BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/11/12(木)   CATEGORY: レミゼ漫画関連
【ゲッサン】レミゼ第四部 抒情詩と叙事詩 第七話「生の苦しみの後に死の苦しみ」読みました。

革命ですよ!!

レミゼの中でも屈指のERの名シーン「ここで眠らせてくれ、死ぬるまで」来ちゃった…
この場面好き過ぎてもう駄目 ゲッサンレミゼはまた伝説を一つ作ってしまった
あのアンジョーラ様の表情とRの視線とまだ見ぬ彼らの”結末”を考えると
血が沸騰しまた氷の様に冷たくなるの必至だった。

本編もずっとバリケードのターンだから最高だったよ レミゼ好き;;;;;

「悲しいなアンジョーラ…」
「ABCの友以外の者たちは”結末”を理解しているのか?」

ああああここのEとRの表情と台詞と態度と運命がフラグなんだよなーーー;;;;;

「何の味方か!!」「フランス革命。」では、アンジョ様の気高さに加え
戦士で天使の様な戦闘描写も動悸高まるばかりだった。

そしてマブーフさんの死と我らの軍旗の場面も、もう悲しいところも
全部興奮するから厄介な性癖の持ち主で申し訳ない ここも名場面だった。



そしてドンチャンやってマリユスの酒樽に火を点けるぞ発言かーらーのーーー
バリケード救世主となったマリユスに声をかけるアンジョ様の場面。
アンマリ?マリアン?に関しては、マリユスが恋に迷って戦線離脱したせいで
ERのメーヌ門イベント()が起こったのでそれはER的には美味しい感じではあるけれど
アンジョ様はここでマリが戻って来てくれるとは思っていなかっただろうから
とても嬉しかっただろうしその時のアンジョ様の心境を考えると私まで心強くなるのを
前提とした上で今月のゲッサンの「ありがとう」のアンジョ様の可愛い表情見て
卒倒した アンジョ様可愛いいいいいい;;;;;;;;;

革命開始してからずっと厳しい表情だった革命軍のリーダーである顔ではなく
ABCの友の仲間として友人に対する親愛の表情ですよこれは。
この防塞に駆け付けた者は皆同士だ、と言っていて実際にそうではあるけれども
この時のアンジョ様の表情の優しさと言ったら、そりゃあマリも今までの後ろめたさも
払拭するに十分な優しさがあったよ ううっアンジョ様最高か…。


 

あまりに今月のアンジョ様が美し過ぎて興奮してそこから書いてしまったけれど
今月のメインは多分エポだったことを今更ここに書いておきます。

エポが、子供時代にバルがコゼに与えた人形が羨ましかったこと、
今、マリユスと結ばれたコゼが羨ましかったこと、
手紙を渡したくなくて、でも最終的には渡すこと。
ゲッサンエポは良い子だったな…。


物凄くきな臭い展開になって来て一番好きな場面に来ているんだけど、
既にクライマックスカウントダウンとして読んでいるから鬱興奮が留まること限りなしです
来月もアンジョ様のご活躍を拝ませて頂きます。現場からは以上です。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.