BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/06/15(月)   CATEGORY: 梅内創太
「四弦のエレジー Phrase 7」読みました。

四エレ展開早えーーーーってのが第一印象です。

エンリコとアリョの兄弟が推しなのは当たり前だったんだけど、
ブーレーズ兄弟とんだ伏兵って言うか梅内せんせーの描く兄弟はほんともう…
良いじゃん…こいつら…って頭抱えた。


コンクールあっと言う間に終わりました。

そしてブーレーズ兄弟が良い奴になってて、
エンリコとアリョを父の追っ手から逃がすのに助力してくれました。
正直もっと因縁つくのかと思っていたらそうじゃないのね?!

フランソワもジネディーヌも、一癖あるけど物凄く純粋な芸術家肌なんだな。
ジネの方は既にその片鱗出ていたけれど、フランソワの方も
エンリコやアリョの才能を妬ましいと思うより、ただ弟を溺愛しているだけで
兄としては良いお兄ちゃんなだけだものな。
昨日の敵は今日の友;;;;;


アリョの悪夢「魔王」は、父・ブロイアー手配の「ゲスト」の演奏演目でした。
何とか逃げおおせたけれどもあれ怖すぎっしょ 心霊現象以上にホンモノだもの。
しかし、「魔王」(父)の追跡を振りほどきながらも父上のことを顧みるアリョの表情は、
憎しみでも恐怖でもなかった。
あれ、これ、邂逅フラグじゃね…?

コンクール自体は、トップツーがいなくなったので恙なくでもないけど平穏に終了した模様。


そして今月のラストはパリ到着。
うええええもうパリに着いたの!!一年くらいかかるかと思ってのに驚いたんですけど!
ゲッサンはレミと四エレが押し漫画なのにどっちもパリとか
時代は完全にパリに来ているな(何を言っているのか

四エレは大河連載になると信じているので巻きモードでなく、
パリからが本番始まるのだと信じていますから末永く宜しくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.