誰にも通じねえ。
2018/1/9(火) 21:33 Twitter for iPhoneで

プルトニウムが偽物だと分かった後にクゼが上手いこと他の難民を振り切る提案する時にあの戦場カメラマン(仮称)がクゼにお前を信じる他あるまいとか言って胸をトンってやるけど、あれおおおお前クゼとそんなフランクな関係だったのかよと結構びっくりしたんだけど何かクゼが無関心そうなのが良い。
2018/1/9(火) 21:38 Twitter for iPhoneで

そんな彼らは25話であっさりしんでしまうんだけど無自覚な視聴者は彼等の最期に気付きもしないんだろうなと思うと救われない気がする それと比べて個別の11人は派手なパフォーマンスをしたからまだキャラが立ってたし生き様より死に様と言う言葉が思い浮かぶと言うか何と言うか。
2018/1/9(火) 21:45 Twitter for iPhoneで

IGストアのメインビジュアルの中にはKOBETSU◆DANCERSだけでなく難民もいるから探してあげて下し。
2018/1/9(火) 21:49 Twitter for iPhoneで


<1/11>

戯れにSSS小説を手に取ってしまったんだけど、序盤の笑い男事件と個別の11人事件の解説、各々5頁でめちゃくちゃ簡潔に書いてあるの凄いなと思うしこれだけ読んだら概要分かるまとめ力に関心するけど全く本編読んでない人が読んでもほぼ何も頭に入らないだろうなと思うのはアニメの総集編と同じだ。
2018/1/11(木) 1:29 Twitter for iPhoneで

この小説は何せ神山監督と春日さんの公式小説であることを前提にした上で序盤でいきなり素子がクゼの回想始めてるしクゼの姿を求めてきたとか断言されてるから読む度にクゼ素難民は救済されてる。
2018/1/11(木) 1:33 Twitter for iPhoneで

デジャブも何もお前だからなって言ったら身も蓋もないんだけどぶっちゃけSSS初めて見た時攻殻の新作であることに感動し過ぎて結局誰だったんだよって思った記憶がある。
2018/1/11(木) 1:36 Twitter for iPhoneで

受け入れやすい情報のみを搾取してるタイプの人間なので私の見てる攻殻殆どクゼが出てるしクゼが主役で良いんですけどどうやら一般的にはそうでないらしいな…。
2018/1/11(木) 1:40 Twitter for iPhoneで

こう、同じモノを見ていても人によって全く見え方が違うってのは人形使いが求めた人間の多様性を感じるよな。
2018/1/11(木) 1:45 Twitter for iPhoneで

13頁。「クゼは静かに瞼を閉じる。彼は死んだのか、それともネットに旅立ったのか…?壮大な理想を抱いて姿を消したクゼに想いを馳せながら、素子は組織的方法論では解決できない"正義"があるのだと痛感し、九課の作戦行動中に姿を消した。そして、二年の時が流れた…。」
2018/1/11(木) 2:22 Twitter for iPhoneで

17頁。「革命を果たせぬままクゼはどこかへと姿を消した。以来、素子は自分の一部を失ったような空虚な思いを過ごしてきた。誰にも干渉されずにひとりきりになりたい気持ちと、誰かと触れ合い温もりを感じたい気持ち。両者の狭間を彷徨いつづけ、電脳空間上にクゼの姿を求めてきた。
2018/1/11(木) 2:25 Twitter for iPhoneで

もしかしたら目標は、ネットに消えたクゼの"ゴースト"なのではないか?あるいはーー。」
2018/1/11(木) 2:25 Twitter for iPhoneで

この描写は物語序盤「傀儡廻か、悪くない名だな」より前の、本当に冒頭のところにある描写。素子が空港に立てこもる犯人の電脳にハッキングをかけて逆探知していた時に、懐かしさとも既視感ともつかない馴染んだ感触、として飛行機事故の話〜クゼの話が語られるんです。素クゼ最高じゃね;;;;;;
2018/1/11(木) 2:28 Twitter for iPhoneで

SSSでは6歳から電脳化出来る、義体はもっとハードルが高いと語られるけど素子は理由が理由とは言え6歳で完全義体化してるしクゼも8歳で完全義体化してるからその心身の痛みや孤独を考えるだけで胸が痛む。
2018/1/11(木) 2:33 Twitter for iPhoneで

クゼ素が生き別れの兄妹か姉弟の様な清らかさがあると書いたことあるけど素子のがお姉さんぽい気がするのは、素子のが義体化早かったからか敦子さんが力也さんよりお姉さんだからか素子のが器用に生きててクゼのが無垢なところあるからかな。
2018/1/11(木) 2:36 Twitter for iPhoneで

物理的にも精神的にもクゼは素子を守って/救ってくれたけど、素子はクゼを救ってあげられなかったじゃない…少なくとも素子はそう思ってる…。
2018/1/11(木) 2:38 Twitter for iPhoneで

