BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
【大暮維人】「バイオーグ・トリニティ」Bug27 感想

血まみれのフミホ、世界の破壊。

思い出さない方が良いこともある、ってことはフミホは藤井を好きだったことがあるの?


今月はカラスマ大活躍。
カラスマって名前、風属性、ツンデレぽい口調、ショタな見かけが
小烏丸のアギトとほんとイメージ被るんだよなあ。

風属性の説明が、絵に文字が被ってデザインチックになっているんだけれども
この辺めっちゃオサレ演出ですわ。

浦野曰く、フミホが恋をすると世界がそれについて来られなくなる、らしい。
フミホに必要なのは恋ではなく愛。
そんな愛に飢えている気もしなかったのだけれども、これ以上の何を求めるのか。
確かに父親は実際のところ監視員だけど…関係ないか。

保健室で眠るフミホに、クラスメートも保険の先生も何もない、寝てるだけ、と言う。
(ただし保険の先生は裏の声=二重の声を持つので一般人ではない)
しかし、藤井の目からフミホは全く違う。
フミホの血は止まらない。シーツを赤く染め、ベッドから滴る血だまり。
たまらずホサに電話する藤井。
「ホサは任務でフミホを好きになっただけ」発言にはホサもマジ切れ;;
ちょっとこの展開やばいやつでしょ;;


キワと鈴木ちゃんのシーンは可愛いかった。この組み合わせ良いな。
どっちも藤井に片思い組ですかw
自分の髪がスケスケのフミホの一部になっていたことについて
「世界を救うヒントになるんじゃね」と言うキワ。
「賢い女性は好きですよ」と答える鈴木ちゃん。

毎度謎が謎を呼ぶ展開、と言うより毎号展開を追ってるだけで何の予想もしてないので
アレなんですけれども鈴木ちゃん可愛ければもう良いか。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.