FC2ブログ
BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2018/07/13(金)   CATEGORY: 日露戦争関連
多摩霊園を御参りしました。
多磨霊園で崇敬する方々を参って来ました。
IMG_0374_400.jpg
畏敬の極み東郷元帥と聖将山本元帥、日露の英雄児玉源太郎大将と、
敬愛すべき部隊長殿 加藤少将、その他諸々。

中村不折や川合玉堂と言った日本画家、政治家、陸海軍人のお墓メインに
回っていたら少し離れた所にあった阿南大将を回り損ねたからまた次回…!



最初に数枚のお写真をあげてからのツイログ。

IMG_0322_400.jpg
中村不折。漱石先生関連で好きになったお馴染みの方だけれども、
最近は聖徳記念館の日本海海戦の絵や書道博物館方面でも馴染みが深い。

IMG_0369_400.jpg
後述しますが聖将・山本五十六元帥であります。

IMG_0376_400.jpg
この方なくして今の日本はなかった。世界に誇る東郷元帥その人であります。

IMG_0417_400.jpg
日露戦争の英雄、児玉大将。大山元帥の信頼、乃木大将との逸話も胸が熱くなる。

IMG_0424_400.jpg
「肉弾」作者の櫻井忠温。天覧に預かった光栄に反してその後の人生を考えると、
戦中もそれ以外の何方も波瀾万丈でその苦労に胸が痛む。安らかに。

IMG_0451_400_20180719014430433.jpg
飛行第六十四戦隊、通称加藤隼戦闘隊。
皆が敬愛してやまない加藤部隊長殿です。墓碑には奥様と長男の名前も。


<7/13>
軍神加藤少将に会いに参りました。部隊長殿の前で暫し佇み。 https://t.co/meTsgEZAJf
2018/7/13(金) 15:32 Twitter for iPhoneで

多磨霊園、これにて一通り見終わったかな。好きな方にたくさんお会い出来て嬉しかったです。安らかに。
2018/7/13(金) 15:36 Twitter for iPhoneで

この辺り陸軍軍曹や陸軍上等兵の方のゾーンなのな。
2018/7/13(金) 15:45 Twitter for iPhoneで

3時間弱の散策でした。川合玉堂、下村観山、中村不折と言った近代の画家、徳富蘇峰、宇垣一成、田中義一、斉藤実、一戸兵衛。政治家ゾーンに黒木為楨、高橋是清、西園寺公望、特別区に東郷元帥と山本元帥。少し離れて児玉源太郎、岡田啓介。肉弾作者の櫻井忠温、ラバウルの笹井醇一に隼の加藤建夫。
2018/7/13(金) 16:04 Twitter for iPhoneで

ここまで来て阿南大将をお参りし損ねていたことに気付いたけどもうバス乗っちゃったし体力的にも今日はもう切り上げで。新渡戸稲造とかまだ行きたかった人もちらほらいるし、今度は暑くない時期に来たい。
2018/7/13(金) 16:06 Twitter for iPhoneで

先日の佐世保海軍墓地でも虫に刺されてちゃんと虫除けしないとと思ったばかりなのに何故無防備なままで御墓参りしてしまうのか。
2018/7/13(金) 16:07 Twitter for iPhoneで



東郷元帥、山本元帥のお二方と加藤部隊長殿には本当に会いたくて、
いつ行こうかとここ最近ずっと考えていたので、多摩方面に用事があったのは
渡りに船と言う感じだった。
東郷元帥は本当に読んでいる御本やら聞いてる音楽やらで、
その姿を見ない日や聞かない日がないと言うくらいに直属のトップと言う
感じがするので謁見恐悦至極とでも言いましょうか。
水野広徳の話にも出るように、東郷司令長官は連合艦隊でも他の上官と違い
下の者にも親切に無言で笑顔で接してくれたと言う逸話もあるので、
それこそが元帥の器量の大きさと言うべきか、勿論叱咤されることもあろうが
それ以上に圧倒的オーラの前に唯々感服と言うか、それくらいの聖域感があった。

山本元帥はああ南溟の戦中将帥の身を先駆けて~と完全にあの歌で
配下になった国民の一人ですね…大東亜の御本読んでいてこの方のお名前に
触れないことがないし特に海軍関係の御本だと顕著の極み。
ただ一将の功なりて万骨枯ると誰か言う。

その他、上のログにも書いた通り、多くの好きな方々をお参り出来て、
非常に有意義な訪問となった訳ですが、その割に竹田訪問直後だと言うのに
阿南大将のお墓を参り損ねっているのはかなりの落ち度と言わざるを得ない
地図にマークはしていたのに他の方々と比べ飛び地状態だった…。

加藤部隊長殿のお墓を御参りした時、一番最後の目的地だったこともあり
凄く感慨深くなって今迄以上に部隊長殿を身近に感じて暖かな気持ちになった。
周りに陸軍の方々が多く眠っている中で、部隊長殿のお墓があの辺りで
一番最初に目に留まる位置にあって、部隊長殿が上の立場にいるにも拘わらず
率先して前線に出ていたことを思い出して心に沁みた。
今度は旭川のお墓に行きたいな。また、会いに行きます。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.