BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/11/03(火)   CATEGORY: 美術館・博物館
長浜城歴史博物館「淀と大坂の陣~落城でつながれた戦国史~」行って来ました。
大坂の陣好きだって言ってるだろー。
長浜城歴史博物館で開催中の「淀と大坂の陣~落城でつながれた戦国史~」見て来ました。

個人蔵の合戦図や絵巻物中心で展示数そこまで多くなかったけど
養源院蔵の淀殿と秀頼様がいらしたから満足した。
出品目録すら一部しか掲載しないのは如何と思うからちゃんと書いといて?!



淀殿と大坂の陣のテーマ展は企画室3階だけ。
「北国街道 木之本宿」が2階の展示で、こちらのが数は多かった。
夏の片桐且元展は2,3階合わせての大特集だったからあれくらいの迫力でまたやって欲しいなあ。

3階の話に戻すと、石田三成書状があり、島左近の名前が載っているのは貴重とのこと。
お目当ての養源院の秀頼様像と淀殿像以外では、大筒、十文字槍を見たり、
夏の陣の布陣図でやっぱ毛利豊前守の名前や秀頼公の名前を探してしまったり。

長浜城展望階からは琵琶湖や山の風景がとても素敵なのだけれども、
北は竹生島、賎ヶ岳古戦場、虎御前山、小谷城址
東は姉川古戦場、石田町、横山城址、関ヶ原古戦場
南は佐和山城址、彦根城、西は安土城址が見える。
本当に交通の要だったのがよく分かる。


春から第◯弾と言う形でやっていた淀殿と大坂の陣のテーマ展、
これで終わりなの寂しいから来年もやって欲しい。

つい先日(10/29)見つかったばかりの秀吉様の書状については、企画展が開催される模様。
「秀吉家族の逃避行~確認された広瀬兵庫文書の実在~」と言うもの。
400年以上経っている現代でも、今年の春の指月伏見城の遺構や秋の佐和山城地下室遺構を始め、
もの凄いお宝がまだまだ地下に眠っていることもあるのだものね。
また豊臣家や秀吉様や秀頼様関連の新たな発見を期待したいです。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.