BAD END
ただの個人の掃き溜めです。
DATE: 2016/01/19(火)   CATEGORY: その他イベント
ホテルニューオータニ大阪で「幸村御膳」を頂きました。
ホテルニューオータニ大阪の和食処、季処 一心で真田メニューが期間限定で
登場していると聞いて、幸村御膳 ~真田幸村ゆかりの地 名物御膳~を頂いて来ました。
お暇ならこの食事処を攻めてみてはどうか。
コラボメニュー大好きだし、ちょうどぴったりの時間に大阪城見学していて、
大阪ビジネスパーク側に出たらホテルニューオータニがあったので、
これはもう行くしかないなと!

限定10食に間に合って良かったですー。



幸村御膳 ~真田幸村ゆかりの地 名物御膳~

【1日10食限定!】
【期間】 ~2016年3月14日(月)
【時間】 11:30~14:00
【料金】 一の膳(前菜膳)/二の膳(主菜膳)/三の膳(お食事膳)/甘味 ¥4,500


■一の膳(前菜膳)
一の膳。六の文。
 胡麻豆腐 <高野山 九度山>
 あんぽ柿
 長野のきのこと法蓮草の白和え <信州 長野>
 りんご生ハム
 長芋山葵漬け

  <高野山 九度山>
     関ケ原の合戦で敗北後、大坂の冬の陣に参加する為、九度山を脱出するまでの
     14年間幽閉されていたのがこの2つの山。

  <信州 長野>
     本名は信繁、幼名は弁丸。1567年、武田氏に仕える、信濃国(現在の長野県)
     上田城主 真田昌幸の次男として生まれる。


■二の膳(主菜膳)
二の膳。大坂の陣。
 大阪しろなと揚げのお浸し <大坂の陣>
 こねつけ餅 <真田丸 玉造>
 牛ロース葱味噌田楽
 甘鯛の天王寺かぶら蒸し <戦没の地 天王寺>

  <大坂の陣>
     豊臣と徳川の最終決戦となった戦い。豊臣方として、最も活躍した武将が
     真田幸村(信繁)。

  <真田丸 玉造>
     「真田丸」とは、幸村が築城し、実在していた出城(要塞)の名前。(大阪城の南側)
     現在の天王寺区明星学園から三光神社の辺りに築かれた。三光神社には、今も
     大阪城までつながっていると言われる抜け穴が存在し、毎年11月第1日曜日に
     『真田まつり』が開かれ、抜け穴内部が公開されている。

  <戦没の地 天王寺>
     伊達正宗の兵と戦い、翌七日は天王寺付近に、松平忠直の群を迎えて奮闘するも、
     ついに安居境内一本松の下で討死。


■三の膳(お食事膳)
三の膳。信州真田。
 〆のそば <真田氏発祥 信州 上田>
 鉄火巻 <真田家家紋 六文銭>
 止椀

  <真田氏発祥 信州 上田>
     知略と武勇に優れた一門・真田氏は上田市の北東辺りに位置する真田地域から
     興りました。

  <真田家家紋 六文銭>
     真田家の本筋である海野家の家紋が六文銭で受け継ぐ。
     三途の川での渡し賃が「六文」であるとか・・・


■甘味
四の膳。赤備え。
 苺大福  苺のアイス  苺マカロン <赤備え シンボル赤>

  <赤備え シンボルカラーの赤>
     武田群の象徴。戦場では目立てば目立つほど賞金首。武勇に覚えのない者には
     許されない。徳川は三方ケ原で散々に武田氏にやられ、徳川方への心理的、
     恐怖心などを考慮に入れていたのではないかと言われている。




お料理はどれも美味しくて丁寧に作られていて、お店も落ち着いた雰囲気で
とても優雅な時間を過ごさせて頂きました。

でも、ここまで読んで貰えたら分かると思うんだけど、ぶっちゃけこのお品書き
誤字もあるし文脈も唐突で日本語不自由ですよね???
私このお品書きを最初に読んだ時に思わず笑ってしまいそうだったんだけど
ふざけてやっている様には見えなかったから本当謎。


そんな無粋なことは何も言わなかったけれどあまりに我慢出来なかったので
こんなところでぶっちゃけてしまってすまん。
真田コラボ何でもウェルカムなのでまたなんばでも和歌山でも上州でも
行ったら食べに行きたいものです。
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © BAD END. all rights reserved.