BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/12/08(火)   CATEGORY: 観劇いろいろ
(12/5ソワレ)「PHANTOM」見て来ました。
怪人が怪人でなかった時代。
新宿サンモールにて、スタジオライフの「PHANTOM~THE UNTOLD STORY」見て来ました。

2012年verのを見たことなかったともあり、再演を期待していた作品だったので
今回は機会に恵まれて良かったです 松本慎也の少年エリック良かったです。

今回は「Gluck」チームの「The Unkissed Child」を鑑賞。
「The Unkissed Child」がエリックの少年時代、「The kiss of Christine」が青年時代で、
スタジオライフの公演は毎回松本慎也目当てで見てるので、
松本慎也がメインで出てない方スルーしてしまった…。
ストーリーだけでも追うべきだったのかもしれないけど正直モチベが…
なので両方プリンシパルで出して欲しかったです;;
言っちゃ何だけどこっち(The Unkissed Child)だけだとオチがなかった(´ー`)

スタジオライフは松本慎也の醸し出す気品半端ないし
毎回肉体美披露するの意味分からないし演技くそうまいし才能も実力もあり過ぎですわ。

自学でありながら建築学、歌唱力、腹話術、ピアノ等、超人的な才能を開花させるエリック。
しかし、誰もが恐れ戦く醜い容姿故に、母親、家に来る牧師、近隣住民にも
化け物扱いされている。

近隣住民が化け物屋敷と罵り、エリックの愛犬のサシャを傷つけた時、
エリックの母:マドレーヌは初めて自分自身よりも息子を大切に感じていることに気付く。
そしてそんな母の思いとすれ違うタイミングで、家を出るエリック。
ここまでが第一幕。


第二幕は、ジャベール(この名前もじわじわ来るなw)に捕獲され、
見世物として化け物小屋に入れられ、ジプシー達の集団で何とか生きて行くところから。
大体全編通してエリックにとって人生は辛く厳しいものなのですが、
特にこの辺りは見るに堪えない場面だった。
つかジャベールは畸形愛好家なのかよ 文字通りド変態だわ。


第三幕で、優しい建築家:ジョバンニが出て来てからは、
エリックにやっと優しい時間が訪れる…と思いきや、夏休みで寄宿学校から帰って来た
末娘:ルチアーナの存在によってその穏やかな時間は歪み始めるのだった。
言っちゃあ何だが、この頭の弱そうな女の描写が上手過ぎて本当イライラした(褒めてる
ジョバンニがもっと厳格な父親だったらとも思うけれど、それなら最初からエリックに対し
あんな優しい言葉をかけたりエリックにあんな柔らかい接し方しないか。

ルチアーナが自滅してエリックも自分の人生に絶望しただろうなあ。
私は地下の世界に生きる、と言ったモノローグ→青年エリック、
所謂オペラ座の怪人の姿のエリックが登場し、下手側にクリスティーヌの姿が現れ、
おしまい、だった。




ねーーーーーーーこれでおしまいか、って話だよ。おしまいだよ。
クリスverも気になるけど…ねえ…。

そして、いよいよ来年はトーマの心臓、訪問者、湖畔にての三本立て!
前回舞台トーマで松本ユーリ見て、私ユーリ好きなのかもって錯覚したけど
単純に松本慎也が好きなだけだったしオスカーの次はエーリクちゃん推しなので
来年のエーリクちゃん凄い楽しみにしてます;;;;
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.