スノーデンと言う映画見てたらPC使うのが得意な青年の、友達からのメッセージの場面で攻殻の名前出て来てヒェッとなった 攻殻は世界共通言語。
2018/1/11(木) 19:05 Twitter for iPhoneで

実際攻殻未履修でSF語るか?って時代が来ている気がする。攻殻はSF必須科目。
2018/1/11(木) 19:07 Twitter for iPhoneで


ツイで攻殻繋がりの人数人フォロしているけれどもクゼの話してるの
主に自分だけなのでアレなんですが、逆に言うとそれでも相互してくれている
あの方々は相当心が広いのではないかと思ってます いつも有難うございます。
逆に考えると私も別に彼女たちがクゼの話をしていなくて
実際ずっと彼女たちの推しの話をしていることのが多いけど、
攻殻の話をしているのを見るだけで楽しいのでそれと同じ感覚なのかもしれない。
その上でもっと宗教じみてきたら壁打ち側に避難してるしね…。
クゼがいてくれるだけで心が温かくなるから良いよ 有難う。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

折り鶴 | URL | 2018/06/26(火) 21:12 [編集]
はじめまして。攻殻目当てで検索からたどり着き、初めてこのブログを拝見しました。
まだ全ての記事に目を通せていないのですが、まるで自分が書いたかのような感想・考察ばかりで思考が停止しました…本当にびっくりです。
そして何より嬉しく、今興奮を抑えきれないままコメントを書かせていただいています。

私はアニメ版に限らず攻殻と言う作品そのものも大好きですが、その中でももっともクゼ素がとにかくとにかく大好きで、自分でも2人をテーマにひっそりと二次創作活動をしまくっています。
自分の周りに攻殻が好きな方、また攻殻を視聴した方はたくさんいらっしゃるのですがクゼ素が好きな方は誰1人としていらっしゃらないんです。
なのでずっと肩身の狭い思いをしながら活動してきたのですが、自分と同じようにこの2人を愛するだけでなく、お話の捉え方や考え方まで自分とそっくりで、嬉しいのとびっくりなのと、このブログを書いてくださったことへの感謝の気持ちを伝えたい!!と色々な気持ちが爆発しました。

正直、ぜひ会って語り合いたい!!と思ったくらいです…!(ササユリカフェの記事をみて「あ!」と思いました)
クゼ素好きさん、クゼ好きさんがいて本当に本当に嬉しいです。
数年前に検索かけた時も同志さんが全然見つからなかったので……。
今でも稼働しているブログさんで、しかも今年も攻殻のことを書いていらっしゃるなんて夢のようです。

とりあえず時間をかけて残りの記事も拝見したいと思っていますが(一気に読むと心臓が持たなそうなので…!)、これからも攻殻もといクゼやクゼ素の記事を楽しみにしています!
コメント有難うございます。
管理人 | URL | 2018/06/28(木) 19:24 [編集]
折り鶴さん
はじめまして。よくぞこんな辺鄙な所まで、ようこそいらっしゃいました。
拍手と熱いコメント有難うございます!
最近殆ど攻殻の話をしていなくて申し訳ないのですが、クゼ素は私も永遠に好きなので同志嬉しいです。
ササユリさんにも行かれていたのなら、知らぬ間にエンカウントしていたのかも?
昨年は狂った様に記事を書いていたので、また気が向いた時にでも遊びに来て下さいませ。

折り鶴 | URL | 2018/06/29(金) 14:46 [編集]
お返事ありがとうございます。
そして怒涛の拍手を送ってすみません…。
気持ち悪るがられるだろうなと思いつつ、どの記事を読んでも自分が書いたとしか思えないほど共感しかなく、改めて驚いてしまいました。
私もARISEの舞台を観に行ったので、そちらでもすれ違っているかもしれません!

前回の感情に任せてのコメントと拍手の嵐、改めて失礼いたしました…。
初めて自分と同じ意見を持つ方を見つけたことが嬉しくて舞い上がってしまいました。
不快な思いをさせてしまったかもしれないと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ですがARさんのブログを読めたことで、自分1人じゃなかった!と勇気をもらいました。
ツイートをまとめたものを投稿してくださりありがとうございます。
新作の攻殻も楽しみですね。
私も新作はSAC系列じゃないと思っていますが、神山監督が以前「SACの続き作れたらいいな〜作るとしたらオリジナルキャラをどう出そうかな〜」とおっしゃっていたので、もし3rdが来た時は…と今でも希望を持っています。
(クゼとクゼ素はSSSで綺麗に終わっていると思いつつ、好きなキャラなのでどうしても期待しています)

今回も長々と失礼いたしました…。
こちら返信不要です。
またひっそりお邪魔しようと思います。
季節は完全に夏と草迷宮の季節ですが、お体にお気をつけてお過ごしください。
Copyright © BAD END. all rights reserved.