BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/03/11(水)   CATEGORY: その他イベント
萩尾望都 原画展 ~『銀の船と青い海』出版記念~ 行って来ました。
永遠の憧れ。
萩尾望都 原画展 ~『銀の船と青い海』出版記念~ 行って来ました。

日時:2015年3月8日(日)~ 3月15日(日)11:00~19:00(最終日17:00まで)
会場:スパンアートギャラリー


ここは人形見に行ったりふらっと気になる展示やってる時に
何度か足を運んだことがあるギャラリーですが、
大好きな萩尾先生の原画が来るとか本当嬉しかった。


原画は上記、「銀の船と青い海」中心ですが、

↑この、文庫版ポーの一族1巻の表紙のエドガーとアランがいたり、
ストロベリーフィールズの表紙の女の子がいたり。

原画本当に綺麗…!

「銀の船と青い海」は70年代の、萩尾先生が一番脂が乗っていると言っちゃあ何ですが
多くのファンが心酔している作品を生み出した時期に描かれた絵が多数あるので、
あの頃のタッチ本当に好きだからそういう意味でも感動しました。

流れるようなタッチ、透き通るような色使い、すらっとして、それでいて肉付きのある体つき、
人物も背景も、全てが溶け込んで一枚の絵として完璧に構成されている。

一生かかっても萩尾先生の足元にも及ばないけれどあんな絵が描いてみたいと思う。

デビュー40周年の、2009年12月に池袋の西武ギャラリーで見た原画展は
それはそれは感動したものですが、それでなくても、こうして少しずつでも、
先生の美しい絵を直接拝見する機械に恵まれますように。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.