BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/05/13(水)   CATEGORY: レミゼ漫画関連
【ゲッサン】レミゼ第四部 抒情詩と叙事詩 第一話「ブリューメ街の恋歌とサン・ドゥ・ニ街の戦歌」&単行本5巻読みました。
メーヌ門!メーヌ門のターンです!!!!


アンジョーラ様のカラー来ましたーーーーーーー!
しかもERだったああああーーーーーーーーーーーー;;
ほぼERだけでカラー埋まっていると言っても過言ではないくらいERだった;;;;

ゲッサンレミゼ追っていて良かった;;;;;;;;;



ラストに単行本5巻の感想も少しあります。


レミゼの第四部とか皆大好きでしょうが?!
そこでいきなりカラーでER会話しまくりとか学生ヲタ大歓喜でしょうが!
新井せんせーは神ですか ニーズを汲んで下さり有難うございます;;;;;;

いやコンブもめっちゃ優しそうな顔で良いコンブなんですけどその後のグランが
原作に忠実なグランで、そのグランを見つめるアンジョ様が可愛らしさと美しさを
共に包括していて今月のゲッサンが眩しい。



モンパルナスとガブ、ジャベと拘束中のエポ、マブーフさんとマリ、バルとコゼの
場面もあって、ああレミゼは群集劇だなあと各々の場面も気になる感じで
顔見せしてくれているのですが、今月は全てアンジョ様に持っていかれてだな。

アンジョ様の神懸った熱い演説がこの上なく力強く勇ましくかっこよくて、
学生も民衆も完全にアンジョ様に酔っていますしカリスマンジョここに顕在だった
私もjoin in your crusade させてくれーーーーーーー!!!!!

かーーーーーらーーーーーーーのーーーーーーーーー
グランを気にかけてメーヌ門まで行ってやるアンジョ様…あああ…。
その視線は、絶対的なカリスマ性を持った革命家が、
自分との約束を反故にしてないかと言った監視の為に来たのではなく、
同じ場所に集いし一人の青年が同僚の言動を心配して来たと言うもので
期待はしていなかったけれどもそれでも見に来たってのがERの関係性を
最高によく表していると思った。

「君が心配でね…」の呆れたような達観したような言い方。
こんな細かいシーンを丁寧に描いて下すって、ゲッサンレミゼへの信仰心が
今新たに胸に刻み込まれました。

つーかゲッサンジョ初登場の時もものっそい興奮してましたわ;;
本当は毎月等しく応援していたいのにキャラ厨故にムラがあって申し訳ない。



単行本6巻は、カバー裏が、ゲッサンラジオに取り上げられたことで、
おまけ漫画はパリーの肉の消費量と、当時の物価について。
いつも巻末コーナーは勉強になりますなあ。
テナ一家の「とても親子とは思えない遺伝子の不思議」って書き込みわろたw
隔世遺伝ではないかと…(精一杯のフォロー

分かってはいたけれどアベセ出るとテンションが一気に振り切るレベルで上昇するから
本誌これからも現役で追っていきたい 新井せんせー有難うございました;;;;;;;
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.