BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
401年目の大坂冬の陣が終わった。
今年の大坂冬の陣も和睦の時期となりましたね。
大坂の陣が400年で終わると思ってた?残念毎年季節は巡るのです!
5か月後には夏の陣もありましてよ!

年末に向けて読書も捗り、殆ど感想をツイする暇すらないくらいで何てこった。
しかし如何せんいつも似た本ばかり読んでいるので、少しでも書いておかないと
完全に後から分からなくなるので、めっちゃ簡略版でも本の感想とか
いつもの戦国雑記とか書き残しておきます。



①「城塞」
久しぶりに読み返して、秀頼様と五人衆の関係に再燃したので
多めに何度も語っています。初めて読んだ時は秀頼様オンリー担当だったのが
今は五人衆担当でもあるのでその差だと思う。
司馬せんせーの豊臣贔屓の文章大好き 今後はもっと頻繁に読み返そう。



②「真田四代と信繁」
これはまだ読んでないけどチェックだけしておく。



③「大いなる謎 真田一族」
平山先生の御本は安心感が凄い。
真田丸の監修にこのお方が選ばれたのは間違いない選択だったと思うし
平山先生がいらっしゃるなら今回の大河は大丈夫だろうなと言う
確信が持てる程度にはファンになっています。



ツイログ。


<12/23>

永頼厨にとっては司馬御大の「城塞」が聖典過ぎるからときどき読んで癒されてるよ。城塞では勝永が幼少時に秀頼様の元に仕えていてショタ頼様の遊びの相手をしていた世界線だよ…勝永の入城ほど秀頼を喜ばせたことはないとかかいてあって、司馬大先生は如何にしてこの文章編み出したのか小一時間(ry
12/23 21:17[ Twitter for iPhone ]

その頃の勝永は既に小倉とか朝鮮にいたんじゃとか冷静に考えたらダメ シチュを考えて司馬厨になるが勝ち これ絶対だから。
12/23 21:19[ Twitter for iPhone ]

時代小説って逸話と創作半々だから、作者の創作だと思ってた部分が後になってああこれ逸話準拠だったんだって分かって面白いところあるね。その出典元の逸話も事実かどうか分からなかったりするけど最初に読んだ時と今だと受け取り方変わってるものなあ。
12/23 21:32[ Twitter for iPhone ]

大坂城炎上した日は業火で真っ赤に染まった空が京都からでも見られたのは有名だけど、その後のヤスが板倉重昌に「大合戦後は必ず雨が降る」と言った話は佐久間軍記だったよな。ヤスが名将の死後は必ず雨が降るとか紹介してる本もあったけど奴がそんな秀頼様を評価しているとは おーっと被害妄想乙!
12/23 21:44[ Twitter for iPhone ]

豊内記は豊臣寄りの資料だと思ってたのが、実はそれ以上に徳川寄りの本だと知った時は相当意外な感じしたから断片的な知識しかないの危ういなって思った。つーか豊内記フルで何処で読めんだよ 出版はされず写本つて何だよ フツーに読ませろし。
12/23 21:51[ Twitter for iPhone ]

でも豊内記の秀頼様の描写優しさ感じるから好きだよ。礼を重んじ義を行い、聖賢の風をしたい凶邪の念を去り、私欲をやめて民を憐れみ、ただ国家の豊かなんことを望み、云々ってやつ…もしこの君が政治を執っておられたならば日本に二度、延喜天暦の治が現れたであろうとか豊臣爆ageですよ。
12/23 21:57[ Twitter for iPhone ]

その辺りばかり読んでるから、分かる…それこそ我が主秀頼様だわ…とか赤べこ状態だったけど豊内記の徳川描写全然知らないし偏食家だからもうどうでも良いです!断片上等で秀頼様崇拝しよ(;人;)
12/23 22:01[ Twitter for iPhone ]

#2015年マイ熟語 第5位:有難 第4位:秀吉様 第3位:勝永 第2位:大坂 第1位:秀頼様 _人人人人人人_ > 「秀頼様」 <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ http://appli-maker.jp/analytic_apps/28339 凄い自分の発言って感じだ。
12/23 22:08[ Mobile Web ]

司馬遼出典だと合法(?)感あるから勝永とショタ頼様で何描いても許されろ。
12/23 22:12[ Twitter for iPhone ]


<12/24>
#アットマーク打って上から5人を雑に紹介 @reonokyusuto 秀頼様本陣の同志。 @totetite_ta 大坂の陣歴戦の侍。 @akiavatar 武田~大坂の陣まで歴史の生き証人。 @mido_rimaru 豊臣譜代大名。 @ChoMorichika 本人!
12/24 18:58[ Twitter for iPhone ]

