BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2015/12/20(日)   CATEGORY: 美術館・博物館
大阪城天守閣 「最強!? 豊臣軍団」「淀殿と秀頼」見て来ました。
この年を愛してる。
2015年…今年は秀頼様と大坂の陣に捧げた一年であったと言っても過言ではないでしょう。

嘗て、大阪城を始め大阪の町全体で目にしたこの幟も、今は大阪城に
2~3本を目にする程度で殆どが真田丸に模様替えしており、そして次に来る時は
完全に姿を消していることかと思います。

この旗が好きだった。2015年が好きだった。
今年の大阪城を見納めて来ました。
テーマは「最強!? 豊臣軍団」と「淀殿と秀頼」。どちらも最高でした。

**********************************************************
<概要>
3階 常設展 「最強!? 豊臣軍団」
豊臣秀吉の軍隊は天下統一をなしとげ、海外にも出陣しました。その戦歴とメンバーを紹介し、ゆくすえをたどります。

◆主な展示品
小牧長久手合戦陣立書(大阪城天守閣所蔵)
開催日時 平成27年11月25日(水)~平成28年1月31日(日)
開催場所 大阪城天守閣 3階展示室

4階 常設展 「淀殿と秀頼」
今からちょうど400年前に起こった大坂夏の陣。豊臣秀頼と淀殿は慶長20年(1615)5月8日に大坂城で自害を遂げ、豊臣家は滅亡します。
 大坂の陣400年プロジェクト最後の展示となる今回は、豊臣家最後の当主となった秀頼とその母淀殿ゆかりの文化財をご覧いただきます。

◆主な展示品
豊臣秀頼自筆和歌色紙(大阪城天守閣所蔵)
開催日時 平成27年11月26日(木)~平成28年2月1日(月)
開催場所 大阪城天守閣 4階展示室
**********************************************************




ツイログ。

<12/19>
大阪城見納めて来た 企画展最高過ぎて言語中枢破壊されたから後ほど語るわ;;;;
12/19 12:15[ Twitter for iPhone ]

当社比だけど今月前半は趣味自重してたから後半になって秀頼様充出来るの嬉し過ぎだし大阪城天守閣の企画展最高過ぎて意味分からなかった。「淀殿と秀頼」と「最強?豊臣軍団」とかどっちも大好物に決まってるだろ 最高だろが。
12/19 17:42[ Twitter for iPhone ]

4階と3階は全くテーマ違うからコラボレーションじゃないのは知ってんだよ それが一つ屋根の下で今この時に同時に見られてしまうってのが奇跡なんだよ。
12/19 17:42[ Twitter for iPhone ]

テーマ展ではなく常設展だからと出品目録なくて泣きそうだったから秀頼様の方だけは必死にメモした…。常設って言っても常に見られる訳じゃないでしょう!トーハクは常設展と言う表記をやめて総合文化展とかに変えたけど大阪城もそうするべき 次はいつ見られるか分からないのだし…ううっ。
12/19 17:45[ Twitter for iPhone ]

穏やかな日々が垣間見られるものが多くてこころが暖かくなったよ。最後に冬の陣図屏風左隻と(複製)夏の陣図屏風右隻とがあったけど、それ以外は喉輪や陣中床几くらいで他は戦の香りがしなかったもの。秀頼様の軌跡が確かに感じられた展示物素晴らしかったよ。
12/19 18:04[ Twitter for iPhone ]


<12/20>
改めて反芻ツイ。今の大阪城天守閣の企画展「淀殿と秀頼」が素晴らし過ぎて筆舌に尽くしがたいんだけど、秀頼様7割淀殿3割程度には秀頼様推しだし秀頼様の和歌色紙とか恒例の豊国大明神自筆神号とか秀頼様の流麗な筆遣い堪能出来るし、秀頼様所用の喉輪とか陣中床几とか秀頼様宛の書状とか何もかも最高だったぞ。
12/20 7:32[ Twitter for iPhone ]

