BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
【代官山蔦屋書店】レミゼの衣裳展の写真【ジャン・バルジャン】
明日を見つめるバルジャン
代官山蔦屋書店のバルジャン写真を身内に送って貰いました(^_^)

こちらも掲載許可貰ったのでブログで紹介させて貰いますね。


細かいな!
映画だと気付かなかったけれど、胸元には24601の文字が。
他の囚人達にも各々付いていたのかも知れないですね。

何と無くお洒落?
パンツにはボタンがたくさん。こんなデザインだったんですね。


レミゼ祭り。

バルジャンの衣裳展示の場所以外にも普通の棚の方でコンシェルジュ特集ブース、
隣の館から入ってくる真正面にも動画付きのブースがあったそうな。
また、店内ではずっとレミゼサントラ流したりしていたとか。

代官山蔦屋書店ってお店自体も雰囲気良いから囚人服すらスタイリッシュに見えるな。

ファンテの服とは違ってバルジャンのは剥き出しで展示してるから
お手を触れない様に、とは言え超接近出来ちゃいますね…
これバルジャンファンだったらドキドキだろうなー。


ちょうど昨日は帝劇レミゼの11月凱旋公演決定のニュースもあったし、
レミゼに囲まれる毎日は幸せです。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © BAD END. all rights reserved.