皆様の本陣が何処にあっても時々秀頼様のことを呟いて下さる有難いお方です 有難うございます;;
12/24 19:03[ Twitter for iPhone ]

しばりょせんせーの勝永とショタ頼様の設定が神懸かってるやつ。
12/24 21:10[ Twitter for iPhone ]

それまでほぼ無反応だった秀頼様が勝永の姿を見て饒舌になるの本当可愛いしその後どうやって土佐から大坂まで来たと聞かれて勝永が返答に困るのも可愛過ぎだからしばりょせんせーの永頼感好き過ぎる。
12/24 21:14[ Twitter for iPhone ]

真田四代と信繁 - 平凡社 四代と聞いて、咄嗟に幸昌と信吉信政が脳裏に浮かんだけど先祖の方だったからギルティ。

12/24 23:44[ Mobile Web ]

大坂の陣検定受験者に真田三代検定割引しますよメール来たけど、真田と聞いてもkonozamaだから受かる気しねーよ 大坂の陣検定1級やれよ…(モンスター大坂厨
12/24 23:46[ Twitter for iPhone ]


<12/26>
秀頼様を描くのです…;;
12/26 1:14[ Twitter Web Client ]

RT 昨日、2016年1月の『ミニブシカレンダー』印刷版の配信を開始いたしました! http://www.rekishido.com/archives/14382 ダウンロードしたPDFファイルをプリントアウトしてお使いいただけます。
12/26 9:49[ Twitter Web Client ]

真田親子可愛いーけど後ろの大坂城三代目天守じゃないです?ミニ武士ちゃんは平成っ子だからそれで良いのか…?
12/26 13:14[ Twitter for iPhone ]

大河が3D再現豊臣大坂城出るってんで期待してます;;黒漆金瓦の豊臣大坂城好き過ぎるから豊臣石垣の後に大坂城塗り直しプロジェクト出来たら真っ先に寄進するわ。
12/26 13:19[ Twitter for iPhone ]

先日の忘年会を回避した矢先に次の誘いが来てしまい、彼奴等は何をそんな忘れたいのか問い質したい 本多忠朝の墓にでも連れて行ってやろうか。
12/26 18:45[ Twitter for iPhone ]

矢からは逃れられても運命からは逃れられないと言うことか…。
12/26 18:48[ Twitter for iPhone ]

年は秀頼様に捧げた一年だった…無双に来て下すって有難うございました。
12/26 23:08[ Twitter Web Client ]

戦国無双に彗星の如く現れた秀頼様…やめろすぐに消えるとか言うのは 三回お願い事しよう。
12/26 23:12[ Twitter Web Client ]

半兵衛様配下で働いていた時は私の戦国時代三木合戦で終わってたから今のが戦国時代見届けてる感ある。
12/26 23:14[ Twitter Web Client ]


<12/27>
豊臣過敏症は豊臣sageは無条件で読めないので秀頼様は元より淀殿や治長をsageてるのも読めない かと行って露骨な徳川sageも豊臣厨は痛いと思われそうで困惑するし過剰な解釈の豊臣ageも薄ら寒い気がするから豊臣に敬意と哀愁と思慕を感じる文章を読みたい 最初から病気の話をしてる。
12/27 0:49[ Twitter for iPhone ]

名指しで申し訳ないけど決戦大坂城だと冲方さんの僕の考えた最強の秀頼様は滑稽な程だったから葉室さんや伊東さんの秀頼様像が好きだった。冲方さんは関ヶ原の時も僕の考えた最強の秀秋だったから他の作品でも似た感じなのかなあ。
12/27 0:50[ Twitter for iPhone ]

ここで城のなかの人の秀頼様ですよ。これが私の秀頼様像の根底かつ真相の部分で、アニむそ秀頼様が中心的存在だからここを基準として理想の秀頼様像を形成してる気がする。城塞とか真田太平記とか古典的長編の秀頼様はどちらも好きだよ。
12/27 0:53[ Twitter for iPhone ]

家臣や周りの人が秀頼様を言及する場面好きだし敬い慕っている描写大好物だからそこらは何度でも反芻したくなる。ふじょしだから好きな人本人だけでなく、周りの人間関係が気になるってことだよ 言わせんな。
12/27 0:54[ Twitter for iPhone ]

城塞の秀頼様と五人衆の描写ほんと素晴らしいからステマさせて欲しい。勝永と秀頼様のは真っ先に紹介したけど、幸村は入城後秀頼様に一言声をかけられただけで感激して面を伏せながら泣く村だし、盛親ちゃんも少年の頃に御殿奉公をしていて太閤様ご遺児の秀頼様が愛おしい世界線だよ…最高かよ。
12/27 1:51[ Twitter for iPhone ]