今回は大阪城の企画展にしては珍しく穏やかな時代の秀頼様を垣間見られる展示物ばかりで暖かみ感じたし、今迄も秀頼様関連では結構色々追っかけてたつもりだったのに今回初めてお見かけしたものもあったりしたから感動することしきりだった…会期中にもっかい行こう;;
12/20 7:38[ Twitter for iPhone ]

秀吉様の口吸いの書状と侍女四人たたきころしてあげるの書状もあったから秀吉様の溺愛っぷりを目の当たりにしましたわ。手紙の内容など分かる筈もない乳飲子に対してあの内容で、本当に可愛くて可愛くて仕方なかったのだなあと。
12/20 7:46[ Twitter for iPhone ]

三階の「最強?豊臣軍団」も物凄く良くて、賎ヶ岳合戦図屏風とか七本槍とか大好きだし朝鮮在陣諸将連署誓詞に毛利壱岐守の名前と花押入っててガン見した 全17名の名前入りだったんだけど超ビッグネーム揃いでもし生まれ変わるなら私あの紙になりたかった(?)。
12/20 7:54[ Twitter for iPhone ]

秀頼様は言うまでもなく豊臣軍もめちゃくちゃ好きだから「淀殿と秀頼」と「最強?豊臣軍団」は秀頼様の穏やかな日々と豊臣の誇る優秀で勇猛な家臣達の活躍の両方に注目出来て最高な訳よ。優しい世界の豊臣家と天下一の全盛期豊臣軍の同時多発テロとかこの企画展考えたのどなただよ 天才か。
12/20 8:01[ Twitter for iPhone ]

宇喜多秀家、小早川隆景、吉川広家、大友吉統、小西行長、毛利吉成、黒田長政、前野長泰、加藤光泰、大谷吉継、石田三成、増田長盛、福島正則、生駒近則、蜂須賀家政、加藤清正、鍋島直茂と言う壮絶な面子だよ…一枚の紙に彼ら全員が花押を入れたとか凄くないですか。
12/20 8:07[ Twitter for iPhone ]

あと豊臣秀吉慶長の役陣立書の二段目に毛利壱岐守と同豊前守って書いてあって豊前守のとこガン見しましたね…勝永拗らせ過ぎると結果的に誰も幸せにならなかった慶長の役に着手せざるを得ないのギルティだぜ。(倭城行きたい)
12/20 8:15[ Twitter for iPhone ]

三成は秀吉様のイエスマンみたく言われることあるけど、秀吉様が全力を懸けた唐入りには常に消極的で、六十六国で十分である何故態々遠い異国にまで足を伸ばさねばならないのかとか言ってたから、言うべきことは言ってたと思うけど止められる立場じゃなかったからそう言うイメージになりがちなのかな。
12/20 8:22[ Twitter for iPhone ]

常設展でこれくらいのお宝を並べられるのは大阪城天守閣様くらいのものだと思うわ。大阪城はさらっとこーいう展示出してしまうのがこわい 畏怖的な意味で。
12/20 8:42[ Twitter for iPhone ]






今年見た全ての展示の中で、4月に大阪城天守閣で見た「豊臣と徳川」、
8月に長浜城で見た「片桐且元展」、11月に北野天満宮宝物館で見た
「秀吉・秀頼から徳川へ」が三大秀頼様展示会だったと思ってたんだけど
今回の「淀殿と秀頼」は片桐且元展より上位に入れたい。
勿論、3~8月に東京京都福岡で見た「大関ヶ原展」も相当上位に入れたいのだけれども
秀頼様と言う揺るぎない中心を据えると、上記のが上位に来てしまう。

数と内容の豪華さで言ったら「豊臣と徳川」と並ぶくらい絶賛したい。

あまりに感動したので出品目録ないかと事務所に聞きに行ったら、
音声ガイドで一部目録が記載されていると伺ったのでそれだけ貰いに行きました。

各々の展示品についても書き残しておきたい気持ちがあるので、
この記事に追記するか別記事で詳細にするか来月改めてにするか…
まずは暗号の様な自分の殴り書きメモを解読するところからかも知れない。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.