BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/12/13(日)   CATEGORY: レミゼ漫画関連
【ゲッサン】レミゼ第五部 ジャン・ヴァルジャン 第一話「大砲の真の威力」読みました。

プルベェェェ;;;;;;

今月はガブの最期とジャベとバルの再会がハイライトだと思うけど、
個人的にプルベの最期が悲しかったですね…
すぐアニレミ思い出す奴だから余計にダメージが…。
レミゼは最初からネタバレ上等と思ってるから
冒頭でそーいうことも書いちゃうよ;;

※12/15 追記。新井先生のもぐもぐ一週間の記事書きました。


バルに手紙を渡しに行くガブ。
バリケードでは、自らスパイと白状するジャベ。

プルベの姿が見えない
→捕虜になった、抵抗しなければ殺されないだろう。
マリウスも、君を庇って死んだその娘(エポ)も知っている。
戦う意志がないならバリケードを出て行け
→それは出来ない、監視を任されている。
何者だ
→パリー警察 警視ジャヴェル。

嘘をつけない性分とは言えここまでだと清々しいわ!

信念のために死を選ぶと告げる、覚悟の目をしたアンジョーラ様の
気高さは正にバリケードの天使、神の御使いですわ。

サンメリーの防塞はよく持っているな、我らも負けてはいられない
ってとこで、ABCがこちらには我らが豪勇なるアンジョーラがいる、って
言うところ好きだな。
それに対し、僕が死んで失うのは自分の命一つだからね、
しかし君達は違う、愛する者がいる、っての辛過ぎる。

アンジョーラ様は賢いのに何も分かってないのな。
アンジョーラ様を愛する人達のことを考えてくれ給え
アンジョーラ様がお隠れになったらその人達の心も
永遠に閉ざされることになるんですよ;;;;

かーらーーのーーーフイイとの会話と
愛する者…祖国(パトリア)のために、の流れ凄く好き。
ABCの友素敵過ぎでしょーー!!!

この後プルベ処刑、布団で大砲防備、バル合流、ガブ戦死、
バルジャベ運命の再会で今月終了。



ああああバリケード陥落が近い……
ABC決起した時から興奮と鬱で感情がぶれ過ぎなんですが
バリケードの場面が一番好きで一番思い入れあって
一番鬱になるからこれ読んで楽しんで良いのか喜んで良いのか
悲しめば良いのか泣けば良いのか分からん 全部です!!

来月はまだバリケード持つかな、時間との戦いだけど
引き続き実況させて頂きます。





おまけ。
今月の巻末「もぐもぐ一週間」(作者の食事メニュー紹介)
第16回目である今月が新井先生回でした。
「娘が幼稚園に通う様になり自分でもびっくりする程規則正しい生活。
食事中の飲み物は麦茶か牛乳。
ご飯と牛乳は合わないと主張する勢力と断固自分は戦っていきたい。」

先生給食的組み合わせだったんすか!w
朝ごはんなし(コーヒーのみ)で、他も割とダイエット系メニューだった。
私も先生見習ってもっと健康的な食事を心がけたい(レイフ目
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.