秀頼様が最初牢人衆を怖れてたのに次第に城外の世界を知る彼らを信頼して行くの可愛いし秀頼様の無垢な質問も可愛いしそれに驚く牢人衆も可愛いし又兵衛が秀頼様を白い平絹に例えるのそれ白無垢じゃねーですか もう駄目あんな分厚い本なのに秀頼様と五人衆だけ薄い本ですわ 曲解!!
12/27 1:54[ Twitter for iPhone ]

司馬史観にこんな一面があるとはこれを読むまで気付かな…と言いたいところだけど新撰組もそれなりにそれなりだった気もしなくもない。
12/27 1:56[ Twitter for iPhone ]

秀頼様が牢人衆に心を寄せて、一度決めた以上は最後まで戦うと宣言した(ことを重成経由で聞いた)時に又兵衛が感激して泣くってやつ別の本でも読んだことあるんだけど、何処かに出典があるのか又兵衛が泣き上戸キャラ確立してるのかどっち。
12/27 2:00[ Twitter for iPhone ]

ここの秀頼様と重成は清らかで清々しくて誠に美しい主従だし又兵衛が重成をいたわってるのも愛おしさ感じるし秀頼様が又兵衛を信頼してるのも心強さある 重頼では夏の陣の最後通牒に返事無用とする場面と重成が亡くなった時の秀頼様の台詞が好き…秀頼様の優しさ感じる。
12/27 2:37[ Twitter for iPhone ]

今日もまた大坂落城させてしまい夢醒メタリ感辛いから大阪城でも行きたいところだけど、年内の営業明日までだし明日も余裕で仕事だった。
12/27 3:10[ Twitter for iPhone ]

茶臼山の真田隊が躑躅が咲き誇るごとく赤く染まっていたのは有名だけど、毛利隊の白旗と並ぶ様は色鮮やかだった(「松平津山家譜」「武辺雑談」)っての素敵な表現だな。四天王寺組が紅白なの本当素敵な組合せだってエンパでも散々言ってる。
12/27 3:14[ Twitter for iPhone ]

毛利の白旗ってのは白黒段々のことで良いのかしら。それとも白一色の方かな。それなら夏の陣図屏風の白黒段々は全面的に使われていなかったのかな。
12/27 3:15[ Twitter for iPhone ]

秀頼様をお慕いする気持ちは誰にも負けないとは私ごとき畏れ多くて到底口に出すことは憚られるけれど、偽りなしと誓うことは出来ます 血判押します。
12/27 3:26[ Twitter for iPhone ]

平山優「大いなる謎 真田一族」面白かった。犬伏の別れの時、ヤスにも秀頼様も恩顧はないが~」と言ったエピ(渋野世記)とか、大坂落城後に大谷夫人が浅野長晟隊に賭博された時信繁が秀頼様より与えられた国俊の脇差を所持していた(駿府記」「浅野家旧記」)とか

12/27 23:16[ Twitter for iPhone ]

1593/9/1信幸が秀吉様から従五位下・伊豆守に叙任、1594/11/2朝廷より正式に補任された(「真田家文書」)時の口宣案に豊臣信幸と明記されており、豊臣下賜されてたのも初めて知った。沼田城の金箔瓦も秀吉様が信幸を評価していた証だと。そうだろうなあ。
12/27 23:19[ Twitter for iPhone ]

豊臣政権下の信繁の地位は既に父同様個別の大名扱いであり、伏見の大名屋敷や昌幸信幸共に伏見城の普請役を命ぜられていたことからも、豊臣家臣に列せられていたと分かる。こうした実績を元に吉継の娘と娶らせられたと。また、兄と同じ日に従五位下左衛門佐に豊臣信繁として叙任されている。
12/27 23:23[ Twitter for iPhone ]

大坂の陣の後の馬場主水事件は、信吉信政が信繁と内通していたと馬場が暴露した事件。信吉信政は自らの無実を証明し、馬場は放免され、真田家から執拗に追いかけられその三年後に殺された。それは分かるんだけど実際に信繁に兵糧や弾薬を横流ししていた事実はあったそうだ。
12/27 23:28[ Twitter for iPhone ]

信之は大坂の陣後、家臣の宮下藤右衛門に切腹を命じている。その理由は大坂の陣の際信繁と個人的に接触し兵糧などを送っていたことが明らかになったからとのこと。(「大鋒院伝御事績稿」「真武内伝」)信繁に共感する家臣が少なくなかったのでしょう、の一文が胸に染みる。
12/27 23:31[ Twitter for iPhone ]




2015年、年末はまた大阪遠征です!大坂の陣400年の最後に相応し過ぎる。
自分なりに最高のプラン立ててるのでわくわくしながら行って来ます!
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.