BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/11/25(水)   CATEGORY: 旅行
修善寺旅行と、旅について。
以前、車で連れて行って貰ったことがある修善寺に、またご縁があり行くことが出来ました。
修善寺の橋は皆恋の橋なのだよ…女同士で渡ったよw
漱石先生充出来て幸せでしたー!
何より今回は憧れの菊屋旅館に泊まれたのが幸せでした。

ツイログは旅行そのものよりも、旅行についての考え方のが多いかも。
と言うのも、今回一緒に行った人たちは普段旅行しない勢だったので、
そーいう人たちと一緒だと、どうしても旅行そのものの意味や意義や
自分にとっての旅行哲学的な方向に思考が進むのですわ。
旅好きな人同志でもよく話題に上るものなんだけどね。


<11/24>
漱石先生の硯です。
憧れの修善寺 菊屋旅館に宿泊嬉し過ぎる;;読書スペースに漱石全集があって至福の時間だった。永遠に時間費やせる。
11/24 21:34[ Twitter for iPhone ]

漱石先生の作品どれも素敵だけれど、好きになったきっかけがこゝろだから今でもこゝろは特別な作品だし、「私」も先生もお嬢さんもそして誰よりもKが狂おしい程切ない 好き。
11/24 21:38[ Twitter for iPhone ]


<11/25>
再びお邪魔します。
1315のバスで虹の郷発。
11/25 13:17[ Twitter for iPhone ]

このガラスも当時のものだそうな。
修善寺虹の郷の夏目漱石記念館見て、紅葉狩りもして来た。前回は冬で旬のお花もなかったから、今回は良い季節に行けたなと。
11/25 17:05[ Twitter for iPhone ]

旅行は趣味と言うより生き甲斐だから基本連休は家にいないし、今も疲れとか殆ど感じてないし明日仕事と言ってもたくさんリフレッシュしたから頑張れるって心境。この五日間、好きなとこたくさん行けて凄く楽しかった。
11/25 17:15[ Twitter for iPhone ]

旅行は金と時間と体力がないと出来ないことだから、どれもそこそこ余裕ある環境で生活出来ていることに感謝しかない。帰る家がある状態で定期的に旅行出来るのは何よりも素晴らしいことだよね。
11/25 17:16[ Twitter for iPhone ]

私だって仕事してるしいつでも行ける訳じゃない。でもそこそこ自分の好きに使えるお金はあるし、何より体力が丈夫だってのは家族にも友達にも職場の人にも誰にでも言われる。深夜バスで早朝東京着でそのまま出社とかするしね。それは持って生まれた体が丈夫でないと出来ないことだろうからなあ。
11/25 17:18[ Twitter for iPhone ]

私は息をするような感覚で旅行するけど、日常の有難さには定期的に感謝してるし、これからも大切にしたいと思ってます。
11/25 17:19[ Twitter for iPhone ]

今回の修善寺の旅。韮山反射炉、明徳寺、浄蓮の滝、修善寺温泉(日枝神社、修禅寺、竹林の小径、源頼家の墓、菊屋旅館泊)、虹の郷(夏目漱石記念館、紅葉狩り)に行って来ました。温泉気持ち良かった。
11/25 19:35[ Twitter for iPhone ]

旅行行くと体力的に疲れるより精神的に癒される効果が絶大なので今も超絶元気だけど、よく体力あるねと言われるのは呆れられてるんだと思うよ。そーいう意味では体力あるよ。
11/25 19:40[ Twitter for iPhone ]



これを書いている今ですら、来月の関西遠征でわくわくしているくらいだからねえ。

漱石先生については平家に次いでファン歴長いので、
最早自分の一部として追っかけ対象になっているのです。
地元の文京区、新宿区、松山、熊本、ロンドン、修禅寺等一通りゆかりの地は行ってるし
企画展があれば積極的に見に行きたいし。
いつも一人旅でなかなか温泉旅館にはご縁がなかったので、今回の菊屋旅館は本当に
良い機会になりました。
ただ、漱石先生の宿泊された「梅の間」が、他の宿泊客が泊まっていたお陰で
見られなかったので、これまた行かなきゃいけないやつじゃないですかーっ。
これを口実にまた行きますわ。

漱石先生の欲目を差し引いても、温泉が内湯、露天、貸切(4種、予約不要で無料)あって、
サービスもお部屋も本当に素敵で食事も美味しくてお庭も綺麗だったので、
ここは是非お勧めしたいお宿です。私もまた行きます。(二度目)
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.