BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/01/19(火)   CATEGORY: 美術館・博物館
京都国立博物館「特集陳列 刀剣を楽しむ─名物刀を中心に─」を見て来ました。
京都国立博物館 特別展示室で開催中の
「特集陳列 刀剣を楽しむ─名物刀を中心に─」を見て来ました。
方広寺跡地。
会期は2015年12月15日 ~ 2016年2月21日。

今川義元を討ち取った時に信長が得た義元左文字や、
豊国神社が持っている骨喰藤四郎(大関ヶ原展の東京前期、京都前期以来、三度目)等
見たい刀があったので見て来ました。

公式サイトより。


指定 作品名                員数 所蔵
重文 太刀 銘国綱(名物髭切・鬼切) 1口 京都・北野天満宮
重文 太刀 銘■忠(名物膝丸・薄緑)1口 京都・大覚寺
太刀 銘有綱                1口
太刀 銘貞綱                1口
重文 太刀 菊御作             1口 京都国立博物館
重文 太刀 銘■前国則宗(名物二ツ銘則宗) 1口 京都・愛宕神社
重美 短刀 無銘(名物上部當麻)    1口
剣   無銘                  1口 京都国立博物館
重文 刀 金象嵌銘永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀
/織田尾張守信長(名物義元左文字) 1口 京都・建勲神社
太刀 銘物部吉貞               1口
重文 薙刀直シ刀 無銘(名物骨喰藤四郎) 1口 京都・豊国神社
国宝 太刀 銘則国             1口 京都国立博物館蔵
重文 短刀 銘吉光(名物秋田藤四郎) 1口
短刀 銘国吉                  1口
刀 銘吉行 坂本龍馬所用         1口 京都国立博物館
刀 銘粟田口近江守忠綱          1口
刀 銘長曽祢虎徹入道興里         1口 京都国立博物館
重文 刀 銘長曾禰興里入道乕徹     1口
国宝 太刀 銘安家              1口 京都国立博物館 (参考出品)
重文 太刀 銘成高              1口 京都国立博物館 (参考出品)
重美 太刀 銘国定              1口 京都国立博物館 (参考出品)



刀のゲームのお蔭で長蛇の列になるのは分かっていたから朝から並んだんだけど
本当に朝一で並ばないとこれ大変だろうなと思った。
最前列で見るための列が、自分が見終わる頃には終わりが見えないくらいだったし。

刀の見方が分からないのでそんな粋な感想が書けないのだけれども
義元左文字っは輝きや重量感が際立っている様に見えた。
骨喰ちゃんは薙刀直しなだけあって華奢で綺麗ですね。


他の部屋では、特集陳列 獅子と狛犬で厳島神社や由岐神社、高山寺等の
10対の獅子と狛犬を見たりして、なかなか可愛かった。

仏像コーナーで、金剛寺の大日如来坐像と不動明王坐像があって興奮した。
金剛寺は秀頼様が再興なさったお寺のうちの一つなのだえれど、
特にここは先日木村展子先生の講義でも取り上げられていたお寺さんなので。
大日如来坐像は金剛寺本尊で一丈六尺、立像では4m80cm、座像がその半分。
こんな大きな御本尊を持って来て大丈夫なの、と思わず心配したけれど
そう言えば平成の大修理中なのだったわ。
不動明王坐像は行快作。


二階では新春特集陳列 さるづくし―干支を愛でる― で、
お正月ならではの、今年の干支であるお猿さんをいっぱい見たり。

東博があまりにも広いのは別格として、福岡と比べても京博は大分こじんまりとしているので
割とざっと見て御仕舞、と言った印象でした。


刀と言えば、今月後半には北野天満宮でも刀剣展やるんですよね。
秀頼様に関連するものなら何でも取り敢えず見ておきたい気持ちなので
そちらも行けたら良いなあと思っています。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.